福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成29年7月町長ブログ

7月31日(月)

☆道路整備促進期成同盟会総会
☆京築広域市町村圏事務組合議会定例会


○町長のひとこと
午前中は福岡で道路整備促進期成同盟会福岡県地方道路協議会総会に出席しました。現在私は全国道路整備促進期成同盟会の理事を務めさせていただいています。今日の私の仕事は、総会の議事が一通り終了した後、二つの決議(案)を朗読し、提案することです。決議につきましては、会員が一体となって、我々が望む真に必要な道路整備の推進を関係機関へ働きかけていくためのものです。決議(案)は異議もなく、原案通り採択されましたので、政府関係者及び地元選出国会議員に対しまして、強く要望していきたいと思います。
午後は、豊前市役所で開かれた京築広域市町圏事務組合定例議会に出席しました。

7月29日(土)

☆人権講演会

○町長のひとこと

午後、三原文化会館で開催された人権講演会に参加しました。講師は、福岡市在住の元小学校教諭、元大学講師で子どもの学び館代表取締役、教育・子育て、人権問題の講演家、一人芝居演者、私塾経営と多彩な活動をされている福永宅司さんです。福岡県では、1981年より7月を「同和問題啓発強調月間」と定めて、県内の市町村とともに各地で様々な啓発事業を行っています。苅田町では、本日の一人芝居を通して「同和問題」をはじめとする様々な差別をなくすために、私たち一人ひとりが正しい理解と認識を深め、人権意識を高めていくことが大切だと気付く機会にしていただければと思っています。嬉しいことに会場はたくさんの来場者で、福永さんの一人芝居に大いに共感しているようでした。

7月28日(金)

☆京築地域農業振興に関する要望活動

○町長のひとこと

今日は早朝より、福岡県京築農業振興協議会で、福岡県庁と九州農政局に、農業に関する意見交換並びに要望に行ってきました。本町は「新規就農支援について」要望をしました。新規就農者は一般的に技術力や販売力が未熟なため、計画通りの生産・販売ができず、途中で挫折するケースがあります。このようなことから、新規就農者の就農後の営農や販売活動を支援するための仕組みや、農業用施設に関する補助金等の充実を行い、就農後の体制強化を図るようにとお願いしました。

7月27日(木)

○町長のひとこと
梅雨が明けたとはいえ相変わらずスッキリしない天気が続いて、毎日、日本のどこかで局地的豪雨が発生しています。その上、台風情報もそろそろ入ってくるようになりました。地球温暖化が原因なのでしょうか、最近の気象はどうなってしまったのでしょう。実際、豪雨がいつ苅田町に降らないとも限りません。今日は珍しく1日中庁舎内にいたので、次から次へと色々な打ち合わせ会議に追われました。

7月26日(水)

☆治山林道協会総会
☆三菱マテリアル九州工場ビアパーティー

○町長のひとこと

行橋京都治山林道協会総会に出席しました。行橋市、京都郡2町の首長、福岡県京築農林水産事務所長及び担当係長、行橋京都森林組合長と少人数の総会です。しかし、先日の九州北部豪雨のような災害を見ると、朝倉市や日田市など山からの土砂崩れや流木による被害が大惨事に繋がっており、町内の治山林道対策がいかに重要かを物語っています。そのために事業を計画的に進めていきたいと思います。
夕方からは、三菱マテリアル九州工場の「ビアパーティー」にお招きをいただき参加しました。初めての参加でしたが、会場の三菱社宅内駐車場には、ビール以外にも各種飲み物や食べ物がたくさんありました。役場バンド演奏やビンゴ大会、福引抽選会など多彩な催しもあり、社員をはじめ地域の皆様が大勢集まって大盛況でした。圧巻は工場長さんが役場バンドの演奏にのって歌ったロックの熱唱でした。三菱マテリアル九州工場の地域とともに発展の姿勢が感じられる素晴らしいイベントでした。
役場バンド.JPG

7月25日(火)

○町長のひとこと
今日も朝起きたときから居間で気温28度、湿度68パーセントの蒸し暑さです。ちなみに、油木ダムの有効貯水率は63パーセント。朝起きるとこれだけのデータをまず確認するのが日課です。それともう1つ、私の趣味である裏庭のプランター菜園の管理です。毎日、それなりにトマト、キューリ、オクラ、ピーマンが我が家に見合った分だけ取れます。植物、とりわけ、野菜は成長や収穫が楽しみで目がはなせません。町長室の廻りのグリーンカーテンとして植えたゴーヤも収穫が始まりました。細いツルにぶら下がって日に日に大きくなっていくゴーヤを見ていると何故か不思議な気がします。こんな細いツル1本で命が繋がっているのかと思うと、ある意味感動します。

7月24日(月)

☆相撲インターハイ出場表敬訪問

○町長のひとこと

今日も朝から鬱陶しい曇り空です。私が朝起きたとき(午前5時半)の我が家の気温は29度、湿度は68パーセントです。皆さんのお宅はいかがですか?気温はともかく、湿度が高いのには閉口しますね。
今日は、与原小学校から新津中学校を経て、現在博多高校の相撲部で頑張っている持田典将さんが、8月から宮城県で開催される「第95回全国高等学校総合体育大会相撲競技大会」と愛媛県で開催される「第72回国民体育大会」に出場が決まったということで、町長室に報告に来てくれました。苅田の地から、近い将来有望な力士が誕生し、郷土に活気をもたらしてくれるようになれると嬉しいですね。

7月22日(土)

☆夏まつりinあらつ

○町長のひとこと

夕方から、今年で8回目を迎える新津地区の夏祭りが開催されました。新津区、今古賀区、緑ヶ丘区、百合ヶ丘区の4地区が集まっての合同開催です。1地区だけで取り組むのは大変ですから、こういった取り組み方もいいですね。この祭りも、年を追うごとに催しが増え、夜店の数も増え、それに連れて参加する人の数も増えて、盛大になってきています。今日もステージでのダンスあり、バンド演奏あり、西工大の沖縄エイサーに、盆踊り大会、抽選会、最後は花火大会と盛りだくさんの内容です。このように元気な地域がどんどんできてきて、地域の絆が強くなっていくことが、これからのまちづくりの上では何よりも大切なことだと思います。私も、少しでも祭りを盛り上げたいと浴衣姿で参加しました。

7月21日(金)

☆海の日記念式典

○町長のひとこと

毎年のことながら、今年も一連の「海の日」記念行事が滞りなく行われました。まず、善立寺において海事物故者の慰霊祭を、続いて、港金刀比羅宮において船舶安全祈願祭を、その後、三原文化会館で記念式典を執り行いました。式典では、職場でその職務を全うされ、海事事業の発展に多大な貢献をされた功労者の皆様への表彰も行われました。日本の歴史と同じように海とともに歩んできた町である苅田町としては、海への感謝の気持ちは決して忘れてはならないと思います。苅田港という恵まれた環境がなければ、今日の苅田町の発展はなかったといえます。今後も海を守り、苅田港を整備していくことが、苅田町の更なる発展に繋がるものと考えています。午後は、観光船や巡視艇による苅田港の湾内クルーズも企画されました。お子さん達にとっては、素晴らしい夏休みの思い出になったのではないでしょうか。

7月20日(木)

☆農業委員辞令交付

○町長のひとこと

新しい農業委員会制度に変わって、最初の7名の農業委員の皆様が、議会の同意を経て正式に決定しましたので、今日はその辞令交付が行われました。委員の皆様には、最近の様々な農業問題解決のためにご尽力いただきたき、本町の農業振興にお力を貸してくださるものと期待をいたしております。

7月18日(火)

☆朝の声かけ(馬場小)
   「アジア太平洋子ども会議イン福岡」出会いの日

○町長のひとこと

夏休み前最後の朝の声かけは馬場小学校でした。子ども達はいよいよ夏休みを迎えるわけですが、今年の暑さは例年以上に厳しいといわれています。熱中症や水の事故等十分気をつけながら楽しい夏休みを過ごし、良い思い出をたくさん作ってくれるといいですね。
今年も「アジア太平洋子ども会議イン福岡」のお世話で、トンガ王国からこども大使4名とシャペロンの方1名が、苅田町を訪れてくれました。苅田町でこのホームステイ事業を始めてから今年で14年目になります。この間、本当に様々なアジアの国から多くのこども大使をお迎えして、学校や保護者の皆様のご協力をいただきながら、ホームステイ事業を続けてきました。今年もホームステイを引き受けてくださった皆様のおかげで、トンガ王国のお子さん達が、日本というより苅田での素晴らしい思い出をお土産に帰国してくださることを願っています。そして、子ども達のささやかな国際交流が、いつの日か大きな世界平和に繋がることを期待しています。

7月13日(木)

☆苅田町区長連合会懇談会
   苅田商工会議所通常議員総会

○町長のひとこと

苅田町区長連合会と町との懇談会がありました。まず、平成28年度に苅田町区長連合会から出された提案・要望事項についての解答をまとめた資料が町から手渡されました。続いて、平成29年度の各部会からの提案・要望事項について、それぞれの担当課長と私から回答をさせていただきました。
午後、苅田商工会議所通常議員総会がありました。苅田商工会議所は、昭和23年の設立以来、苅田町発展の原動力として、産業振興や商工業者の育成などに取り組んでこられました。苅田町が、北部九州を代表する産業都市・交通拠点都市として発展を続けてきたのも、苅田商工会議所のご尽力の賜物と、日頃より感謝を致しております。今後とも、商工会議所と町がしっかり連携して、活気と魅力あるまちづくりを進めていかなければいけないと思います。

7月12日(水)

☆福岡県議会県土整備委員会への要望
   ライオンズクラブ留学生表敬訪問

○町長のひとこと

昨日は福岡県議会農林水産委員会でしたが、今日は福岡県議会県土整備委員会の京築管内視察です。今回は都市計画課より、苅田北九州空港インターチェンジから空港方面に向う新北九州空港線と門司行橋線との交差点を立体交差にしていただくようにお願いをしました。
苅田ライオンズクラブの事業の一つに、外国の若者をお迎えして約1ヶ月間苅田でホームステイをしていただき、色々な方との交流はもとより、日本の文化や生活を学んでもらうという事業があります。今日は、そのホームステイをするためにアメリカからやってきた16歳の女子高生が、ホームステイ先のご家族とライオンズクラブの方と一緒に表敬訪問をしてくれました。

7月11日(火)

☆福岡県議会農林水産委員会への要望

○町長のひとこと

毎年この時期になると、福岡県議会の農林水産委員会の議員の皆様が京築管内視察に来られます。その際、京築管内自治体の首長、2市長5町長からそれぞれの自治体の現状並びに要望事項を聞き取っていかれます。今回、苅田町からは、梅雨時期には大雨の貯留槽としての機能を果たし、災害を防いでくれるため池の改修についてお願いをしました。

7月9日(日)

☆京都郡球技大会
   部落解放同盟京都行橋地区協議会定期大会

○町長のひとこと

京都郡球技大会が苅田町の4施設を会場として開かれました。バレーボール、ソフトテニス、卓球、バドミントンの4競技が行われたわけですが、優勝したチームは福岡県民体育大会に地域の代表として出場することになります。私は苅田町体育館で行われた一般女子バレーボール大会に出席して挨拶をさせていただきましたが、次の予定のため早々に会場を後にしました。残念ながら、参加チームが年々減少しているようで、本大会も苅田町とみやこ町からそれぞれ1チームずつという状況でした。昨年はみやこ町のチームが優勝したようですが、今年はどうだったでしょうか。
その後、部落解放同盟京都行橋地区協議会定期大会に参加しました。これまでも同和問題をはじめとする様々な人権問題解消に向け取り組んできましたが、依然として偏見や差別意識は存在し、人権問題は後を絶たないのが実情です。それどころか近年はインターネット上の人権侵害、子どもや高齢者に対するいじめや虐待、ヘイトスピーチ等、新たな形の人権問題も生まれてきています。昨年12月には、部落差別の解消に関する法律が制定されました。町としても様々な人権問題の解消に向けて、諸団体や住民と協力して取り組んでいかなければならないと考えています。

7月7日(金)

☆京築広域市町村圏理事会
   福岡県国民健康保険団体連合会京築支部理事会

○町長のひとこと

昨夜来の雨で九州北部には各種警報や注意報が出され続けています。私たちも早朝より災害対策本部を立ち上げ、警戒にあたりました。本日は、京築広域市町村圏理事会等が豊前市役所で開かれることになっていましたが、災害対策本部長の私が役場を離れるわけにもいかないので、副町長に代理出席をお願いしました。幸いなことに大きな被害もなく、夕方には、災害対策本部は解散しました。それでもこの間、道路の冠水や軽微な土砂崩れ、避難所開設等、職員には対応に走り回っていただきました。気がつけば今宵は七夕、天の川は氾濫しなかったでしょうか。牽牛星と職女星はどうなったでしょうかね。

7月6日(木)

☆南原神楽講表敬訪問

○町長のひとこと

福岡県と京築7市町で構成する京築連帯アメニティ都市圏推進会議では幾つかのプロジェクトを立ち上げ、京築地域の振興・発展を推進してきましたが、その一つに「文化の力」蓄積プロジェクトがあります。このプロジェクトは「日本一の京築・神楽の里」づくりを目指し、京築地域の代表的文化である神楽をシンボルとして、地域内外にアピールしようとするものです。この努力が実って、平成28年3月に、文化庁が、京築地域を中心とする旧豊前国の神楽8団体を「豊前神楽」として国重要無形民俗文化財に指定、平成29年4月には京築地域から20団体が国指定の「福岡県豊前神楽保存連合会」に追加加入されました。この際、苅田町からも「南原神楽」がその20団体の1つに認められました。これを受けて、今日はその報告に、南原神楽講の代表の方が町長室に表敬訪問に訪れてくれました。長年の努力の甲斐が実ってよかったですね。

7月5日(水)

☆全国防災・危機管理トップセミナー

○町長のひとこと

いつ、どこで発生するか予測できない災害に備え、地方公共団体が応急対策を迅速かつ的確に行えるようにと、町村長を対象とした全国防災・危機管理トップセミナーが東京で開催されました。近年各地で大災害が続発することから、こういったトップの姿勢や判断を指導する研修の機会が増えてきました。今日は台風3号が接近していることもあり、飛行機が飛ぶかどうか前日から心配していましたが、予定通り上京することができました。高市早苗総務大臣の挨拶に始まり、災害を経験した町村長による講演として、先の熊本大地震で大きな被害を被った熊本県西原村長の経験談がありましたが、その時の判断や決断の確かさに驚くとともに学ぶべきことが沢山ありました。続いて、東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センターのセンター長から水害について講演がありましたが、その最中に、現実に苅田町でも大雨警報が出されたと連絡があり、研修が終了次第、秘書担当と連絡をとりながら早く帰町しました。北九州空港に降り立ったときは、雨も小康状態でホッとしました。本当に、いつ何が起こるか分らないのが現実ですね。

7月4日(火)

☆スターフライヤー沖縄便就航式典
☆小学生世界空手大会出場表敬訪問

○町長のひとこと

台風3号の襲来でどうなることかと心配していた、スターフライヤー北九州‐那覇線の就航記念セレモニーが執り行われました。今回は特別に、沖縄観光コンベンションビューロー(ミス沖縄)にもご参加いただき、沖縄観光PRをしていただきました。主催者挨拶、テープカット、ここまではいつも通りですが、今回初めて、北九州都市圏連携中枢都市圏の構成自治体首長によるくす玉割りもありました。こうして初便は予定通り9時30分に北九州空港を飛び立っていきました。なお、那覇空港でも同様のセレモニーが実施されると伺っています。
沖縄便就航式.JPG
先日来、空手の小学生選手が全国大会に出場するということで何人も報告に町長室を訪れてくれましたが、今日は与原小学校4年の吉村賢人君が、8月にアイルランドで開催される「少年世界空手道選手権大会」に出場することになったと報告に来てくれました。小さい頃から世界選手権に出場することができるなんて本当に素晴らしいですね。この経験を大切にこれからも大いに頑張ってくださいね。

7月3日(月)

☆異動辞令交付
☆自衛官募集相談員委嘱式
☆京都郡公平委員会委員辞令交付

○町長のひとこと

今日は1日様々な辞令を交付しました。役場では3月と7月に異動があります。本来は3月に行うべきですが、税務課など4、5、6月は1年のうちで最も忙しい時期なので、ピークが一段落した7月に異動を行い、次年度に向って仕事を覚えてもらうことにしています。したがって、この時期は限られた人数の異動となります。

7月2日(日)

☆アジャタ大会

○町長のひとこと

苅田町アジャタ大会は、子どもから大人まで多くの皆様が楽しめる生涯スポーツの推進を目的に始まり、今回で15回目となります。今日は、48チーム、321名の皆様に参加していただき、盛大に開催されました。小学校の運動会等で、玉入れとしてプログラムに取り入れられている競技に近いものがありますので、誰でも取り組めるスポーツだと思います。その玉入れを、玉の数や選手の人数、競技時間等をきちんと整理してルール化しただけのものに見えますが、なかなか奥が深く、簡単なようで、それなりにコツやテクニックが必要なようです。もちろん、他の競技と同様に日頃の練習も大事なようです。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.