福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成28年7月町長ブログ

7月31日(日)

☆人権講演会

○町長のひとこと
本日の人権講演会の講師は、「FRENS」代表の石崎杏理さんでした。石崎さんは、大学在学中にセクシャルマイノリティ(性的少数者・LGBTQ)に関する講演活動を開始、2012年に多様な性の子どもや若者を支援する団体「FRENS」と立ち上げ、小・中学生や高校生からの相談対応や学校との連携、教員の研修や市民講座等での講師活動を行っているそうです。

講演では、ひとつは、性の多様性の基礎知識LGBTQの人たちを取り巻く現状、もうひとつは他者との違いを理解し認め合うことで、私たち一人ひとりが自分らしく生きられる社会を作る活動の一端を、ご自身の体験をもとに語っていただきました。日頃、理解しているようで、実は全くわかっていない大事な人権問題を分りやすく話していただき、私だけではなく、会場に来られた皆さんにも大変参考になったのではないかと思います。

7月29日(金)

☆道路整備促進期成会同盟会福岡県地方連絡協議会

○町長のひとこと
県内の道路整備について話し合う協議会ですが、まず、九州地方整備局の福岡市と北九州市の道路整備局の担当から、県内の現在の道路整備情況や工事中の箇所等について説明を受けました。

東九州自動車道の苅田北九州空港ICの出入口の立体交差化についても説明がありました。かなりの経費を要するようですが、国と県で予算化をしてくださるそうで大いに助かります。道路網のインフラ整備は、企業活動やまちづくりの上で大変重要な問題です。その意味では、苅田町は他自治体に比べて整備が進んでいますので、企業誘致等も行いやすくなっています。苅田町が恵まれた条件のもとにある町であることには感謝したいと思います。

7月27日(水)

☆一億総活躍・地方創生全国大会in九州

○町長のひとこと
福岡の「ホテルニューオオタニ博多」で27日、28日の2日間に亘って、「一億総活躍・地方創生全国大会in九州」が開催されました。国からは安倍総理大臣、高市総務大臣、加藤内閣府男女共同参画特命大臣が講演をされました。ちょうど全国知事会もこの時期に合わせこちらで開催されたようです。政界、経済界、文化・教育界等、各分野から多くの方が参加されていましたが、私たち県内の市町村長もお招きを頂きました。

講演あり、シンポジウムあり、パフォーマンスありの大変盛大なイベントが企画されていました。日頃、直接お話を聞く機会が少ない方々のお話やお考えをしっかりお聞きすることができて、とても有意義な大会でした。

一億総活躍は地方の人口が年々減少していく中、地方創生の大きなテーマとなっています。本町でも国から地方創生にかかわる補助金を頂き、雇用の拡大やまちづくりに取り組んでいるところです。

7月25日(月)

☆東九州自動車道北東部建設促進協議会要望活動
 
九州地方社会保険医療協議会総会

○町長のひとこと
九州地方社会保険医療協議会審議委員は、永年務めさせていただきましたが、審議委員の任期は70歳までとなっていることから、9月15日が来れば71歳となる私にとっては今回が最後の審議会となりました。

この間、国保医療の実態の一つとも言える医師や薬剤師の不正受給について審査するとともに、様々な事例について学ぶことができました。もちろん、不正の原因は、患者数減少による経営困難が最も多いのですが・・・。病院数が増加した現在では、患者である私たちにとってはとても便利になって助かる一方、一部のお医者さんにとっては競争激化で経営が大変厳しくなってきている現状もあるのかもしれませんね。

ともあれ、平成20年10月14日にこの役を拝命してから約8年間、どうにか無事に務めを終えることができてホッとしています。

7月23日(土)

☆夏祭り in あらつ
  土地区画整理地元説明会(与原上区)

○町長のひとこと

夕方から『第7回 夏まつり in あらつ』に、私も参加しました。今年もバンド演奏や西日本工業大学の皆さんによるエイサー等のステージを始め、盆踊り、花火等盛りだくさんのプログラムが用意され、回を重ねるごとに盛大になっていきますし、年々参加者も増えていくようです。すっかり地域のお祭りとして定着しています。この「夏まつり」を通じて、地域の絆が一層深まることを期待します。また、このような催しが町内各地で開催されるようになるといいですね。

7月22日(金)

☆海の日記念式典

○町長のひとこと
今年も「苅田港海の日」記念式典が、関係者出席のもと挙行されました。この式典に先立ち、善立寺において海事物故者の慰霊祭を、その後、港金刀比羅宮において船舶安全祈願祭を執り行いました。式典ではまず海事事業功労者の表彰が行われました。苅田町は、日本の歴史と同じように、海と共に歩んできた町であり、苅田港という恵まれた環境がなければ、今日の発展はなかったと思われます。臨港地区を中心に、自動車関連産業並びにセメント関連産業をはじめ、多くの企業に進出していただき、北部九州を代表する港湾産業都市となっています。

最近では、新松山地区の岸壁・工業団地等の整備が国及び県により進められ、昨年4月より分譲が開始されています。今後も更なる豊かな港湾環境の整備を進め、苅田町の素晴らしい資産である苅田港を生かしたまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

7月20日(水)

☆海の日第七管区海上保安本部表彰
IMG_3670.JPG
 
記者会見

○町長のひとこと
平成28年海の日にかかる第七管区海上保安本部長表彰を受けることになりました。海上保安協会門司支部の常任幹事として永年勤続したというのが表彰理由です。

ちょうど、現在福岡空港に配置されている第七管区海上保安庁が、福岡空港が煩雑空港と指定され、北九州空港の苅田側に移設されることが決まったところですので、これも何かの縁かもしれませんね。

7月19日(火)

☆朝の声かけ(南原小学校)
IMG_3660.JPG
  苅田商工会議所通常議員総会・懇親会

○町長のひとこと
苅田商工会議所は、昭和23年の設立以来、苅田町発展の原動力として、産業振興や商工業者の育成等に取り組んでこられました。苅田町が、現在、北部九州を代表する交通拠点都市、工業港湾都市として発展を続けているのも、多年に亘り会頭を務められている三原会頭のご功績はもとより、商工会議所の皆様のご尽力のお蔭だといつも感謝しています。

現在、地域経済は依然として厳しい状況が続いており、先行きが見えにくい状況だといわれています。また、近年は商工業を取り巻く環境も経済のグローバル化、ニーズの多様化など大きく変化をしており、商工会議所に期待される役割は大変大きなものがあります。

今年も、9月1日から、町内業者の活性化、町内経済への波及効果のために、苅田町プレミアム商品券を販売していただくことになっておりますが、今後も商工会議所と町がしっかり連携して、活気と魅力あふれる町づくりに努めていきたいと思います。

7月14日(木)、15日(金)

☆市町村長特別セミナー

○町長のひとこと
1泊2日の予定で、千葉の幕張にある「市町村職員中央研修」通称「市町村アカデミー」で、市町村長特別セミナーを受講してきました。

この研修は、最近における社会経済の急速な進歩や変化に対応し、地方分権型社会の構築に向けて、多様化する住民ニーズに即した市町村行政が推進されるよう、研修を通じて市町村職員の能力の向上を図り、以って住民の福祉と地域の振興に資することを目標としています。毎年、研修計画を組んで案内を頂くので、その中から受講したい講座を選んで、公務の日程と照らし合わせ、年に1、2回、市町村長特別セミナーに参加しています。

今回は「住みよい地域づくりに向けて」というテーマで研修を受けました。この研修会に参加するのは、様々な自治体の喫緊の課題について勉強したいというのが目的ですが、他にもう1つ、全国各地から集まる自治体の首長さんと、直接交流する機会があり、様々な情報を得られるからです。これは日々現場で奮闘されている生の声を直接お聞きすることができるのですから、本当に意義があります。これからもこういう機会を大いに活用していきたいと思います。

7月12日(火)

☆朝の声かけ(白川小学校)
 
区画整理審議会
 
北九州空港利用促進協議会総会
 
航空機産業振興協議会総会・講演会

○町長のひとこと
午後、北九州空港利用促進協議会総会がリーガロイヤルホテル小倉で開かれました。それに引き続き福岡県航空機産業振興協議会総会並びに講演会も開かれました。

三菱航空機の岸副社長、空港施設の丸山社長にMRJの活用計画について説明会を開催していただきましたが、お二人の活用計画のご説明をお伺いしていると、北九州空港の発展が今後益々期待できるものと、夢が大きく膨らんできます。

苅田町としても、福岡県や北九州市はもちろんのこと、地元自治体と一体となって、航空機産業誘致の取り組みに、より一層力を注いでいかなければならないと思った次第です。

7月11日(月)

☆建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰式典
 
苅田町健康審査説明会

○町長のひとこと
国土交通大臣表彰を受けるため国土交通省に出かけました。建設事業関係功労者ということで、収用委員会委員関係、建設業関係、不動産業関係、測量事業等関係、建設機械関係、都市計画事業関係、河川事業関係、住宅・建築事業関係、建設行政関係等々部門別に表彰が執り行われましたが、私は道路事業関係表彰者5人の中の1人として表彰されました。

私は現在道路整備推進期成同盟会全国協議会理事を務めさせていただいていますが、多年、道路事業関係団体の役員として道路事業の推進に尽力したというのが表彰理由です。表彰状と記念の酒盃を頂き、何となく面映い気持ちで一杯です。特段の功績があったわけではないのですが、受賞できたのは周りの皆様のご支援のお蔭だと心から感謝しています。

7月10日(日)

☆京都郡球技大会

○町長のひとこと
この大会は、郡内各種球技の普及およびスポーツ精神の高揚を図ることを目的に、毎年、バレーボール、ソフトテニス、卓球、バドミントンの4種目の競技が行われます。本日勝ち進みますと、9月24、25日に開催されます福岡県民体育大会に、京都郡の代表として出場することになります。若い頃、私もこの大会のソフトテニスの部でよく参加していたのを思い出します。今ではそれも遠い日の思い出の一つとなってしまいましたが・・・。

7月8日(金)

☆郷土の自然と文化を守る会研修会

○町長のひとこと
郷土の自然と文化を守る会の会員の皆さんは、毎年1泊2日で、各地の文化施設を研修視察に出かけます。日頃は、主として白川地域の皆さんが、郷土である白川地域の青龍窟をはじめとする文化財の保全のため、周辺の草刈等をしてくださっています。

国指定天然記念物の青龍窟や町の天然記念物である広谷湿原、鬼の唐手岩などを訪れる方は年々増える傾向にあるようですが、その一方で、文化財や自然が少しずつ荒らされていくのも心配です。

郷土の自然と文化を守る会のような地域のボランティアによる活動は、町にとっても大変有意義でありがたい活動だと心から感謝しています。このような活動が広がっていくことを大いに期待しています。

7月7日(木)

☆京築市町村圏事務組合理事会
  日本洞窟学会苅田町実行委員会
  苅田工業高校時本さんハンマー投げ全国大会出場表敬訪問

○町長のひとこと
苅田工業高校の時本さんがハンマー投げで全国大会出場を決め、町長室に報告に訪れてくれました。苅田工業高校からは、毎年のように陸上競技で全国大会に出場しています。

今年はリオオリンピックの年でもあります。陸上競技でも世界中のアスリートが集まって熱い闘いが繰り広げられることと思います。どちらかというと、日本は陸上競技において苦戦を強いられていますが、4年後の東京オリンピックでは、時本さんのような選手が地元を代表して参加し、活躍できるようになることを期待したいですね。

7月6日(水)

☆行橋・京都弁論大会

○町長のひとこと
第46回「郡市少年の主張弁論大会」が苅田町の中央公民館で開催されました。この弁論大会は、行橋京都地区防犯協会、京都保護区保護司会、行橋警察署少年補導員連絡会の皆様のご尽力により毎年開催されています。

今年も各校代表の13名の中学生の皆さんが、自信を持って、訴えたいそれぞれの思いを力いっぱい語ってくれました。町内からは新津中学校の川上京織さんが「平和な世界が来ると信じて」と題して、苅田中学校の池田陽香さんが「スマートフォンと子ども」と題して熱弁を振るってくれました。

46年の間には、社会情勢も大きく変わってきたことと思いますが、中学生の皆さんの真摯な弁論は、いつ聞いても会場の皆様、とりわけ同世代の共感を呼び、感動を与えてくれます。時としては、私たち大人にも考えさせられる問題を投げかけてくれます。ぜひ一度は住民の皆様にも会場を訪れ、中学生のこんな熱い思いを聞いていただきたいなと思いながら会場を後にしました。

7月5日(火)

☆朝の声かけ(与原小学校)
IMG_3656.JPG
  福岡県町村会理事会
  みやこ道場空手全国大会出場表敬訪問

○町長のひとこと
みやこ道場の皆さんが、このたび空手全国大会に出場することになり、町長室に報告に来てくださいました。みやこ道場では、毎年数名の男女の小学生の皆さんが全国大会に出場をしています。中には、昨年に引き続きというお子さんもいますが、どんな競技でも、やはり全国大会に出場するということは至難の業であり大きな経験になると思います。夏休みのよい思い出として、悔いのないように日頃の練習の成果を発揮してくれることを期待しています。

7月4日(月)

☆京都郡学校保健会総会

○町長のひとこと
京都郡学校保健会は「学校教育における保健管理及び保健教育に関する調査研究並びに普及進展を図り、学校保健施策に寄与する」ことを目的に、講演会や研修等の活動に取り組んでいます。

現在、こども達の健康に関する課題は多様化しており、生活習慣の乱れをはじめ、メンタルヘルスやアレルギー疾患など、多くの問題が指摘されています。このような中、京都郡学校保健会の皆様が、児童生徒の健康増進と安全のために活動に取り組んでいらっしゃることはとても大事だと思います。

苅田町としても、家庭の教育力向上のための取組みを強化するとともに、学校の実情についての共通理解をもって頂くよう、学校・家庭・地域相互の連携協力の推進に務めていきたいと思います。

7月1日(金)

☆職員辞令交付
  京都郡公平委員会辞令交付
  社会を明るくする運動広報啓発活動

○町長のひとこと
夕方から苅田駅で啓発物品を配布しながら、広報活動に参加しました。
この社会を明るくする運動は

<行動目標>
・犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組みを進めよう
・犯罪や非行を犯した人たちの立ち直りを支えよう
<重点事項>
・出所者等の事情を理解した上で、雇用する企業の数を増やすこと
・帰るべき場所がないまま、刑務所から戻る人の数を減らすこと
・薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を支えること

を掲げ運動に取り組んでいますが、その実現は決して簡単なものではなく、住民の皆様の協力が大いに必要とされるところです。安心・安全な町づくりのために、町を挙げて皆さんと共に取り組んでいきたいと思います。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.