福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成28年1月町長ブログ

1月30日(土)

☆苅田町職員採用試験

○町長のひとこと
1回実施される通常の職員採用試験は既に終わっているのですが、今回、町職の保健師さんが一身上の都合により退職されることになったので、急遽採用試験を行うことになりました。

1人の採用に対し7人の応募があり、保健指導や介護判定等大変高度な知識と判断力が必要な職種とあって、皆さんとてもしっかりした感じで甲乙付けがたく、さすが専門職希望者という感じでした。かつては、保健師といえば女性の職場と思われたものですが、最近は男性の応募者もいらっしゃいますよ。

1月29日(金)

☆消防本部・消防団情報交換会

○町長のひとこと
安心・安全のまちづくりの一翼を担う苅田町消防団は、現在、渡辺団長以下117名で組織されており、常日頃から地域住民の生命・財産を火災や災害から守るため、消防業務に献身的に取り組んでいただいております。苅田町における昨年の消防出動状況は、火災件数8件、救急件数1482件となっています。一昨年と比較しますと、火災が4件減、救急が66件減となっています。

1月26日(火)

☆地方港湾審議会
  福岡県町村長セミナー

○町長のひとこと
今日も寒い日が続いています。福岡までの道中が心配でしたが、案じたほどのこともなく無事到着しました。それよりも、このところの厳しい寒さで水道管の凍結による破裂等で、予期せぬ水漏れがあちこちで発生し、水不足に陥る危険性が生じました。そのため、各地で断水が始まったと言う情報が届くようになりました。

担当課によりますと、本町では今のところ、バルブを調節して減圧することで、少し水の出が悪くなるところがでるかもしれませんが、とりあえず断水の処置は回避できそうだとのことでした。本日の地方港湾審議会の議題が「苅田町の港湾計画の変更」であり、私が欠席するわけにはいきませんから、不安を抱きながらの会議出席となりました。

午後は、県内全町村長対象の研修でしたが、やはり、断水を迫られその対策に追われ、参加できなくなった町村長も何人かいらっしゃいました。私も「災害対策本部」を立ち上げなければならない状況に至ったらすぐにもひきあげるつもりで、絶えず連絡を取りながらのセミナー参加となりました。

セミナーでは、「ピンチをチャンスに変える地方創生~日本版CCRC(生涯活躍のまち)の可能性」と題して、三菱総合研究所のプラチナ社会研究センター主席研究員の松田智生氏の講演がありました。彼は「日本版CCRC」を推進をしている方で、継続的なケアを提供するコミュニティーづくりつまりCCRCこそが人口減・高齢化対策に有効であると説いています。

続いて、小川知事による「県政の課題」をテーマにした特別講話がありましたが、どうにか断水の危機を乗り切ってくれたようで、最後までセミナーに参加することができました。担当課の皆さんのご努力に感謝します。

1月23日(土)

☆行橋市京都郡遺族連合会「新春の集い」
  中西久美アンサンブルコンサート

○町長のひとこと
ここ何日か寒い日が続いています。そのせいか、最近、とても親しくしていた方々のご不幸が続いています。今日も1日中雪模様でとても寒い日でしたが、午後から大変お世話になった方のご葬儀に参列しました。

その後真っ直ぐに、降りしきる雪の中を歩いて中央公民館に行き、「中西久美アンサンブルコンサート」を聞きに行きました。語りと演奏で、クラシックバレエの代表作「眠れる森の美女」を聞かせてもらいましたが、おひとりで可愛らしい女の子からしわがれ声の老人まで、何人もの登場人物の声を使い分けて物語を語ってくださったのには驚きました。

音楽と物語を組み合わせて聞かせていただくと、そのストーリーがとても分りやすく、小・中学生にぜひ聞かせてあげたいな、きっとクラシック音楽に親しむよいきっかけ作りになるのではないだろうかと思いました。

1月20日(水)

☆港湾議員連盟総会
  港湾関係団体新春賀詞交換会

○町長のひとこと
今日は上京し、自民党本部で開かれた港湾議員連盟総会に出席をしました。運良く、港湾議員連盟の先生方や港湾関係者の皆様の前で、意見を述べる機会を頂くことができましたので、苅田町の永年の悲願である本港路の拡幅・増深について、早期完成を重ねて要望させていただきました。これが実現すれば、大型船の安全な航行と効率的な輸送が確保され、地域経済の活性化が格段に進むものと期待されます。

夜は、港湾議連の先生方や全国各地から集まった港湾関係者の皆様との賀詞交換会に出席しました。全国各地からお集まりの港湾を有する自治体の首長の皆様と情報交換をできたのはとても有意義でしたが、中でも歴代の港湾局長さんたちとお会いして親しくご挨拶を交わすことができたのはとても懐かしく、楽しいひとときでした。こんな時でも、夜遅くまで飛行機が飛んでいるというのはありがたいですね。泊まることなく日帰りできますから。

1月19日(火)

☆朝の声かけ(与原小)
  新年の挨拶回り(福岡)

○町長のひとこと
今日は雪模様の大変寒い1日となりました。先日に引き続き、今日は県内に本社がある企業への新年の挨拶回りをさせていただきました。途中、積雪による交通規制等も予測されましたが、心配するほどのこともなく、どうにか無事予定通りに各本社への新年の挨拶周りの日程を終えることができホッとしました。

1月18日(月)

☆観光協会理事会新年会

○町長のひとこと
今回の地域創生の総合戦略策定の中でも「観光」は大事なキーワードの1つにになっています。今までどちらかというと企業誘致に力をいれ(勿論、引き続き力を入れていきますが)、製造業「ものづくり」の町としてまちづくりに取り組んできたところですが、これからはそれに加えて、観光や農業、漁業といった産業にも力を入れていかなければならないと思います。

最近では観光協会やガイドボランティアといった皆さんの活躍で、町の中も少しずつではありますが、賑わいが生まれてきているような気がします。町内には元々大いに誇れる等覚寺の松会や山笠、御所山古墳や石塚山古墳といった観光資源もありますし、今後調査したり磨いたりすれば素晴らしい観光資源になる可能性があるものも沢山あります。それらを生かして町の交流人口を増やし、賑わいのあるまちづくりが進められるのではないかと期待しています。

1月17日(日)

☆消防出初式

○町長のひとこと
今日は、朝から今にも雨が降り出しそうな厳寒の中、役場庁舎駐車場にて、県や近隣市町からご来賓をお迎えし、消防出初式が挙行されました。消防署職員と町内6分団の団員、町内の事業所で組織する防災協会の皆さん及び地域自主防災会の皆さん、それに加えて消防車両や救急車両と消防関係者・車が集まって、厳かに執り行われました。

式辞や表彰、パレードや消防団による模範ポンプ操法と例年通りの次第でしたが、一般町民の皆さんも大勢見学に来てくださいました。特に、この日は、各車両の公開が行われるとあって、小さなお子様が、憧れの消防車を目の前にして手で触れたり、子供用の消防服を身にまとい、体験乗車もできるとあって、ご家族連れで参加していました。

最後は祝賀放水で終わりましたが、幸運にも出初式が終わると同時に雨が降り出しました。どうにか無事終われたのは、町民の皆さんの心掛けや行いが日頃から大変良いお蔭でしょうか。

1月14日(木)、1月15日(金)

☆市町村長意見交換会
  市町村長特別セミナー

町長のひとこと
一昨日、昨日に続き、今日、明日も東京に滞在し、市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)で市町村長研修を受けました。いつものように、国内外の政治や経済の状況、地域活性化等について、名だたる講師をお招きしてのお話で、大変興味深く受講してきました。

今回は、とりわけ、これからの人材育成についての考え方や取り組み、研修財団に対する要望等について意見発表をする「人材育成座談会」のメンバーにご指名を頂き、千葉県袖ヶ浦市長、大阪府河南市長、兵庫県養父市長、愛媛県鬼北町長に加え、市町村職員中央研修所学長外事務局の皆さんと意見交換ができたことはいつも以上により有意義な研修であったと喜んでいます。

その中で皆さんが一様に言われていたことは、実際の現場ですぐに役立つ実務研修を充実させて欲しいということでした。本町もそうですが、職員数が年々削減されていく中、職員一人ひとりの能力を遺憾なく発揮してもらうことがとても大事となってきています。

適正で効率的な行政運営を行っていくためには人材育成はどこの自治体でも喫緊の課題です。職員も私も、時間を見つけて絶えず研修を続けることが大事だと再認識しました。

1月12日(火)、1月13日(水)

☆新年の挨拶回り(東京)

○町長のひとこと
恒例の東京や横浜に立地している、町内企業の本社に日頃の感謝の思いを込めて新年の挨拶回りに、議長共々上京しました。

いつものことながら、各企業のトップの皆様がとても丁寧に対応してくださり、世界規模での様々なお話を聞かせていただき、各企業の素晴らしさの一端に触れたような気がします。と同時に、このような素晴らしい企業が苅田町で操業していただいていることを誇りに思います。

勿論、こういった大企業だけではなく、町内で日々活動していただいているすべての企業の皆様にも、この場を利用して、改めて感謝と敬意を表したいと思います。

当然のことながら、今回の企業訪問の目的のひとつである、町内在住者の雇用促進や定住化についても、忘れずにしっかりと要望をさせていただいてきましたよ。

1月11日(月)

☆美夜古青年会議所新春懇談会

○町長のひとこと
美夜古青年会議所は、この地域の若さ溢れる青年実業家の集まりですが、独自のセレモニースタイルや運営方法を守った伝統ある組織となっています。

今日も県内外の青年会議所の仲間の皆さんをお招きし、来賓やOB出席の下盛大に新春懇談会が開催されました。近年、行橋市等を中心に、イベントをはじめ様々なボランティア活動を展開し、活躍の輪を広げています。

こういった若い力が地域に育っていると実感するのは本当に頼もしく嬉しい限りです。彼らの姿や動きを見ていると、「私ももう少し若ければ・・・。」なんて、考えても仕方ないことですが、やっぱり、つい思ってしまいます。若いからできること、失敗を恐れず、いっぱい挑戦して、悔いのない青年時代をすごしてくださることを期待しています。

1月10日(日)

☆成人式

○町長のひとこと

本日、晴れて成人式を迎えられた360名の皆さん、ご成人おめでとうございます。

私は、毎年言わせていただくのですが、成人の日は、新成人の皆様が、ご両親やご家族の皆様、恩師や地域の皆様に、皆様がめでたく成人したことを祝っていただくと共に、決してひとりで大きくなったわけではありませんから、これまで何かとお世話になった人々に感謝をする日でもあると思います。

成人になったということは、飲酒や喫煙のように未成年のときにはできなかったことが公然と許されるようになりますが、様々な義務や責任も発生します。しかし、最も大切なことは、自分のことだけを考えて行動するのではなく、自分以外の人たちのことも考えながら行動できるようになるのが真の成人だと思います。

ともあれ、今年の成人式は、いつものように新成人の仲間の皆さんによる実行委員会の企画による式典と祝賀会でしたが、特に目立った衣装や髪型も見られず、とても落ち着いた雰囲気でしたよ。新成人の皆さんの前途が希望に満ちた輝かしいものとなることを心から願っています。

1月8日(金)

☆福岡県町村会理事会・新年会

○町長のひとこと

今年最初の県町村会の理事会が開催されました。今年1年間の行事日程や研修計画について話し合いが行われました。また、最近の国や県の動向についても報告がありました。

理事会終了後、新年会の運びとなり、その中で、いつものように、お互いの情報交換がなされました。勿論、理事会も大事ですが、こういった町村間の情報交換の場が持てるというのも、私にとっては有意義な会となっています。参考にできる施策や制度サービスは、是非検討して、本町でも取り組んでいきたいと思っていますので。

1月7日(木)

☆日産自動車九州株式会社新春賀詞交歓会

町長のひとこと
日産自動車九州株式会社関係者の皆様はもとより、関連企業の皆様、地元の首長や商工会議所の会頭はじめ地域の皆様等、各界各層約550名の皆様が集まって、日産自動車九州株式会社新春賀詞交換会が日産九州工場内のレストランで開催されました。このレストランの窓からの海の眺めは、いつ見てもとても素晴らしく感動します。

ところで、昭和50年に、日産自動車九州株式会社の前身である日産自動車株式会社九州工場が、苅田町に進出してくださったことを契機に、現在、北部九州は自動車産業の集積地として大きく発展をしてきました。本町も、日産自動車株式会社九州工場の進出により、地域経済に大きな活力を頂くと共に、北部九州を代表する交通拠点都市、工業港湾都市として発展を続けております。

日産自動車九州株式会社の今後益々のご発展をお祈りいたします。

1月5日(火)

☆新年名刺交換会

○町長のひとこと
今年も苅田商工会議所のお計らいにより、新年名刺交換会が盛大に開催されました。

行橋警察署長や国土交通省九州地方整備局苅田港湾事務所長等の官公庁の皆様、私をはじめとする町役場の管理職、坂本議長をはじめとする町議会の皆様、苅田郵便局長等の駅・郵便局関係者、西日本工業大学学長をはじめとする学校・保健・医療機関の皆様、苅田町区長連合会や苅田町老人クラブ連合会の皆様、北九州空港振興協議会や苅田町社会福祉協議会等の各種団体、苅田町管工事協同組合、苅田町電設協力会、苅田町商業協同組合、三原会頭をはじめとする会議所の皆様。勿論、この中には、日産自動車九州(株)柴崎代表取締役はもとより大手企業7社をはじめ多くの町内各会員企業の皆様が含まれています。

これほどのメンバーが総揃いしての賀詞交換会ですから、この場で日頃お世話になっている皆様にご挨拶をさせていただくことができ、本当に有意義な催しだと感謝しています。最後に、本日ご参集の皆様方にとりまして、平成28年が希望に満ちた素晴らしい年になりますことをお祈りいたします。

1月4日(月)

☆仕事始めの式

○町長のひとこと
明けましておめでとうございます。皆様には家族おそろいでお幸せな新年をお迎えのことと思います。旧年中は、皆様には、町政推進のために何かとご理解・ご支援を頂きありがとうございました。引き続き本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、元日の朝は大変素晴らしいお天気で、各地で見事な初日の出が観測されたと聞いておりますが、私自身は残念ながら初日の出を目にすることはできませんでした。というのも我が家はお寺ですので、前夜から元日早朝に掛けて除夜の鐘を撞きに来られたり、新年のご挨拶に来られる皆様への応対で、床についたのが、毎年のことながら、午前4時とあって、その時間帯にはグッスリと寝込んでいて、夢の中状態でしたから。

年末年始の6日間の休暇も年末の大掃除後各部屋にお花を生けて廻り、その他、お正月を迎える準備に追われ、あっという間に終わってしまいました。何しろ,お鏡餅やお雑煮用のお餅つきに始まり、買い物に続く230人分のお節料理作りと、妹に手伝ってもらいながら、全て手作りでこなす訳ですから、いくら時間があっても足りない、まさに猫の手も借りたい状態です。(残念ながら、我が家には猫はおらず、愛犬の小ランちゃんしかいませんが、そうそう、その小ランちゃんもお正月を迎えるために、美容院でシャンプーをしてもらい、きれいにドレスアップをしましたよ。)

おかげで毎年恒例の2日の、家族・親族揃っての新年会では、食べて飲んで、しゃべって笑って、大いに盛り上がり、楽しんでもらえました。目下、私たち兄弟4人(現在介護施設に入所中で、見ることも話すことも、勿論食べることもできない末弟もこの日は一時外出して参加)、それにそれぞれの子供や孫たちも加わり、一族総勢22人が揃って新年を迎えられたことが何よりの幸せだと心から感謝しています。そんな中、新年を迎えるたびに、お年玉をあげなければならない幼子たちが1人、また1人と増えていくのが、嬉しくもあり悲しくもあるといったところです。

そんなお正月気分も昨日で終わり、今日からはまた公務に全力を注がなければなりません。職員を前に、仕事始めの式を執り行いました。年頭に当たり、この厳しい状況下にある苅田町をどうやって立て直し、1日も早く安心・安全で安定した苅田町を確立し、より一層の町の発展と住民幸せのために取り組んでいくかを、職員11人が考え、それぞれの立場でできる最大限の努力をしていただきたいと思います。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.