福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > 町政について > ようこそ町長室 > 町長ブログ > 平成26年町長ブログ > 平成26年9月分町長ブログ

平成26年9月分町長ブログ

9月30日(火)

☆朝の声かけ(片島小)
☆苅田町男女共同参画審議会

○町長のひとこと
朝の声かけ(片島小).JPG
今朝は、片島小学校での朝の声かけです。片島小学校は集団登校で、全校児童数が少ないので、4集団が登校したら基本的に終わりです。今日は運動会が終わって最初の登校日です。疲れもすっかり取れたことでしょうから、スポーツの秋から勉学の秋へと気持ちをしっかり切り替えて、今日からまた勉強に取り組んでほしいと思います。

それにしても片島小の周りは秋満載です。稲刈りが終わった田んぼの畦道には、盛りを過ぎたとは言え、赤い彼岸花がいっぱい咲いています。校庭の木々の葉も、紅葉から落ち葉へと変わりつつあります。あちらこちらでコスモスが秋風に揺れています。四季の移り変わりを間近に感じながら暮らせるというのも、ある意味、何物にも変えがたい贅沢ですね。

午後、苅田町男女共同参画審議会が開催されました。苅田町では、男女が性別に関わりなく、個性と能力を生かすことのできる男女共同参画社会推進条例を制定し、男女共同参画の推進に取り組んでいます。

平成25年3月に策定した第2次苅田町男女共同参画行動計画は、「男女が互いに尊重しあう意識づくり」「男女が対等に参画できるまちづくり」「男女が健康で安心して暮らせる環境づくり」「男女が自立した共生の社会づくり」を基本目標としており、一人ひとりが尊重され、性別に関わりなく誰もが個性や能力を発揮できる「男女共同参画社会」の実現に努めることにしています。

今日の審議会は、本行動計画の進捗状況について審議を頂きました。

9月29日(月)

☆給食訪問(新津中)
☆障がい者施策推進協議会

○町長のひとこと
給食訪問(新津中).JPG
今日は久しぶりの給食訪問のため新津中学校に行きました。給食を共にしたのは3年4組の皆さんです。幸い、相撲の全国大会に出場すると報告に町長室に訪問をしてくれた持田君の隣の席に座らせていただき、色々話を聞かせてもらいました。持田君は本当に気は優しくて力持ちの例えどおり、いつもニコニコと温かい笑顔で接してくれます。

3年生の皆さんは、既に夏休みで部活を終え、今は来年早々の高校受験を目指して、それぞれ受験勉強に本気で取り組み始めたところです。クラスの雰囲気はとても和やかで落ち着いており、生徒一人ひとりも素直でまじめそうな子ばかりでした。これからも自分の夢に向って皆さん頑張ってくださいね。

ちなみに今日の給食のメニューは、ぶどうねじりパン、ほうれん草オムレツ、ジャガイモのカレー煮、ミックスフルーツと牛乳でした。

午後、苅田町障がい者施策推進協議会に出席しました。本協議会のご意見を伺いながら、障がい者自立支援法に基づく「第4期の障がい福祉計画」や、来年度から「障がい者長期福祉計画」を策定する予定です。

9月28日(日)

☆白川小学校運動会

○町長のひとこと
白川小学校運動会.JPG
昨日に引き続き、今日は白川小学校の運動会です。まっ青な秋空が広がり、今日も絶好の運動会日和です。周りの田もほぼ稲刈りが終わり、地域の皆様も安心して運動会に参加されていることと思います。元々町内の各小中学校では、秋は残暑が厳しいし、学習に集中したいという観点から、春に運動会を挙行するところが増えていますが、片島・白川地域は農業どころとあって、2校だけは農作業の終わったこの時期に行うことになっています。

なんと言っても地域ぐるみの運動会ですから無理はありませんね。可愛い1年生にとっては初めての運動会、たくましい6年生にとっては小学校最後の運動会、いっぱい思い出を作って欲しいと思います。

9月27日(土)

☆片島小学校運動会

○町長のひとこと
片島小学校運動会.JPG
グラウンドも秋色に覆われ、吹く風もさわやかな秋を感じる今日、片島小学校の運動会が挙行されました。全校生徒は59人と少ないため、色々な工夫をしながら運営されています。複数学年で協力しながら競争遊戯をしたり、競技を2回繰り返したりします。

勿論、生徒だけではなく、ご家族や地域の皆様の出番もしっかりと用意されており、まさに地域ぐるみの運動会といったところです。カメラマンのお父さんやお母さん方も、わが子の姿を容易に見つけることができ、安心して撮影ができます。

生徒数が多いところになると、わが子の姿を探している間に競技が終わってしまうという話をよく聞きます。生徒数が多いのも少ないのもそれぞれに一長一短ありますね。そんなことにお構いなく、生徒達は運動会を思いっきり楽しんでいるようでした。スポーツの秋を大いに満喫したようですね。

9月26日(金)

☆文化祭(苅田中)
☆都市計画審議会

○町長のひとこと
文化祭(苅田中).JPG
昨年は新津中学校の文化祭に参加させていただきましたが、今年は苅田中学校の文化祭を鑑賞させていただきました。両校共に熱心に取り組んでおり、全校生徒が楽しみにしているのがクラス対抗の合唱コンクールです。私自身合唱団を結成して20年になり毎年夏には発表会を開いているという立場から、合唱にはとても興味があります。

今年も、各学年5クラス、全校15クラスの発表を全て聞かせていただきました。「君をのせて」「空も飛べるはず」「涙をこえて」など私の好きな合唱曲も披露されて、本当に楽しく、素晴らしい合唱コンクールでした。そんな中にあって、さすがと思えるだけの歌唱力を披露してくれた3年生には本当感心しました。きっと朝早く、昼休み、放課後の時間を使って、皆で力を合わせ練習に精を出した成果だと思います。

きっと卒業してからも良い思い出となることでしょう。また、クラス対抗だけではなく、3年生による学年合唱、全校合唱と生徒たちの心が1つに結ばれていると実感させられるような場面もありました。今の中学生はと時に色々ご批判もありますが、歌っているときの一人ひとりの表情は真剣そのもので、これが本当の姿かなとチョッピリ感動しました。

午後、都市計画審議会が開かれました。都市計画は、まちづくりを進めていく上での土地利用や都市施設の計画で「町の将来の設計図」とも言えるものです。東九州自動車道や国道201号バイバス、与原土地区画整理事業等もこの都市計画に則ったものです。土地利用などに関する権限を制限するため、適正に保護する観点が必要ですので、行政の判断だけではなく審議会の皆様のご意見を頂くものですが、本日は、「拠点の区域の設定」について審議をお願いしました。

9月25日(木)

☆行橋・京都子どもと高齢者交通安全フェア2014

○町長のひとこと
交通安全フェア.JPG
自治体(1市2町)、警察、各種団体が共同で、秋の交通安全県民運動における「運動の基本」と「運動の重点」の周知を図り、また、交通事故抑止機運の高揚を図るために、行橋市のコスメイトで、「行橋・京都子どもと高齢者交通安全フェア2014」が開催されました。式典の挨拶の後、アメリカ出身の京都高校1年生の交換留学生の方が1日警察署長に委嘱されました。行橋市のこもちゃん官兵衛やみやこ町のみやっこ君、県警のふっけい君などのマスコットも参加して会場を盛り上げました。
交通安全フェア1.JPG 交通安全フェア2.JPG
その他色々な催し物が披露されましたが、地域文化サークルの発表の部で、苅田町尾倉のひょっとこ踊り同好会の皆様によるきつねやおかめ、ひょっとこといった様々なお面をつけたひょっとこ踊りが、会場の皆さんに好評を博していましたよ。

9月24日(水)

☆議会閉会

○町長のひとこと
9月2日に開会した9月定例議会も今日で閉会します。今議会に上程した議案は、賛否両方の意見に分かれましたが、最終的には、全議案が全会一致又は賛成多数でご議決をいただきました。

議会中にいただいた多くのご意見は、今後の行政運営の参考にさせていただきたいと思います。

9月23日(火)

○町長のひとこと
今日は秋分の日で、昼と夜の長さが同じといわれる日でもあり、お彼岸の中日としてご先祖様のお墓参りをする日でもあります。たまに、ご先祖様のお墓にお参りをして、花や果物等をお供えし、手を合わせ、あれこれと報告するのも心の安らぎとなりますね。

最近ではいつでもどこにいてもお墓参りができるということから、インターネットによるお墓参りもあるそうですね。世の中、IT時代とは言え、やはり私にはネットによるお墓参りはなじめそうもありません。ご先祖様を敬う気持ちがあれば、形にとらわれる必要はないとは分ってはいるのですが・・・。

昔は必ずといっていいほど、お彼岸の中日には手作りのぼた餅(おはぎ)を作り、仏様にお供えしたものですが、今は既製のぼた餅でさえもお供えするご家庭が減ってきたのではないでしょうか。また、若い人たちの間では、ケーキやクッキーを食べることはあっても、ぼた餅を食べるという食習慣すら消えつつあるのかもしれませんね。

実は私も、生来、甘いものは余り得意ではないのと、血糖値を気にして(親の遺伝子を受け継いでいることを気にかけ)あまり食べません。でも、かつて、母が作ってくれたぼた餅のことを懐かしく思い出します。

9月22日(月)

☆セーフティステーション

○町長のひとこと
セーフティステーション.jpg
秋の交通安全運動に合わせ、今年も役場前で、関係者の皆様とドライバーの皆様に、事故のないよう交通ルールを守って安全運転をしてくださるように、グッズやチラシを配りながら呼びかけました。

苅田町では、最近、自転車に乗っていた1年生のお子さんが車とぶつかり、お亡くなりになるという痛ましい事故が発生しました。事故の被害者は相変わらずお子さんとご高齢の方が多いそうです。車に乗る人も乗らない人も、共にルールを守って安心安全な通行を心掛けていただきたいと思います。

9月21日(日)

○町長のひとこと
実は、私はソフトバンクホークスの大ファンなのですが、最近のホークスの試合振りにはいらいらさせられています。マジック点灯目前となったところで、全く勝利することができなくなりました。

それどころか、2位のオリックスにマジックを点灯され、優勝をさらっていかれそうな深刻な状態に陥っています。毎週末、野球放送を楽しみにしているのですが、最近は楽しみどころかストレスになっています(私のストレス解消法の一つだったはずなのに)。一体どうしてしまったのでしょうね。

優勝へのプレッシャーからではないかという方もいらっしゃるようですが、多くのホークスファンの皆様もきっとそう思っていらっしゃることでしょう。1日も早く優勝を決めてすっきりさせて欲しいと願う毎日です。

9月20日(土)

○町長のひとこと
決算特別委員会が3日間かけて終了し、9月議会の日程も24日の閉会日を残すだけとなりました。議会が開催される月は、いつもの月よりも緊張します。なんと言っても、議会は私たち執行部のチェック機関ということで、時に大変厳しいご指摘も頂きますから。

今日は、出産して一ヵ月半を迎えた姪があれこれと必要なベビー用品をそろえたいということで、妹と付き添いを兼ねてデパートに買い物に出かけました。赤ちゃんにとっては、病院以外の初めての外出です。最近のベビー用品は多種多彩ですね。授乳用のクッションから抱っこバンド(マルチ機能付き)やベビーカーまで、昔だったら考えられないような子育て応援グッズが揃っています。

かつては、ほとんどおんぶひも1つで子どもを育てていたようですが、本当に子育てしやすいように工夫されています。しかも、今の若いお父さん、お母さんは賢く子育てグッズを活用するようで、私の姪なども、短期間しか使用しないものを購入するのはもったいないし、使用しなくなったら狭い部屋にしまう場所もないことから、ベッドやメリーゴーランドまでレンタルで済ませています。

中には、子育てについてはインターネットで情報を入手できることから、親の言うことには耳を貸さないと、娘さんのことをこぼしているお母さんもいらっしゃいます。ここでも、便利になったのか家族の絆が失われつつあるのか、ちょっと首を傾げたくなります。先輩たちの知恵や経験に勝る子育てはないと思うのですが・・・。姪の子は、母乳をたっぷり飲んで日ごとに重くなり、今のところ病気一つせず順調に育っているようです。

9月17日(水)、9月18日(木)、9月19日(金)

☆決算特別委員会

○町長のひとこと
9月議会の日程には決算特別委員会が含まれています。全議員の中から決算特別委員会の委員に選ばれた7名の議員が、平成25年度の一般会計決算等について、款ごとに1ページずつ追って審査を重ねていきます。途中、納得のいかないところや理解できないところについては、詳しい説明を求められますので、担当課を中心に質問に答えていきます。様々なご指摘やご指導をいただきましたが、どうにか同意をいただくことができました。

9月16日(火)

☆朝の声かけ(新津中)
☆総務常任委員会
☆議員全員協議会

○町長のひとこと
朝の声かけ(新津中).JPG
今朝は新津中学校の校門前で朝の声かけをしました。いつものように校長先生はじめ先生方、PTAの保護者の皆様、地域の皆様、生徒会や部活の生徒の皆さんが大勢並んで、登校して来る生徒一人ひとりに、大きな声で「おはようございます」と一斉に声をかけます。私たちが生徒の頃には全く見られなかった光景です。

私たちの頃はわざわざこういう場を設けなくても、通学途中に出会った近所のおじさんおばさんたちが「おはよう。気をつけて行きなさいよ。」と必ず声をかけてくれたものです。朝の声かけに参加してくださる皆様には大変感謝していますが、如何に地域の絆が弱くなっているかの表れだと少し残念に思うところです。

午前は、今議会に上程した議案をそれぞれの担当委員会に付託して審議をお願いし、賛否の採決をしていただきました。総務、産業建設、厚生文教の各委員会に分かれ、各委員会5人の議員で構成されています。私は総務常任委員会に出席をしました。

午後は、議員全員協議会を開いていただき、コミュニティバスの運行と行政改革の対象項目について説明をした後ご意見を頂きました。各議員の皆様それぞれにご意見が異なり、それを調整し、ご理解・ご協力をいただけるようになるにはまだ少し時間がかかりそうです。今後とも、誠心誠意、ご納得いただけるように、説明に努めていかなければならないと思っています。

9月15日(月)

○町長のひとこと
今日は何の日か知っていますか。勿論、「敬老の日」ですが、「啓子の日」、つまり私の誕生日です。何と、ついに60台最後の年を迎えてしまいました。今日から69歳で~す。もっと言えば、来年は70歳に突入します。だれもが感じることでしょうが、いつの間にこんな年になってしまったのだろうと不思議な気がします。

確かに、体の衰えを感じることも多くなり、あちこちと痛みが始まったり、五感も鈍ってきている気がしますし。かつては簡単にできていたことがうまくできなかったりと、こんなはずではなかったと少しいらいらしたり、気落ちしたりする機会が多くなってきました。でも、気持ちの上では相変わらず昔のままの自分で、ちっとも変わっていないと思って日々暮らしていますが、年を取るごとに心と体のギャップは大きくなっていくようです。きっと体の方が正直なのでしょうね。

私は4人の兄弟姉妹なのですが、全員60歳以上となってしまいました。その結果、話す方もはっきりしゃべれないし聞く方もしっかり聞き取れない場面が多くなり、聞き返すこと度々で、1度で会話が成立しなくなったというのが最近の兄弟姉妹の間に起こっている現象です。いよいよ我が家も高齢家族の始まりでしょうかね。

なんだか少し淋しいお話になってしまいましたが、今日は、家族を始め親しい方々が集まり、夕飯にはご馳走がならび、最後はバースデーケーキで締めくくるというとてもハッピーな1日でした。誕生日を祝ってくださった皆さん、ありがとうございます!69歳といえども、私はまだまだ現役です。明日からまた改めて新しい1年に挑戦し、苅田町の発展と町民の皆様の幸せのために、皆さんと共に頑張ります。

9月14日(日)

☆小波瀬区敬老会
☆今古賀区敬老会

○町長のひとこと
敬老会.JPG
いよいよ敬老会シーズン到来です。明日の敬老の日を前に、今日は小波瀬区と今古賀区の敬老会にお招きをいただきました。世界の平均寿命は70歳ですが、日本の男女平均寿命は84歳となっています。中でも、日本の女性の平均寿命は86.61歳で世界1位、男性は80.21歳で世界4位となっています。ついに男女共に80歳を超える時代になったわけですね。

ところで苅田町の高齢者の状況は、総人口36,135人(8月末現在)中、65歳以上が8,069人で22.3パーセント、90歳以上は409人で1.1パーセント(100人に1人は90歳以上)、100歳以上は21人で0.1パーセント、男性6人、女性15人)となっています。町内最高齢は110歳のお誕生日を迎えられるという方です。となると、私もうまくいけば後40年は生きるられる可能性があるということですよね。一体何をして過ごそうかしらなんて考えすぎ?

9月13日(土)

☆京築地区老人クラブ連合会囲碁大会
☆陶芸作品展

○町長のひとこと
今日は、三原文化会館において京築地区老人クラブ連合会囲碁大会が開かれました。老人クラブ連合会の皆様には、日頃より地域の高齢者福祉の向上を目指して活動を続けておられますが、本日は囲碁大会を通して、京築地域の皆様と相互に親睦を図られるということで、大変有意義なことだと思います。

囲碁は、白と黒の碁石で囲った面積の広さを競い合う一見とてもシンプルな競技に見えますが、実は碁盤の上には非常に奥深い無限の世界が広がるといわれます。勿論、頭脳の訓練にも大いに効果があり、囲碁に取り組む人口も少なくありません。

私も父が存命の頃、囲碁の好きな父の相手をしてあげたいと基礎的な知識を身につけようと、少し囲碁教室に通ったこともありました。父が亡くなった今は、何か取り組めるものをと考えまた始めようかなとも思っています。今日は、皆さん、日頃の練習の成果を充分に発揮され、好成績を目指していただきたいと思いますが、同時に、交流の方もしっかりと深めていただければ幸いです。

その後、知り合いの住民の方が図書館でご夫妻で取り組んできた陶芸の作品展を見に行きました、様々な技法を用いて種々の作品を制作し展示をされていましたが、とても素人とは思えない見事な出来栄えで感心しました。

「夫婦展」と題して、それぞれに特徴ある作品の展示となっていましたが、ご夫妻で同じ趣味を持ち、展示会を開催できるまでにこぎつけるなんて、ご夫妻としても立派ですよね。

9月10日(水)9月11日(木)9月11日(木)

☆一般質問
今議会では、16名の議員のうち13名の議員さんから質問を頂いただきました。現在、苅田町では厳しい財政状況となっており、行政改革に取り組んでいるところですが、その現状を踏まえて、多くの議員から今後の財政運営についての質問がなされました。

その他、自治体の大事な責務である安心安全のまちづくり、災害対策や小波瀬西工大前駅周辺整備計画等についても質問をいただきました。詳細については、インターネットや議会報をご覧になっていただければと思います。

9月9日(火)

☆朝の声かけ(与原小)
☆イルミネーション事業実行委員会

○町長のひとこと
朝の声かけ(与原小).JPG
2学期が始まり、子ども達が学校に通うようになり、私の朝の声かけも再開です。与原小学校の校門前では、子ども達が元気に「おはようございます」と挨拶を交わしながら、教室に向っていきます。子ども達は一体どんな夏休みを過ごしたのでしょうかね。

かつては、2学期はスポーツの秋にちなんで運動会の季節で、今頃は猛練習に明け暮れている時期ですが、最近は運動会が春の行事となってしまい、秋は専ら、勉学の秋、文化・芸術の秋となっています。各学校では、日頃の学習の成果を披露する研究発表会や文化祭が花盛りです。

午後は、イルミネーション事業実行委員会が開かれました。苅田工業高校創立50周年を機に始まったイルミネーション事業ですが、今年で3回目となります。昨年も苅田駅前イルミネーション事業は、中心市街地の賑わいを創出すると共に、町の観光振興を促進することを目的として、産・学・官・民の皆様のご協力で素晴らしい事業を展開することができました。今年も、多くの皆様の期待に応えられるように、苅田町の冬の風物詩の1つとして取り組んでいただければと願っています。

9月8日(月)

☆福岡市堤自治会来町

○町長のひとこと
福岡市堤自治会来町.JPG
午後、福岡市南区の堤自治会の皆様が、男女共同参画の研修に苅田町を訪れてくださいました。町長就任以来、福岡市からはよく研修に来られます。福岡市内には、男女共同参画の分野で様々な形でご活躍されている皆様や市には女性センター「アミカス」をはじめ色々な施設もあります。

私も若い頃、福岡市で活躍している先輩や同輩の皆さんの仲間に入れていただき、勉強させていただいたことを思い出します。「アミカス」にもずいぶん通いました。あの頃は見るもの聞くもの全てが新鮮で、男女共同参画に対する知識や意識、精神を培うことができた時代だと思いますし、ある意味、今の私の基礎を築いたとも言えます。

福岡市で育ててもらった私が、こんな形で恩返しができるようになるなんて感慨深いものがあります。中身は何であれ、こうして他市町村からのお客様をお迎えできることはありがたいものです。今日も、パンジープラザ内のレストラン「夢の木」で昼食をされたそうですよ。良かったですね。

ところで、「中秋の名月」「十六夜」「立待月」「居待月」「寝待月」、そして昨日知ったのは、「更待月」というのに繋がるそうです。今週はお天気が良くて全部見られるそうですよ。

9月7日(日)

○町長のひとこと
このところ微熱が続き、体調が少し心配されていた弟ですが、やっと少し落ち着いてきました。これまで朝、昼、晩と胃ろうで栄養を補っていたのですが、昼食だけは経口に戻ることができました。体調を崩す前は、昼食と夕食の2回は経口でしたから、その状態に1日も早く戻ることを期待していますが・・・。

胃ろう状態の時は、1日のうちいつでも病院に行ける時間を見つけて面会に行っていましたが、食事ができるとなれば、食事時間に行って自分の手で食事介護をしたいと思い、昼食時に病院に出かけました。なんと言っても、人間は口から食べ物をとることが1番の元気の源だと思いますので、こうして1日1回でも食べられるようになったことを嬉しく思っています。

目が見えず、口が利けず、手足の不自由な弟ですが、いつかまた、「お姉さん」と呼んでくれる日を心で願いながら、できるだけ時間を見つけて弟に会いに行くのが楽しみでもあり、なんだかそのことによって私自身が慰められているような気がします。きっと私と同じような思いをしながら、ご家族の介護をされている皆様が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。お互い希望を持って頑張りましょうね。

9月6日(土)

○町長のひとこと
やっと天気が回復しそうです。今日は青空も戻ってきました。しかし、国内では、思わぬ豪雨があちこちで大災害をもたらしています。災害はいつ、どこで、どのような形で発生するかはだれにも予測がつかないとはよく言われることですが、全くその通りですね。

広島、北海道、関東とほぼ日本全域に亘って、毎日のように大雨情報がもたらされ、そのたびに尊い人命をも巻き込んだ大災害が発生しています。思うようにはかどらぬ復旧に関係者の皆様のご心痛を思うと、言葉もありません。

この間、短時間の雨量が尋常でないという報道を、何度耳にしたことでしょう。これ程までに被害が広がると、温暖化のせいで世界の気候変動がおかしくなっているというだけでは済まされません。それをとめたり防いだりすることは無理でも、どうにかして災害から身を守る方法だけは、今後真剣に考えていかなければならない時が来たようです。

幸い、苅田町では今のところそれほどの大災害にはなっていませんが、今のうちに豪雨その他の大災害に万全な対処できるように、自助、共助、公助の体制を作り上げていかなければならないと、大雨による災害報道を聞くたびに身の引き締まる思いがします。

9月5日(金)

☆新100歳訪問

○町長のひとこと
新100歳訪問.JPG
今日は、今年度内に100歳のお誕生日を迎えられる皆様のところに、長寿のお祝いのため訪問させていただきました。今年は、8名(男性1名、女性7名)の方が対象でしたが、現在、1名の方がご自宅で、7名の方は施設で毎日をお過ごしとのことです。皆様とてもお元気で、好き嫌いなく何でも食べますと話してくださいました。

中でも、山口区に住まいの男性の方は、お母さんが107歳まで生きたので自分もそれが当面の目標ですと闊達に語られ、”この頃はなかなか親の言うことを聞く子供が少ないけれども、親の言うことを聞いて暮らせばまず間違いはないよ”と人生訓まで頂きました。

新100歳の皆様には、苅田町からは長寿お祝い金とお花、その外に内閣総理大臣と福岡県知事のお祝い状、苅田町社会福祉協議会からもお祝いの品が手渡されました。内閣総理大臣のお祝い状には、記念の銀杯も添えられていましたよ。改めて新100歳を迎えられた皆様おめでとうございます。これからも益々お元気で、更なるご長寿を目指してください!!

9月4日(木)

☆議案質疑

○町長のひとこと
議会開会日に上程し、議案主旨の説明をさせていただいた議案21件と報告事項4件について、議員の皆様より質問を頂きました。提出議案の賛否の議決については、閉会日の24日に行われます。

9月3日(水)

☆苅田町健康づくり推進協議会

○町長のひとこと
苅田町健康づくり推進協議会は、町長が会長を務め、
1)町民の生涯を通じる健康づくりのための企画、立案及び調整に関すること
2)健康づくりのために町が行う保健事業の推進に関すること
3)健康づくりのための啓発に関することその他、健康づくりに関すること
について協議し、その実践に努めるための協議会です。

協議会委員の皆様には、医師会や歯科医師会、薬剤師会、保健福祉環境事務所等の外、住民代表の皆様にも就任して頂いています。組織的な努力を通じて、苅田町民の身体的、精神的及び社会的な健康づくり運動の推進に努めてまいりたいと思います。

9月2日(火)

☆議会開会
☆バス利用促進街頭啓発

○町長のひとこと
今日から9月議会定例会が開会します。開会日の今日は、まず、6月議会定例会以降の町政報告並びに行事報告をさせていただき、その後、今回上程している議案47号から67号まで21件の議案について、提案主旨の説明をさせていただきました。

夕方は、サンリブ苅田店の前で、バス利用促進街頭啓発を行いました。店舗に出入りする買い物客の皆様に啓発物品を手渡しながら、公共機関であるバスの利用をと呼びかけました。

特に、車の運転が困難な高齢者をはじめとする交通弱者の皆様にとっては、外出時のコミュニティバスはなくてはならないものです。バスの継続的・安定的運行のためにも、コミュニティバスを利用していただければと思います。マイカーで移動するのとはまた少し違った風景や他人との交流も結構楽しいものだと思います。

9月1日(月)

☆辞令交付

○町長のひとこと
すっきりしなかった今年の夏ですが、今日から夏休みも終わり、子ども達は学校が始まります。きっと、この夏休みは、例年のように、海や山に出かける機会が少なく、不完全燃焼のまま夏休みが終わったという感じではないでしょうか。

北部九州では、8月は猛暑日や真夏日と呼ばれる日中の気温が30度を超える日さえなかったということですから、かなり涼しい夏だったといえるのかもしれません。それにしても、連日、雨か曇り模様のじめじめしたはっきりしないお天気続きでしたね。1日も早い、青空が広がる爽やかな秋の訪れを待ちたいものです。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.