福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > くらし > 健康・医療 > 50歳を過ぎたら帯状疱疹に注意しましょう

50歳を過ぎたら帯状疱疹に注意しましょう


帯状疱疹の発症リスクは多くの方が持っており、50歳以上になると発症頻度が高まり、

70歳以上になるとさらに高くなります。80歳までに3人に1人が帯状疱疹を経験すると

推定されています。

 

 帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは?

 

帯状疱疹は、水痘(みずぼうそう)と同じウイルスで起こる病気です。

水痘が治ったあとも、ウイルスは体内(神経節)に潜伏し、過労やストレスなどで免疫力が低下すると、ウイルスが再び活発化して、発症します。

 

 

 症状について

 

帯状疱疹は、早期発見、早期治療が大切です。

痛みや発疹が現れた場合は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

   ・初期症状は、体の左右どちらかの神経に沿って、ピリピリした皮膚の痛みや違和感、

     かゆみなどが現れます。

     特に胸やおなか、背中や顔面など皮膚の柔らかい部位に広がります。

   ・その後、痛みを感じる部位の皮膚に帯状の赤い発疹が現れ、

     皮膚症状だけではなく、神経にも炎症を起こすため、激しい痛みが出ます。

   ・皮膚症状は、約3週間ほどで治りますが、特に高齢の方は、症状が長引いたり、

     発疹は治ったのに痛みが残ること(帯状疱疹後神経痛)があります。

83294eb973fcb739e0836f0df55b9c8b (1).jpg

 

予防することが大切

 

(1)日常生活での留意点

    ・バランスの良い食事や睡眠をしっかりとりましょう

    ・疲れやストレスをためないようにしましょう

    ・日頃から適度な運動を心がけましょう

    ・できるだけ健康的な生活習慣を保ちましょう


(2)予防接種

  50歳以上の方は、ワクチンを接種することによって、帯状疱疹の発症を抑えたり、

  重症化を防ぐことができます。

  予防接種を希望される方は、医療機関にご相談ください。

  ※接種費用は全額自己負担となります。

 

 

早めに予防・治療をすれば、症状を緩和し、症状の持続期間を短縮するのに役立ちます。

体の片側にズキズキ、ピリピリした痛みを感じたり、

その部位に発疹が現れたりするようであれば、早めに医療機関を受診してください。


問い合わせ
子育て・健康課健康づくり担当(パンジープラザ)
電話  093-436-5115
苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)   法人番号:8000020406210

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 KANDA TOWN ALL Rights Reserved.