福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成28年12月町長ブログ

12月28日(水)

☆仕事納め

○町長のひとこと
今年も仕事納めの日を迎えました。今年は、町民の皆様にもご心配をおかけしている、苅田町の厳しい財政状況をどう乗り切るか、職員共々一丸となって奮闘してきた1年でもありました。その甲斐あって、少しずつではありますが、財政状況も改善されてきており、この流れを止めることなく、更に改革を推し進めながら、皆様に良い報告ができるように頑張りたいと思います。まだまだ苅田町には発展の要素が多々あり、将来に希望が持てる町だと確信しています。町民の皆様と力を合わせ、これからも安心・安全の住みよいまちづくりに取り組んでまいりますので皆様のご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

12月22日(木)

☆議会閉会

○町長のひとこと
12月2日に開会し、21日間に亘った12月定例議会が閉会しました。開会日に上程しました29件は全て全会一致または賛成多数で可決されました。議会の皆様のご理解・ご協力に心から感謝いたします。

12月21日(水)

☆公用車全車青パト出動式

○町長のひとこと
青パト.jpg
町の交通安全のためにと「日産自動車九州株式会社工長会・係長会」から頂いた寄付を財源の一部として、公用車全車青パト事業に取り組ませていただきました。本町の青パトの歴史は「防犯意識の高揚」並びに「歩行者やドライバーへの交通安全啓発」を目的に平成18年に始まりました。式典終了後、役場公用車46台が青色の回転灯を点灯して一斉に出発し、苅田駅までパレードをしました。今後、職員が業務において公用車で仕事に向う際には、青色ランプを点灯し苅田町の各地域を走ることになります。このことにより少しでも犯罪抑止の役に立ち、「安心・安全のまちづくり」が進むものと期待しています。

12月18日(日)

☆地産地消フェア

○町長のひとこと
早朝より、第14回農業水産祭り「ふるさと苅田地産地消フェア2016」が開かれました。この祭りは、地元の農産物の販売を通して、生産者と消費者が直接ふれあう機会を増やすことを目的としています。今年も牡蠣や野菜などの新鮮な農水産物に加え、牛乳や堆肥の無料配布、地元のイノシシ肉を使ったしし鍋や白川米のつかみ取り等、たくさんの催しが用意されていました。私も会場を一周しながら、ブースごとに一品ずつ求めて回り、荷物が一杯になってしまいました。これで当分の間買い物に行かなくてもおいしいご馳走が食べられそうです。どれをとっても素晴らしい農水産物ばかりで、しかも安価で購入することができ、来場された皆さんは大満足だったのではないでしょうか。今晩は、夕食の膳を囲みながら、地元の安全・安心な食材のおいしさについて少しでも関心を持っていただければ嬉しいですね。

12月17日(土)

☆くすの木作業所「地域交流福祉もちつき大会」

○町長のひとこと
今日は素晴らしい好天に恵まれて、恒例のくすの木作業所の餅つき大会がありました。毎年この日を迎えると、皆さんで杵と臼を使ってお餅をついている姿を拝見しながら、「今年もいよいよ終わるんだな」と1年の終わりを実感します。このもちつき大会には本当に多くの皆様が集まって協力してくれます。くすの木作業所の仲間の皆様とそのご家族を始め、民生委員の皆様、日産自動車関係の皆様、議会・行政関係者、その他大勢のボランティアの皆様が今日も集まってくれています。つきたてのお餅を早速きな粉もちや酢もちにして、皆でほおばっている姿は本当に幸せそうで、見ていて思わず笑みがこぼれます。

12月13日(火)

☆朝の声かけ(新津中学校)
   議会一般質問
   神和会懇親会

○町長のひとこと
今日から3日間は議会一般質問です。質問される議員さんは、1日4人で全員で12人となっています。

七社会(日産自動車九州(株)、トヨタ自動車九州(株)苅田工場、三菱マテリアル(株)九州工場、宇部興産(株)苅田セメント工場、麻生セメント(株)苅田工場、日立金属(株)九州工場、九州電力(株)苅田発電所)の代表の皆様で組織している「神和会」の懇親会が開かれました。各企業の皆様の今年1年間の苅田町へのご協力に感謝し、新しい年が皆様にとって更なる発展の年となるように心よりご祈念いたします。

12月11日(日)

☆等覚寺新そばと棚田のめぐみ大試食会

○町長のひとこと
等覚寺空の家で新そばと棚田の恵み大試食会が開かれました。好天に恵まれたのと、先日等覚寺応援団が地域活動でグランプリを授賞したこともあって、今日は一段と大勢の参加者で賑わっています。私も毎年この試食会を楽しみにしている一人で、もちろんそばもおいしいのですが、棚田米のおにぎりや大鍋で煮込んだおでん、漬物のおいしさに大満足して帰ります。とりわけ、この時しか口にすることのない、きな粉をまぶした「やせうま」の素朴な味わいは絶品です。豊かな自然の中でおいしい物を食べることほど幸せなことはありませんね。来年はぜひ皆さんも参加してみませんか。

12月10日(土)

☆人権作文発表会表彰式
   かんだっ子教育の集い

○町長のひとこと

「平成28年度かんだっ子教育の集い」が町内の児童・生徒、教育関係者、保護者や町民の皆様の参加のもと、中央公民館で開かれました。この集いも今回で12回目となります。苅田町では、「未来を拓くひとづくり」を基本政策として、本町独自の様々な教育的取組みがなされています。特に、今回は、苅田工業高校や西日本大学の学生の皆さんにも発表をしていただきました。更に小学生と大学生との授業での交流の様子もスクリーンを使って紹介されましたが、とても楽しそうな授業風景でした。「平成28年度かんだっ子教育の集い」に先立って、人権作文発表会表彰式もあり、優秀な作文を書いて表彰された小学生と中学生の作文発表がありました。いじめについてしっかりした意見を述べていたのにとても感心しました。最後は小学生の素晴らしい演奏があり、苅田町の人材育成の一環を担っている関係者の皆さんの工夫と努力の様子がよく分りました。

12月9日(金)

☆防災協会懇親会

○町長のひとこと
現在、苅田町は、道路・港湾・空港と産業基盤を整備し、大きく成長・発展を続けていますが、いかなる事業も安全が確保され、安心して働ける環境があってこそ振興が図れるものと考えます。その点からも、苅田町防災協会に加盟する企業、事業所の皆様が、本町の消防・防災活動にご協力いただくとともに、自らも進んで消火器競技大会を開催されたりしながら、常日頃から防災意識を高めていただいていることは、大変ありがたいことだと感謝しております。今後とも、災害のない、安全で安心して暮らせる町づくりのため、防災協会の皆様と連携を図りながら、消防・防災活動に取り組んでいきたいと思います。

12月5日(月)

☆ポロシャツ義援金寄付
   民生委員・児童委員委嘱状交付式

○町長のひとこと
熊本地震で被災された方々に復興支援をということで始まった、クマモンの図柄入りのポロシャツ販売が終了しましたので、これまでに集まった寄付金を社会福祉協議会を通じて赤い羽根共同募金に寄付させていただくことにしました。1枚2000円(内500円が寄付)で販売したところ、庁舎内の職員はもとより、町内外から多くの方にもご購入頂き、850枚が売れたとのこと。1枚につき500円の寄付額でしたが、総額で42万5千円にもなったそうで、皆様の善意のおかげと感謝しています。ご協力ありがとうございました。

任期満了に伴い、改めて民生委員・児童委員の委嘱状交付式がありました。新しい方に交代された地域もありますが、大半の方は引き続きお願いすることになっています。苅田町においても、地域社会の繋がりは希薄になってきており、今後ますます福祉に対する住民のニーズは多様化・複雑化するものと思われます。このような状況の中で、民生委員・児童委員は、全ての人々と良心的関わりをもって活動していただく重要な組織であり、福祉の疎外にあっている人や地域で孤立している人にも相談や支援を行う等、行政が行き届かない大切な部分をしっかりと補う重要な役目を担っていただいています。

12月3日(土)

☆人権講演会

○町長のひとこと

毎年12月4日から10日は人権週間です。苅田町でもこの週間を記念し、例年、人権問題に対する正しい理解と認識を深めるために、一人でも多くの町民の皆様にご参加いただけるよう人権啓発事業を開催しています。今年度は、「出会いの人生から学んだことと」と題して、守られるべき私たちの人権について、テレビなどで活躍している弁護士の菊池幸夫さんに講演をしていただきました。この貴重な講演を通じて、町民の皆様が人権についての認識を、より一層深めていただければと思っています。

12月2日(金)

☆議会開会
   食生活改善推進会交流会

○町長のひとこと
食生活改善推進会は、苅田町にとって欠かせない組織で、食生活を通じて健康を守ることの大切さを町民に指導していただいています。長寿・高齢化の現代、大切なのは、ただ単に寿命を延ばすことではなく、いかに健康寿命を延ばすかだといわれています。そのためには1日3食必ず口にする食事は、どんな薬よりも身体に効果があります。私などはわかっていても、なかなか理想的な食事の内容や量、時間その他を守ることができていません。これから年末年始にかけては、忘年会、新年会とつい暴飲・暴食になりがちです。お互いに気をつけて、身体をいたわりましょうね。

12月1日(木)

☆苅田町民ふれあいマラソン大会実行委員会
   ジンエアー北九州-釜山線就航記念セレモニー
   苅田駅イルミネーション点灯式
   総合教育会議

○町長のひとこと
「第34回ふれあいマラソン大会」実行委員会が開かれました。マラソン大会は、町民憲章にもありますように、「スポーツに親しみ、活気に満ちた明るい町」の実現のため、長年開催しておりますが。本年度は、白川地区・片島地区を中心としたコースで開催することに決定しました。参加される多くの皆さんに白川・片島の自然を楽しんでいただきながら、すばらしい交流・親睦の場となっていただければと思っています。

韓国の格安航空会社(LCC)・ジンエアーが毎日1往復、北九州~釜山便を就航することになりました。13日からはソウル便も週4往復するそうです。今日はその就航記念式典が北九州空港で行われ出席しました。10月には中国天津航空の大連便が就航したばかりで、国際便の就航ラッシュとなりました。初便はほぼ満席状態で北九州空港に到着しましたが、今後いかにこれらの便を絶やすことなく就航させるかが大切です。皆様のご協力・ご支援をよろしく願いいたします。

イルミネーション.jpg

苅田駅イルミネーションは、苅田工業高校の創立50周年を機に始まり、今年で5回目となります。本年は熊本地震が発生し、人と人とのつながりが見直されている中、一日も早い復興を願うとともに、熊本県、大分県、苅田町が深い絆で結ばれるようにテーマを「~きずな~」としました。設置にあたっては、西日本工業大学のデザイン科の皆さんによるデザインのもと、苅田工業高校の生徒の皆さんが、ロープLEDを使い、まるで一筆書きを組み合わせたような作業を行い製作しました。昨年大人気でしたラブチェアに加え、新たなゲーム機も登場していますので、多くの方に喜んでいただけると思います。そして今年も点灯式では、寒い中、苅田小学校上学年の音楽クラブの皆さんが素晴らしい演奏を披露しました。苅田町の中心市街地において、学生を中心とする町民の皆さんと行政が協働して、このような賑わいの灯をともすことは、今後の町の賑わいづくりに繋がっていくものと期待しています。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.