福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > 町政について > ようこそ町長室 > 町長ブログ > 平成29年町長ブログ > 平成29年2月町長ブログ

平成29年2月町長ブログ

2月28日(火)

☆朝の声かけ(新津中学校)
   議会開会

○町長のひとこと
日中は少し暖かくなってきましたが、朝晩はまだまだ寒いですね。新津中学校での今朝の声掛けもとても寒かったです。この時期、3年生は受験を控えて緊張していないかな等、生徒たちの表情や様子を観察しながら声を掛けていきました。
いよいよ今日から議会が開会します、初日は「町政報告」と今議会に上程している「議案説明」をしました。

2月27日(月)

☆定例記者会見
   行橋高校OB会より車椅子寄贈

○町長のひとこと
午前中、議会開会前の定例記者会見がありました。今議会に上程する平成29年度予算をはじめ32件の議案について説明しました。その際、ふれあいマラソン大会など3月の行事予定もお知らせし、広報していただくようお願いしました。
今年も行橋高校OB会(明豊会)から車椅子2台の寄贈がありました。最新式の機種だそうでとてもコンパクトで軽くて使いやすそうです。既にこれまで4台の寄贈がされていますが、役場東側玄関に「行橋高校OB会寄贈」と書かれた車椅子があるのに気がついた方もいらっしゃるのではないでしょうか。大いに有効活用して欲しいです。

2月26日(日)

☆消防署・団合同パレード
   前豊前市長釜井健介氏旭日中綬賞受賞祝賀会

○町長のひとこと
本日は「春の全国火災予防運動期間」に伴い、消防本部と消防団が合同でパレードを実施し、火災発生予防の広報啓発活動に取り組んでいただきました。空気が乾燥し火災が発生しやすい時季でもあり、町民の皆様に、日頃から防火の重要性を自覚していただき、火災予防に対する意識を高めてもらう良い機会になったのではないかと思います。
午後、前豊前市長釜井健介氏の旭日中綬賞受賞祝賀会に出席しました。釜井前豊前市長は豊前市議会議員から豊前市長となり、37年間に渡って、豊前市のみならず、この京築地域の振興・発展のためにご尽力をされてきました。そのご功績に対し、心から敬意を表し感謝申し上げたいと思います。本日の祝賀会には、国会議員の先生をはじめ、近隣の首長や議員の皆様など150名ほどが集まってお祝いをしました。私にとっても、かつての首長や懐かしい方々と歓談できる良い機会でした。釜井前豊前市長、ご受賞誠におめでとうございます。

2月24日(金)

☆議会運営委員会
   イルミネーション事業実行委員会

○町長のひとこと
苅田工業高校創立50周年を記念して始まった、苅田駅前イルミネーション事業も今回で5回を数えました。この間、年毎に事業が拡大し、素晴らしいイルミネーションが苅田町の年末年始の風物詩として、駅を利用する皆様だけではなく、町民の皆様の目と心を楽しませてくれています。この事業は苅田工業高校を中心に、西日本工業大学、大勢のボランティアによって支えられており、苅田町が目指す「協働のまちづくり」の良いモデルケースの一例だと思っています。本日、この事業を多くの方と協働できる継続的な取り組みにするため、どのようにすればよいかを検討する実行委員会が開かれました。実行委員会で実りある審議をされ、来年度以降も無理をせずに継続できる方向が見つかるといいですね。そのためには、町民の皆様が一人でも多くこの事業に関心を持って、参加してくださるのが大事ではないでしょうか。まさにそれこそが協働のまちづくりです。

2月23日(木)

☆議員全員協議会
   京築広域市町村圏事務組合議会
   行橋みやこ商友会25周年記念祝賀会

○町長のひとこと
夜、行橋みやこ商友会25周年記念祝賀会に出席しました。行橋みやこ商友会は、平成3年に発足。現在は総会員数60名だそうです。会員は主として、一市二町の商店主や事業主といった異業種の方々ですが、会の目的は、会員相互の親睦を深め、地域貢献と社会福祉に奉仕することだそうです。活動としては、月1回の例会のほかに様々な講演会を開催し、長い25年の歴史の中では、中越地震や、東日本大震災、熊本地震の際には被災地へ寄付による支援も行ってきました。今回も25周年を記念して、地域貢献活動の一環として、行橋市、苅田町、みやこ町、それぞれの社会福祉協議会に寄付をしていただき、ありがとうございました。行橋みやこ商友会の今後益々のご発展と会員の皆様のご活躍をお祈りいたします。

2月22日(水)

☆福岡県固定資産評価審議会

○町長のひとこと
福岡県固定資産評価審議会に出席しました。今回は任期満了後、初めて開催される審議会ですので会長を選任する必要があったのですが、引き続き、私が務めさせていただくことになりました。市町村は、社会保障分野をはじめとした各種政策に必要な財源をしっかり確保しなければならないわけですが、景気の動向に左右されにくい安定的な税目である固定資産税は、市町村の財政基盤を支える基幹的な財源となっています。今後とも、適正で公平な固定資産の評価を確保し、納税者の信頼に応えていくことが重要だと思います。

2月21日(火)

☆朝の声かけ(与原小学校)
   議長団説明
   町民説明会(西部公民館)

○町長のひとこと
最近は1日ごとの寒暖の差がとても激しいですね。それどころか、1日の中でも朝・晩と日中の寒暖の差も大きく、健康管理に気を使います。とりわけ、花粉症の鼻炎にも悩まされている身とあっては、日々、風邪に似た症状に苦しんでいます。今朝も与原小学校の校門の前に立って「おはよう」と声を掛けながら、寒さに震えていたかと思ったら、昼間は窓から差し込む太陽のおかげで温室状態のポカポカ陽気でした。もちろん暖房なしで過ごせます。でも夜に、最後の町民説明会の会場である西部公民館に向かう頃には、またもや朝の寒さに逆戻りです。こうやって、暖かかったり寒かったりを繰り返しながら、確実に春は近づいてきているといったところでしょうか。
2月28日から平成29年度第1回定例議会が始まります。それに先立って、議長団に今回上程予定の議案の内容について説明をさせていただきました。

2月20日(月)

☆町民説明会(小波瀬コミュニティセンター)

○町長のひとこと
夜、小波瀬コミュニティセンターで町民説明会を行いました。これまで北公民館、三原文化会館と3施設で説明会を実施してきましたが、それぞれの会場で地域の皆さんの説明会の受け取り方が異なるようで、より納得のいく説明ができるように心掛けなければと思っています。

2月18日(土)

☆歯科保健事業打合せ会議

○町長のひとこと
町内の歯科医師の先生方には、午前中の診療を終えた後、「苅田町親と子どもの歯の健診事業」を実施していただき、更に引き続いて「平成29年度の苅田町歯科保健事業」の打ち合わせ会議にご参加をいただき、本当にお疲れだったと思います。今日は好天に恵まれたせいもあり、パンジープラザには多くの親子連れが歯科健診に訪れていました。こうして幼少の頃から歯の健康を守る習慣は、生涯の健康を考える上でもとても大切なことです。先生方の熱意のおかげで、苅田町は県内市町村の中では受診率は高い方だということですが、赤ちゃんからご高齢の方まで、もっと多くの町民の皆さんにこのような機会を活用していただき、今話題の健康寿命をしっかり延ばしていただきたいと思います。

2月16日(木)

☆京都医師会との災害協定調印式

○町長のひとこと
最近、災害のための様々な協定を結んでいますが、今日は、京都医師会と「災害時の医療救護活動に関する協定書」の調印式がありました。もちろん、災害が発生しないことが一番望ましいのですが、近年の様子を見ると、いつ、どこで、何が起こるか、本当に予測のつかないことばかりです。災害を止めることはできませんが、せめて災害が起こったときに備えて、私たちにできることは万全の体制を整えておくことしかできません。

2月15日(水)

☆今川水系水利組合との水道行政懇談会

○町長のひとこと
今日は今川水系水利組合との水道行政懇談会が行われました。上水を利用する行橋市と苅田町、それに工業用水を利用する福岡県企業管理局との水道行政情報交換会です。水は天候頼みというところが大きいのですが、せめて日頃から節水を心掛け、水の有効利用に努めたいものです。

2月14日(火)

☆苅田町職員労働組合との社会貢献団体調印式
   福岡県議会農林水産委員会管内視察に係る市町要望
   町民説明会(三原文化会館)

○町長のひとこと
苅田町職員労働組合が役場周辺の町道の清掃等を自らの手で行おうと、本日苅田町と社会貢献団体の調印を結びました。これで、バンテック(株)に次いで2番目の社会貢献団体となります。町の職員が町のために社会貢献をするのは当たり前かもしれませんが、町財政の厳しい折から、少しでも自分達の手で役に立つことがあるならと協力を申し出てくれたものです。
福岡県議会農林水産委員会の議員の皆様が行橋・京都管内視察に来られました。毎年この機会に福岡県議会農林水産委員会に、各市町からの農林水産に関する要望事項を聞いていただきます。
夜は、2日目の町民説明会を三原文化会館で行いました。

2月13日(月)

☆固定資産評価委員辞令交付
   京築広域市町村圏事務組合第2委員会事前協議
   町民説明会(北公民館)

○町長のひとこと
京築広域市町村圏事務組合第2委員会とは行橋・京都メディカルセンターの運営に関わることを審議する委員会です。ちなみに第1委員会は京築消防委員会となっています。今日は、行橋・京都メディカルセンターの平成28年度補正予算や平成29年度予算等について審議しました。
今夜から4日間をかけて、町内4公民館で町民説明会を開催します。1回目の今日は北公民館で行いました。厳しいといわれている苅田町の財政の現状と今回実施することになった制度・施策の見直しについて、説明して理解していただき、ご協力をお願いするものです。

2月11日(土)

☆京都行橋地区人権文化フェスティバル

○町長のひとこと
今日は第9回京都行橋地区人権文化フェスティバルが豊津の公民館で開かれました。主催は京都行橋地区ヒューマンライツですが、ヒューマンライツの皆さんは、日頃から地域の人権のまちづくり推進のため、部落差別をはじめとする人権問題の解決に向け、熱心な取組みをされています。本日の人権文化フェスタでは、布芝居や音楽コンサート、各教室での活動発表や作品展示等様々な形で人権啓発の催しが行われていました。

2月10日(金)

☆豊前三郡町村長会総会・視察・意見交換会

○町長のひとこと
豊前、築上、京都の三郡は、県の町村会の中で、4ブロックに分けられた第4ブロックになります。従いまして何かと縁の深い間柄ということで、毎年輪番で開催地を引き受け、三郡の総会・視察研修及び意見交換会を開催しています。今年度は京都郡が当番にあたったことから、私が郡の理事をしていることもあり、苅田町が引き受けさせていただきました。皆さんには、苅田町の特徴でもある企業立地の様子を見てもらうことにしました。最初に、九州電力苅田発電所の屋上から360度苅田町の全景と企業群を眺めていただきました。他町村にはない風景なので、皆さん驚いたり、うらやましがったりと一様に感動していました。視察にご協力いただきました九州電力様に改めてお礼申し上げます。その後、臨海部の工業地帯をバスでゆっくりと移動しながら、車内から工場等の外観を見学しました。

2月9日(木)

☆鳥栖市男女共同参画セミナー講師
   福岡県町村長セミナー・懇親会

○町長のひとこと
午前中は佐賀県と鳥栖市共催の男女共同参画セミナーの講師として、鳥栖市にお招きをいただきました。天気予報では降雪の予報も出ておりましたので、道路の渋滞等も考えられることから早めに出かけましたが、心配したほどのこともなく予定より早く到着することができました。会場に挨拶にお見えになった鳥栖市長より市の概況についてお話を伺いましたが、人口は約7万人、苅田町によく似た交通拠点都市で、多くの企業が立地している元気な産業の町のようでした。九州唯一の女性町長として、男女共同参画について、私の思うところを1時間半ほど述べさせていただき、質疑応答の時間も含め約2時間、鳥栖市の皆さんと有意義な時間を過ごさせていただきました。
講演会終了後、福岡県町村会主催の町村長セミナーに参加するため、福岡市に行きました。セミナーでは、「地方減少時代における地方再生」と題した講演があり、特別講話として、小川県知事による「県政の課題」をお聴きしました。その後、県内町村長との懇親会があり情報交換をしました。近年、何かといえば人口減少の話になりますが、目下、人口が微増中の本町は、いつこのような状態が来るのかなかなか予測しにくいところですが、魅力ある町づくりを継続して行い、更なる人口増加に努めたいと思います。

2月7日(火)

☆朝の声かけ(馬場小学校)
   京築地区水道企業団運営協議会

○町長のひとこと
今日の朝の声かけは馬場小学校でした。馬場小学校の子ども達は元気がよくて「おはようございます。」の声もひときわ大きく、声を掛けている私たちまで元気にしてくれます。1日の始まりがこういう挨拶から始まると、その日が素晴らしい1日になりそうで、朝の挨拶というのはとても大事なことだなとつくづく感じます。
今日の京築地区水道企業団運営協議会は、主として京築地区水道企業団議会に提案する議案、3月補正予算や平成29年度予算についての審議でした。運営協議会の方は2市5町の首長で構成されていますが、議会は各市町議会選出の議員で構成されています。ここでも私たちは執行部という立場となります。

2月5日(日)

☆公民館スプリングコンサート

○町長のひとこと
午後、町内音楽家による「公民館スプリングコンサート」を聴きに中央公民館に出かけました。ヴァイオリンによる大河ドラマ「真田丸」のテーマやトランペットによる「津軽海峡冬景色」など思いがけない演奏があったり、ピアノ連弾による「ハンガリー舞曲」、ヴァイオリンによる「華麗なるポロネーズ」と本格的な演奏もあり、バラエティに富んだ楽しい演奏会でした。中でも特別ゲストの矢野多美恵さんの「小倉節」をはじめとする民謡の迫力には圧倒されました。日頃、民謡とはあまりなじみがなかったのですが、こうして生で聴いてみると、ジャンルを超えてその良さが伝わってきて、やはり音楽は素晴らしいと感動しました。ぜひ皆さんも機会があったら一度聴いてみてください。肩肘張らず、アットホームな雰囲気で楽しめる身近なコンサートもなかなかいいものですね。日頃の疲れが思わず消えていきそうです。
公民館祭りスプリングコンサート.jpg

2月4日(土)

○町長のひとこと
久し振りに、妹の家族とともに長崎にいる姪親子に会いにでかけました。実は、長崎訪問の真の目的は今日から始まったランタン祭りを見ることでした。日中は良い天気だったにもかかわらず、夕方、長崎に着くころから小雨模様になり心配したのですが、どうにか祭り見物の間は雨にも遭わず、素晴らしい提灯の芸術作品を楽しむことができました。メイン会場の大掛かりな趣向の数々も素敵でしたが、川面に映って揺れている提灯の風情がなんとも言えず感動的でした。祭りの中心となる中華街はものすごい人の波で、自分の意思で進むも引くもならず、もまれながら押し出されていくしかない有様です。何でも本場中国からも大勢の人が訪れているとか。月餅やマーラカオ等中国ゆかりのお菓子をお土産に買いましたよ。

2月2日(木)

☆京築広域市町村圏事務組合理事会

○町長のひとこと
午後、豊前市役所で京築広域市町村圏事務組合理事会がありました。平成29年第1回組合議会定例会の会期並びに議事日程、提出予定案件についてが主たる議事内容でした。予定案件の中身は、事務組合職員の給与、勤務時間、休暇等に関する条例、平成28年度一般会計補正予算、消防特別会計補正予算、行橋京都メディカルセンター特別会計補正予算、並びに平成29年度のそれぞれの予算について審議しました。その他、今後の広域圏組織のあり方についても話し合われました。

2月1日(水)

☆障害者施策推進協議会委員委嘱状交付

○町長のひとこと
苅田町障害者施策推進協議会が開かれました。今年度は「障害者長期計画」を策定する年となっており、新たに協議会委員に就任された皆さんに委嘱状を交付させていただきました。今回策定していただきます「障害者長期計画」は、今後の町の障害者施策の基本計画となる重要な計画です。委員の皆様には、各分野で培われた、豊富な経験や知識を存分に生かしたご意見を賜り、障害のある方に真に実効性のある計画を策定していただけますよう期待しております。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.