福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > 町政について > ようこそ町長室 > 町長ブログ > 平成29年町長ブログ > 平成29年5月町長ブログ

平成29年5月町長ブログ

5月30日(火)

☆朝の声かけ(新津中学校)
   エコプラント取締役会
   道路サポート調印式(ひびき信用金庫)

○町長のひとこと
新津中学校で朝の声かけをするのは久し振りですが、生徒の皆さんは夏の制服に衣替えをして、とても身軽そうでした。朝の声かけを何年間も続けてきたおかげで、今では町内の児童・生徒の皆さんは私の顔を覚えてくださり、どこで会っても挨拶をしてくれるようになりました。本当に嬉しく、お子さん達のためにも頑張らなければと元気をもらいます。
午後、町長室で福岡ひびき信用金庫苅田支店と苅田町との間で「社会貢献活動団体認定における協定書」の調印が執り行われました。ゴミのない町並みを目指し、地域に貢献したいという企業・事業者の皆様と協働して美化活動を推進するため、昨年「苅田町社会貢献活動の推進に関する条例」を制定し、10月から町道の美化を目的とする「道路サポート」制度を始めました。福岡ひびき信用金庫苅田支店には、支店周辺の町道の美化活動を行っていただくことになっています。

5月29日(月)

☆農業振興審議会
☆西日本工業大学開学50周年記念式典・祝賀会

○町長のひとこと
平成29年度第1回農業振興審議会を開催し、任期満了に伴う審議委員の辞令交付を行うと同時に「苅田町農業振興地域整備計画の変更」について諮問いたしました。
午後、西日本工業大学開学50周年記念式典並びに祝賀会が開催され、出席しました。西日本工業大学は、昭和42年に京築地域唯一となる工業大学を、苅田町に開学されました。以来、学科の増設・再編を経て今日に至り、最近ではキャンパスもリニューアルされ、より魅力ある研究・学びの場として、京築・北九州地区を代表する工業大学として伝統を築いてこられました。西日本工業大学は、日本有数の企業が集積する「ものづくりの町」苅田町で、ものづくりを支える人材を育成するだけでなく、地域と連携した人づくりやまちづくりなど、地域の活性化に積極的に取り組んでいただいています。そのような大学が苅田町に立地していただいていることは大変光栄で誇らしく思えます。今後とも、西日本工業大学と協力して「協働のまちづくり」を進めていければと思っています。

5月28日(日)

☆与原小学校運動会
   馬場小学校運動会

○町長のひとこと
今日は与原小学校と馬場小学校の運動会に参加しました。今年は好天続きで、雨の心配は全くといっていいほどありませんでしたので、学校でもご家庭でも安心して準備ができたのではないでしょうか。今日も雲ひとつない青空で素晴らしい運動会日和です。両校ともにご家族の皆様や地域の皆様に見守られ、応援を頂いて、日頃訓練した演技を児童たちは元気に披露していました。

5月27日(土)

☆中京福岡県人会総会

○町長のひとこと
名古屋市で開催された中京福岡県人会に参加しました。今まで大阪府で開かれた関西県人会には二度ほど参加したことはありましたが、中京は今年が始めての参加です。毎年各県人会からご案内を頂くのですが、なかなか日程が合わず、すべて参加するということは不可能です。中京には苅田町出身の方がおられて「ぜひご参加ください」と毎年電話を頂いていたのですが、やっと実現することができ、とても喜んでくださいました。何十年も地元を離れていると、地元と聞くだけで懐かしさがこみあげてくるようですね。最近は、一度故郷を出て行ってしまうと、なかなか故郷に戻ってくるという機会が少なくなるようで、今住んでいるところが第二の故郷になってしまうようですね。まさに「故郷は遠きにありて思うもの」といったところです。

5月26日(金)

☆筑豊横断道路促進期成会総会
   苅田町防災協会総会
   福岡県京築農業振興協議会総会・懇親会

○町長のひとこと
福岡市で「筑豊横断道路(201号)建設促進期成会」の総会が開かれました。この期成会は、北部九州地域の産業、経済、文化の発展並びに地域住民の生活向上を図るため、福岡都市圏と筑豊地区及び西瀬戸臨海工業地帯を結ぶ筑豊横断道路の早期建設の促進を図ることを目的としています。
午後は、中央公民館で「苅田町防災協会」の通常総会がありました。本協会は町内の各企業や事業所が中心となって自主的に運営されています。今年度も昨年度に引き続き、会報「苅田ぼうさい」を発行、危険物取扱者試験準備講習会や消防設備士試験、消火器競技大会、全国火災予防運動協賛等の事業を実施してくれることになっています。
夕方は、福岡県京築農業振興協議会に出席しました。その中で、行橋農林事務所管内の事業の概略説明がありました。

5月25日(木)

☆企業立地フェア
   東京福岡県人会創立65周年パーティー

○町長のひとこと
昨夜は神戸で一泊し、今朝上京しました。東京ではお台場のビッグサイトで「企業立地フェア」が、2日間にわたって開催されており、苅田町も会場の一角にブースを設け、苅田町をPRするために町職員を派遣していますので、その様子を見るとともに激励も兼ねて、会場を訪れました。各ブースごとにそれぞれ工夫を凝らした展示をして、一人でも多くの来場者を引きとめようと頑張っていました。
その後、東京福岡県人会創立65周年パーティーに参加しました。会場には、小川県知事をはじめ県内の各市長や町長たち、自治体の首長が大勢集まっていて、まるで東京ではなく地元で開催されているような錯覚を覚えるほどでした。現在約約900名が会員登録しているそうですが、今日は500名を超える参加があったそうで大盛会でした。県内自治体からの参加者の皆さんは、一斉に「ふるさと納税」を訴えていました。もちろん私も負けずに、名刺交換をして挨拶を交わすたびにお願いしましたよ。

5月24日(水)

☆日本港湾協会総会(神戸市)

○町長のひとこと
公益社団法人日本港湾協会の平成29年度定時総会が神戸市で開催され、出席しました。兵庫県知事や神戸市長の歓迎の挨拶を受けた後、日本港湾協会賞等の表彰式があり、総会となりました。また会員意見書として、港湾を有する自治体から様々な意見が提案されました。

5月23日(火)

☆朝の声かけ(与原小学校)
   自治功労表彰
   苅田港美化協議会理事会・通常総会

○町長のひとこと
先日、選考委員会で選考された自治功労者の皆様に、町立図書館のAVホールで、表彰状と記念品を授与しました。その後、表彰者の皆様と記念撮影を撮りました。
午後、苅田港美化協議会理事会・通常総会が開かれました。今年度も港周辺の環境美化に対する意識の高揚を図るため、広報車による呼びかけや、イベント等でのPR活動、広報紙への掲載、会員の拡大に努めると共に、神ノ島や臨海部の美化・清掃活動を行うことなどを決定しました。苅田港は町の大事な財産です。これからも皆で大切に守り育てていきたいと思います。

5月21日(日)

☆新津中学校体育大会
   苅田中学校体育大会

○町長のひとこと
今年は、5月の行事やイベントについてはほとんど天気の心配をする必要がないくらい好天が続いています。今日の両中学校の体育大会についても素晴らしい晴天のもとで挙行されました。新津中学校、苅田中学校と順に競技の模様を拝見させていただきましたが、共に特徴的だったのは、プログラムの協議数が少なくなっていることです。組体操や騎馬戦といったかつての花形的な競技は姿を消し、代わってクラス全員で取り組む大縄跳びや2人3脚など、どちらかといえば安全な競技が主流を占めていました。学校の先生方も色々な角度から体育大会を事故や怪我もなく、皆で参加して大いに楽しめる催しになるようにと工夫をされているのでしょうね。
体育大会.JPG

5月20日(土)

☆京都郡身体障害者連絡協議会総会

○町長のひとこと
パンジープラザで京都郡身体障害者連絡協議会総会が開催され、出席しました。身障会の皆様には、仲間の障がい者の皆様のために地域の中で自発的に活動を続けられる一方で、町の障がい者施策の推進に積極的にご協力をいただいており、大変感謝しております。これからも、誰もが安心・安全に暮らせるまちづくりに向けて共に頑張りましょう。

5月18日(木)

☆苅田港振興会理事会・総会

○町長のひとこと
午後、苅田港振興会理事会並びに総会が開かれました。苅田町の海の玄関口である苅田港は、昭和26年に「重要港湾」、昭和43年には「国際貿易港」に指定されています。苅田町の発展は、苅田港の振興に負うところが大きいことは、今更申し上げるまでもありません。陸の玄関口「東九州自動車道」、空の玄関口「北九州空港」と、苅田町は陸・海・空と交通基盤の整備が着実に進んでおり、北部九州の物流、産業活動をこれからも支えていくことになります。とりわけ苅田港の振興については、苅田港振興会の会員の皆様とともに整備促進に努め、苅田町の一層の発展に寄与したいと思います。

5月17日(水)

☆福岡県港湾協会通常総会

○町長のひとこと
福岡県港湾協会の会長は小川県知事ですが、公務がお忙しい知事に代わって、副会長である私が本日の通常総会の開会挨拶や、議長として議事進行を執り行う役目を代行させていただきました。その後、今夏の日本港湾協会九州地区支部連合会通常総会並びに研修会が福岡県の担当になっていますので、当日の開催地を引き受けてくださる大牟田市と事前打ち合わせを行いました。九州各地から集まる港湾関係市町村の首長をはじめ、皆様をおもてなしするため、様々な企画をしていただいているようで、今からとても楽しみです。

5月16日(火)

☆朝の声かけ(南原小学校)
   京築北九州東部振興会議総会
   京築連帯アメニティ都市圏推進会議総会

○町長のひとこと
町内のホテルで、京築北九州東部振興会議並びに京築連帯アメニティ都市圏推進会議会長の小川県知事をお迎えして、両会議の総会が開催されました。京築北九州東部振興会議は、地域の振興を図り、県勢の発展に資することを目的に活動していますが、京築連帯アメニティ都市圏推進会議は、京築の振興・発展のために活動しています。一例として、京築地域ブランド戦略の推進ということで、京築地域特産品ブランド化事業、イベント等での販売促進活動の推進、地域内外での販売、京築総合案内本「京築びより」を利用したPR活動などを行っています。

5月15日(月)

☆地域防災・減災活動における応援協力に関する協定調定式

○町長のひとこと
このたび、LPガスの販売等を行っている協和産業株式会社が、苅田町と「地域防災・減災活動における応援協力に関する協定」を結ぶことになり、本日町長室で調印式を行いました。これにより、災害時におけるLPガスの供給協力や平常時に同社施設を備蓄倉庫として利用することが可能になります。町としては大変ありがたいお申し出で感謝しています。

5月14日(日)

☆春の環境美化の日
   港まつり復活チャリティイベント

○町長のひとこと
好天の中、第57回苅田町環境美化の日を実施しました。環境美化の日は全町あげて一斉に春と秋の年2回環境美化に取り組むわけですが、苅田町が誇れる素晴らしい取り組みであり、これこそ協働のまちづくりのモデル事業ともいえると思います。本日ボランティアとして協力してくださった事業者数は59社、作業車台数は64台でした。ご協力に感謝いたします。ちなみに、今回のゴミの搬入状況ですが、草木類は2t車で95台、不燃ゴミは2t車で27台、土砂は2t車で21台、乾電池はドラム缶で6.5本(約1.95t)でした。
午後は、西日本工業大学小波瀬キャンパスで開催された「かんだ港まつり花火大会」復活チャリティイベントに参加しました。これは近年の厳しい財政事情で休止となっている「かんだ港まつり花火大会」を、ぜひ民間の力で再開しようと苅田商工会議所青年部の皆さんが中心となって開催されたもので、西日本工業大学のご好意で会場を提供していただきました。ステージではコンサートをはじめ様々な催しが企画され、食あり、キッズコーナーあり、フリーマーケットありで、好天にも恵まれ、大勢の家族連れで賑わっていました。
チャリティイベント.JPG

5月12日(金)

☆降雨祈願祭

○町長のひとこと
今日は夕方から降雨祈願祭でしたが、降雨祈願祭をするまでもなく雨が降り出してしまいました。昨年同時期の油木ダムの貯水量は約96パーセントでしたが、本年は、現時点で約78パーセントなっています。近年は渇水に見舞われることもなく、水の心配もほとんどありませんでしたが、これから農繁期を迎え、田植えも始まります。しかも、猛暑の予報も既に出ています。今後の雨量が気になるところです。こればかりは本当に神頼みしかありません。雨の中、関係者一同真剣に祈願をいたしました。

5月9日(火)

☆朝の声かけ(馬場小学校)

○町長のひとこと
あいにくの雨の中、こども達が色とりどりの傘をさして登校してきます。本当に様々な色やデザインで、二つと同じものはありません。最近、傘の一角を透明なビニールにしているものを、よく目にするようになりました。おそらく、傘をさすと前方が見えにくいので、見えやすいように透明にしていると思われるのですが、子どもたちはそんなことにはお構いなく、透明の部分が横を向いていたり、後ろを向いていたりと、前を向いて視野確保に役立てているお子さんは少ないようです。業者さんの折角のアイデアも子どもには通用しないようですが、雨の日はいつも以上に気をつけて登校していただきたいと思います。

5月8日(月)

☆自治功労者表彰審査委員会
   議会総務委員会


○町長のひとこと
苅田町政発展のためにご尽力いただいた自治功労者を表彰するために、毎年この時期に表彰資格の審査をする自治功労者表彰審査委員会が開かれます。審査委員会会長は私ですが、審査委員には議長を始め6人の議員、それに副町長と教育長の9人のメンバーで構成されています。今回の自治功労者表彰該当者は、農政補助員4名、交通安全指導員1名、民生委員・児童委員6名、保護司1名の計12名です。審査の結果、該当者全員、表彰することに決定しました。

5月3日(祝)~7日(日)

 
○町長のひとこと
今年のゴールデンウィーク期間中は本当に素晴らしい好天続きで、名実ともに絶好の大型連休だったのではないでしょうか。ところが、私の周りの皆さん何人かにお聞きしても、意外と宿泊を伴うような遠出を計画している人は少なく、「連休中はどこに出かけても人、人で疲れるだけだから」と近場で或いはこの際ゆっくり休養といった答えが多かったような気がします。私の場合、1年の中でもこの連休期間はほとんど公務が入っていないという非常に貴重な時間となっています。従って、毎年、この時期にプランターの土を入れ替えて夏野菜や花の苗を植え替えたり、日頃できない大掃除をしたり、衣服の整理をしたりと大忙しなのですが、今年は入院中の弟の容態が余り思わしくなく、病院通いに追われたこともあって、予定通りに片付きませんでした。それでも時季を外すことのできないトマトやキュウリ、その他の野菜のプランター菜園作りだけはどうにかやり遂げました。また、長崎から姪の一家が弟の見舞いも兼ねて帰省していたので、私の兄弟と甥・姪、更にはそのこども達が久し振りに集まって正月以来の親交を暖め、楽しいひとときを過ごすことができました。皆さんは楽しい思い出をたくさん作ることができましたか。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.