福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > 町政について > ようこそ町長室 > 町長ブログ > 平成26年町長ブログ > 平成26年7月分町長ブログ

平成26年7月分町長ブログ

7月31日(木)

☆区長連合会との意見交換会

○町長のひとこと
今日は、区長連合会の皆様との意見交換会がありました。町内には48区ありますが、全区長さんではなく、各校区代表の区長さん達です。あらかじめ各区の区長さんから地域の要望を集め、事前に役場に提出されていますので、その要望事項に対し各担当課からお答えをさせていただきました。

苅田小学校区からは、苅田駅周辺整備について等、南原小学校区からは、防災無線の整備について等、与原小学校区からは、小波瀬・西工大前駅周辺整備について等、片島小学校区からは、201号バイパス沿線の防音壁設置について等、白川小学校区からは、等覚寺青龍窟間の道路について等が要望されました。その後、他の案件についても意見交換がなされました。

私は、区長連合会の皆様とこういった地域の要望事項だけではなく、まちづくりのパートナーとして、広く地域の絆づくりや安心安全の防災対策等諸課題について、ともに意見を交わし協議を重ね、解決をしながら真に住みよい協働のまちづくりを進めたいと思っています。

これからはなんと言っても地域の時代です。自主的に活動して地域を活性化させていただき、行政としては、それをいかに支援していくかが大きな役割りだと考えています。地域が変われば、当然のことながら町が変わると信じています。

7月30日(水)

☆苅田商工会議所議員総会

○町長のひとこと
夕方、苅田商工会議所議員総会に出席しました。苅田商工会議所は、昭和23年の設立以来、苅田町発展の原動力として、産業振興などに取り組んでこられました。これからも、産業基盤の強化や地域経済を支える商工業者の育成等、直接商工業の振興に関連したことばかりでなく、行政への施策の提言や街づくり事業等、産業と地域社会の調和ある発展を目指す商工会議所の役割りは益々重要になってくると思われますので、会員の皆様のご活躍に大いに期待をしたいと思います。

その後、西部公民館を中心に行われる夜間パトロールに参加予定でしたが、突然の雷雨に見舞われそうなので、今夜は中止となってしまいました。

代わりに、日頃の運動不足を解消するため、町民温水プール「スイミー」に行きました。右足かかとの骨折以来、足腰、ひざ等どこかが痛くなりがちです。周りからは是非プールで水中歩行をと進められていたのですが、何分にもこの体型、水着姿になる自信がなくて躊躇していましたが、ジャッジスタイルの水着を見つけ、これなら少しは耐えられるかなと、意を決して、今月から時間があるときに、それも利用者が少なくなる6時以降にプールに通い始めました。

全く泳げない私としてはひたすら歩行専用プールで1時間ばかり歩き回っています。水中では浮力があるせいか、結構体が軽く感じられ、少々動き回っても負担感がありませんが、水から上がった途端にずんと体が重くなり、思わずよろけそうになりました。それほど水中では楽に体を動かすことができるということですね。ご高齢の方や障がい者の方と時折り一緒になりますが、彼らも水中では運動不足を解消できるわけですから、適度のリハビリにもなりますし、大いに利用して健康維持に努めて欲しいと思います。

いつもは運動不足を解消しようと1日1万歩を目指して歩くように努めていますが、かえって無理をして足腰を痛める結果ともなりかねません。それに、この時期ちょっと歩いただけでも汗びっしょりになるのですが、水中ではいくら歩いても汗をかくこともなく、軽々と運動できるわけですから、この際、プール通いをすることにしました。是非皆さんも試してみてはいかがでしょうか。お化粧を落とし素顔になり、メガネもはずしていますのでなかなか見分けられないかもしれませんが、もしお気づきの方がいらっしゃいましたら遠慮なく声をかけてくださいね。
小ラン手術.jpg
ところで、夕方帰宅すると小ランちゃんが病院から帰っていました。思いのほか元気で、私の足音を聞きつけ喜び勇んで出迎えてくれました。しばらく私の周りを飛んだりはねたりして付きまとっていましたが、術後の傷口をなめることのないように、首にラッパの形に似たわっかがはまっているので、とても不自由そうで見ているのが辛いです。

夜、ソファに座ってテレビを見ていると、いつのまにか横に来てグッスリと寝ていました。きっと安心したのでしょうね。それにしても医学の進歩は獣医さんの分野でも確実に進んでいるようです。ランちゃんのときに比べると、首周りのわっかも数段ファッショナブルになっていますし、縫合したあとの抜糸もしなくてよいとのこと。驚きです。

7月29日(火)

☆道路整備促進期成同盟会福岡県地方連絡協議会総会
☆福岡県道路協会通常総会

○町長のひとこと
道全協福岡県地方連絡協議会総会.jpg
今日は1日、福岡県の道路に関する会議に出席しました。午前中は、道路整備促進期成同盟会福岡県地方連絡協議会総会で、本会の目的は、県内の道路整備を強力に進めるため、道路整備予算の確保及び拡大等について積極的に活動を行うことです。午後は、福岡県道路協会通常総会で、こちらは、県内道路の整備改善を促進し併せて道路における交通環境の改善と道路愛護精神の高揚を図ることを目的としています。

前者は、道路整備の調査研究に関する事業や道路整備の必要性の啓発宣伝並びに関係機関に対する請願、陳情に関する事業、道路に関する各種団体との連絡調整に関する事業等を行い、後者は道路の建設、改良及び整備に関する企画、調査及び研究や道路の建設、改良、整備事業の促進運動、市、町村並びにその他道路に関する道路整備促進会や促進期成会等の事業に対してはその実現を図るため積極的に検討し協力する関係諸官庁その他に対する請願建議、交通安全と道路愛護行事の開催並びに協力及びこれに対する篤行者優秀作業員の表彰、講演会及び講習会等の事業を行うことになっています。

何となく似ているようで異なる2つの会です。ちなみに、私は、道路整備促進期成同盟会全国協議会の理事を務めています。

7月28日(月)

☆全日本美容技術選手権大会出場報告
☆京築広域市長村圏事務組合議会定例会

○町長のひとこと
全日本美容技術選手権大会出場報告.jpg
全国大会出場の報告に訪れてくれる皆様の多くはスポーツ関係ですが、今日は変わった競技で全国大会に出場を果たした方が町長室を訪れてくれました。宮木朗雄(あきお)さんは我が家の近くの理美容室「エムズヘアースタジオ」で店長をなさっています。今月福岡市で行われた福岡県美容技術選手権大会のクリエイティブ・ファッションの部で優勝し、10月21日に大阪市中央体育館で開催される、第42回全日本美容技術選手権大会に出場が決まったそうです。

県大会に出品した作品のモデルウィッグを手に現れたときは、これがヘアスタイルなのとその余りの美しさに驚きました。ブルーやピンクといったきれいなカラーを施されたヘアーが、まるでばらの花びらが幾重にも重なって1つの大輪の花を形作っているようで、どの方向から見ても素晴らしく、本当に見事な作品でした。1つ1つの作業を重ねながら丁寧にこのヘアスタイルを完成させるのには何日もかかったそうです。

全国大会当日は、25分間でイメージどおりのヘアスタイルをブローでセットし完成させないといけないということで、前準備が大変だそうです。今でも毎日ヘアスタイルの研究や試作に余念がなく、睡眠時間を削っての日々だそうです。全国大会で3位以内に入賞すれば、世界大会も夢ではないとのこと、是非頑張っていただきたいですね。それにしても我が家の近くにこんな素晴らしい理美容師さんがいらしたなんて、驚きです。

午後からは、京築広域市町村圏事務組合議会定例会の出席のため豊前市役所に行きました。組合長が行橋市長と豊前市長の任期4年の交代制となっていますので、事務局も議場もそれに応じて変わります。今議会では、前任の議長が退任されたので、新しい議長の選出を行いました。

ところで、今日から2泊3日の予定で、我が家の2代目愛犬「小ランちゃん」が手術を受けました。夕方帰宅すると、車の音を聞きつけて、裏口の引き戸を自分で開けて、ものすごい勢いで尻尾をパタパタと振りながら迎えに出てきてくれていたのに、今日は姿が見えなくてやはり淋しいです。なんと言っても家族ですから。術後の痛さを我慢しながら、見知らぬところで心細く思っているのではないかと心配です。小ランちゃん頑張れ!!

7月27日(日)

○町長のひとこと
今日は、朝方雨が少し降ったせいか、気温が下がりしのぎやすい1日になったようです。湿度の方も60パーセント台から50パーセント台と10パーセント近く下がり、そのせいでしのぎやすかったのかもしれませんね。なんと言っても、蒸し暑いのが1番応えますものね。家の中の湿度が50パーセント台になったのは久しぶりではないでしょうか。お蔭で、今日は1日、本当によく仕事がはかどりました。掃除や洗濯はもとより衣類や寝具の片づけから庭の手入れまで、思わず働いたような気がします。その点では、とても有意義な休日だったといえると思います。

ところで、我が家の2代目愛犬「小ランちゃん」も生後間もなく半年となり、明日は避妊手術を受けることになりました。無邪気に家の中を走り回って、相変わらずお茶目振りを発揮している彼女を見ると、何だか可愛そうな気がしないでもありませんが・・・。今夜は、9時以降は絶食で飲んだり食べたりできません。水分補給もできませんので、せめて今夜だけはと暑くないように夕方居間にエアコンを入れました。明日に備えてグッスリと寝かせてあげたいと思います。もっとも夜間はエアコンを止めますが。
小ランちゃん.gif
「小ランちゃん」は面白いことに氷が大好きです。冷蔵庫から氷を取り出す音がすると急いで駆け寄ってきます。器に1つ入れてあげると、最初は器の中ですべる氷を手(?)でしっかりと抑えてぺろぺろなめていますが、そのうちカリカリと噛み砕いてしまいます。とにかく元気そのものです。皆さん、麦藁帽子をかぶったランちゃんが、我が家の庭のむくげの花の中に納まっている可愛らしい写真を見てくださ~い。まさに飼い主馬鹿といったところでしょうか。

7月26日(土)

☆夏まつりin新津

○町長のひとこと
午後、国会議員で防衛副大臣をされている武田良太先生のご母堂様のお葬儀に参列しました。安倍総理大臣はじめ多くの国会議員の先生方並びに地方自治体の首長や議長の皆様、更には各界の著名人など、参列者は大変な数となっていました。また、生花や弔電の類は数え切れないほどで、会場は厳かな雰囲気の中にも華やかさが漂っていました。

とりわけ目を引いたのは、現職の防衛副大臣とあって、防衛大臣外制服姿の一団の自衛隊関係者でした。ご存知のように、我が家も寺なので、お葬儀は見慣れていますが、本日のお葬儀は天台宗の作法に則って行われ、我が家の宗派である曹洞宗(禅宗、本山は永平寺)や、浄土真宗、浄土宗、日蓮宗とは少し異なり、初めて経験しました。
夏まつり in 新津.JPG
夕方、「夏まつりin新津」に参加しました。主として与原小学校区を対象とした地域のイベントですが、今年で5回目を迎え、年々盛大になり賑わいが増していくようです。地元の皆さんがそれぞれ工夫を凝らした出店やステージでのパフォーマンス、お楽しみ抽選会等盛りだくさんの内容で、地域の皆さんの頑張りが伝わってきました。圧巻は、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」の曲に合わせて、ステージ上だけでなく会場内の皆様が全員といっていいくらい、子どもから大人まで踊りだしたときです。これぞ現代版盆踊りといった光景でしたよ。関係者の皆様のご尽力に敬意を表します。

7月25日(金)

☆海の記念日行事

○町長のひとこと
海の記念日行事.JPG
国の重要港湾に指定されている苅田港を擁している苅田町では、毎年海の記念日に合わせて、記念式典を行います。今日も、先ず、式典に先立ち、善立寺において海事物故者の慰霊祭を、その後、港金刀比羅宮において、船舶航行安全祈願祭を執り行いました。また、式典では、職場でその任務を全うされ、海事事業の発展に多大なご貢献を頂いた方の表彰も行いました。

海とともに歩んできた歴史を持つ町であり、国際貿易港「苅田港」を中心に発展してきた港湾産業都市である苅田町としては、改めて海に感謝し、これからも豊かな港湾を守り育てるために、国や県のお力をお借りしながら、港湾行政に務めていかなければならないと思います。

7月24日(木)

☆片島小学校4年井上裕得(ゆうと)君水泳全国大会出場報告
☆国民健康保険運営協議会

○町長のひとこと
片島小学校4年生 井上ゆうと君.jpg
またまたスポーツの町苅田町をアピールしてくれる、可愛らしい選手が町長室を訪れてくれました。4歳のときから、プリオスポーツクラブ北九州空港店で水泳を始め、昨年の夏から選手コースで練習をしている片島小学校4年生の井上裕得(ゆうと)君9歳です。裕得君は、7月6日に開催されたジュニアオリンピック全国大会予選会で、50m自由形9歳以下の部で31秒16の好記録を出して1位となりました。また、この結果、ジュニアオリンピック全国大会出場のための標準記録も突破したことで、この度、第37回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会に出場が決まったそうです。

裕得君は出席率No.1の頑張り屋さんで、いつも真剣に練習に励んでいるそうです。ちなみに、裕得君のご家族は水泳一家で、現在一緒に練習している小6のお姉ちゃんも、九州大会で優勝の経験を持ち、お母さんもかつては水泳選手だったという経歴をもっていらっしゃるとか。とにかくこれで、2020年の東京オリンピックを楽しみに待つ理由がまた1つ増えたようです。それに、町民プールがある町としては、素晴らしいスイマーが現れることが何よりの喜びですよね。

午後、国民健康保険運営協議会が開かれましたが、皆様もご存知の通り、国保を取り巻く環境は依然として厳しく、まだ明確な方針は決まってないとはいえ、現在、国では、国保の保険者を、市町村から都道府県に移すということで、改正が進められているようです。苅田町の国保会計についても、平成25年度は、約7千万円の赤字決算という厳しい状況になっているところです。国保運営を今後よりよい方向に進めるためにどうすればよいか、真剣な議論をし、貴重なご提言をお願いしたいと思います。

7月23日(水)

☆市町村長特別セミナー

○町長のひとこと
朝、歩いていつものように登庁しながら、今日はいつもとは何か様子が違うと思っていたのですが、その原因が分りました。小中学校が夏休みに入り、子どもたちが登校していないのですね。普段は、子どもたちが互いにおしゃべりをしながら、時には「町長さん!」と私にも話しかけてくれ、賑やかだった朝のこの通りが、ほとんど誰も通っていなくて、余りにも静か過ぎたのです。「アー、夏休みになったんだ~。」と改めて認識しました。と同時に、正直なところ、少しうらやましくもあります。

午後、県内市町村長特別セミナーを受講するため、大野城市にある県市町村職員研修所に行きました。政策課題研究<四王寺塾>の定住対策のための子育て支援や教育環境の報告があり、その後日本銀行福岡支店長市川能英氏による、「消費税改定後に見る地域経済について」と株式会社筑水キャニコム代表取締役会長包行(かねゆき)均氏による「ものづくりは演歌だ~義理と人情で超一流のグローバル中小企業を目指す~」と題した2つの講演を聞きました。

前者では、今後の九州経済の景気予想に関心を持ちましたし、後者ではそのユニークな人材育成や、会社経営にとても感心させられました。機会があれば、苅田町の中小企業の経営者の皆様にも聞いていただきたいと思いました。

7月22日(火)

☆行橋・京都サミット

○町長のひとこと
今日は、3ヶ月に1度の行橋・京都サミットが行橋警察署でありました。

平成26年6月末の行橋警察署管内の犯罪発生状況ですが、
暴力団関係では、暴力団組員の覚醒剤使用事件その他で暴力団関係者23件17名を検挙、
犯罪抑止関係では、刑法犯認知件数690件(前年比-58件)、うち性犯罪7件(前年比+2件)、住宅対象侵入盗(空き巣・忍び込み・居空き)62件(前年比+14件)、乗り物盗(オートバイ盗・自転車等盗・自動車盗)143件(前年比-59件)、
交通事故関係では、人身交通事故523件(飲酒運転に起因するもの3件、前年比-58件)、死亡者2件(前年比-2件)、傷者741件(飲酒運転に起因するもの7件、前年比-93件)となっています。

行橋警察署としては、暴力団に対する職務質問の強化や、暴力団排除活動の推進、警察の総合力を発揮した保護対象の警戒活動、性犯罪及び住宅対象侵入盗発生抑止のため「無じまり住宅ゼロ作戦」を推進、青パトによる防犯パトロール、飲酒運転撲滅対策、「ほのぼのゆずりあいパイロット地区」指定による交通事故抑止等の取組みを進めているそうです。

7月21日(月)

☆潮田玲子さんメモリアルコーナー除幕式

○町長のひとこと
潮田玲子さんメモリアルコーナー除幕式.jpg
この度苅田町では、世界の強豪を相手に熱意溢れるプレーで町民に明るい話題を提供するとともに、スポーツに関心を持っている多くの青少年に夢と希望を与えてくださった潮田さんの功績を広く知っていただくため、北京・ロンドンオリンピックや日本選手権の試合出場時に着用されたブレザー、ユニフォーム、写真、入賞記念のメダルやトロフィーなど、潮田さんにとっては一生の宝物とも言える大変貴重な品々を、メモリアルコーナーとして総合体育館に展示させていただくことになりました。

本日はそのメモリアルコーナーのオープニングセレモニーとして、潮田さんご本人をお迎えして除幕式を執り行いました。彼女は現役を引退後、タレントとしてテレビ等でご活躍されている場面を皆さんもよく目にされるのではないでしょうか。今日は、お母様、お婆様とともに体育館においでくださり、多くのファンの皆様と握手をしたり、記念撮影をしたりと、いつもと変わらぬ爽やかで親しみのある態度で接していらっしゃいましたよ。

今回の展示を機に、苅田町が潮田さんやサッカー大久保選手が活躍するスポーツ振興の町として、更に発展することを期待しています。また、潮田さんの今後のご活躍とお幸せもお祈りしたいと思います。皆様も、一度、総合体育館のメモリアルコーナーを訪れてくださいね。きっと感動しますよ。

7月20日(日)

☆京都郡野球・ソフトボール大会

○町長のひとこと
どうやら梅雨も明けたようで、朝から強い日差しが降り注いでいます。暑さはこれからが本番といったところでしょうか。そうは言っても、お盆を過ぎると途端に吹く風や周りの雰囲気も急に秋めいてきますので、これから約1ヶ月間が暑さのピークです。皆様、しっかり食べて、しっかり寝て、しっかり水分補給をしながら、疲れを溜めないように休養して、この夏を乗り切ってくださいね。

今日は、町の総合グラウンドで、京都郡の野球並びにソフトボールの郡大会が開催されました。各町で予選に勝ち残った4組が優勝を目指して頑張ります。ソフトボールの部は大熊公園グラウンドで行われましたが、優勝チームは他の競技同様、9月の福岡県民体育大会に出場するそうです。厳しい暑さの中での試合となりますので、事故や怪我、熱中症等に気をつけられながら、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮して悔いのない試合をしてくださるように応援しています。

7月18日(金)、19日(土)             

☆東九州自動車道建設促進地方大会

○町長のひとこと
東九州自動車道建設促進地方大会.JPG
鹿児島県の志布志市文化会館で、東九州自動車道建設促進地方大会が開催されました。大会の中で、沿線住民代表の意見発表が行われることになっており、福岡県を代表して、苅田町から創設したばかりの苅田町観光協会会長の野中眞治氏が意見発表をすることになりました。そのため、応援を兼ねて県から要請があり、私と関係課の職員が野中氏に同行しました。

13時からの式典でしたが、第1部では国土交通省九州地方整備局の喜安和秀道路局長が基調講演を行い、その後、第2部では鹿児島県知事伊藤祐一郎氏が開会挨拶、東九州自動車道建設促進協議会会長の大分県知事広瀬勝貞氏と東九州軸推進機構会長・九州経済連合会会長麻生泰(ゆたか)氏が主催者挨拶、来賓祝辞、小川洋福岡県知事はじめ各県知事や市長のアピール、続いて沿線住民代表の意見発表がありました。

野中氏は、陸・海・空の結節都市として産業が発展している苅田町にとっての東九州自動車道の1日も早い完成の必要性、さらにはそれを生かした観光振興への期待等について意見を述べ、会場からたくさんの拍手を頂いていました。最後は、それを受けての国会議員のコメント、大会決議、頑張ろう三唱があり、4時前に大会は滞りなく終了しました。

志布志市は、鹿児島市内からバスで2時間近く離れており、宿に着いたのは6時ごろでした。鹿児島県は既に梅雨明けをしており、南国特有の暑さで少し疲れましたが、夜は野中氏の慰労会と職員との懇親会を兼ねて、鹿児島の郷土料理を囲んで、色々な話題で話が盛り上がり、貴重な意見交換の場となりました。

翌日は、午前中、市内見物をして午後帰途に付きました。今回の行程では、行きも帰りも新幹線「さくら」を利用しましたが、北九州から、鹿児島まで、2時間足らずという短時間で移動できることに改めて感動しました。

7月17日(木)

☆「アジア太平洋子ども会議イン福岡・苅田」歓迎式典

○町長のひとこと
アジア太平洋子ども会議イン福岡・苅田.JPG
毎年この季節になると、アジア太平洋の国々の子どもたちをお迎えして、町の子ども達と交流する「アジア太平洋子ども会議イン福岡・苅田」のホームステイ事業があります。今年で11年目を迎えますが、今回は、ベトナムから子ども大使6名と引率の方1名をお招きしました。本日は、その歓迎式典があり、私も参加しました。

いつも思うことなのですが、一般的に日本以外のアジアの子ども達は、総じて英語を上手に話します。今日も、ベトナムのお子さん達は英語で自己紹介をしていました。これは、英語が話せないと将来なかなか適当な職を得ることができなくて、安定した生活を営むのが難しいという事情もあり、必然的に英語を母国語同様に話すようになるということです。

それに反して、英語を話せなくとも普通に暮らしていける日本のありがたさを再認識するわけですが、そうとばかりも言っておられません。現在のように国際社会の中で生きていくには、やはり英語を話すことは最低の必須条件です。大企業等では社内会議も英語で行うというところが増えているようです。

ところで、苅田町では、小学校1年生からALT(外国語指導助手)を導入して英語活動を行っている成果が少しずつ見られるようになりました。今回も、ホストファミリーの自己紹介をした小学生の皆さんは、しっかりと英語でお話ができていましたよ。可愛らしい太鼓の演奏で、歓迎式典を盛り上げてくださった白川保育園の皆さん、いつもご協力ありがとうございます。

7月16日(水)

☆地方港湾審議会

○町長のひとこと
今日は、県の地方港湾審議会に出席しました。審議会の委員は、委員長の九州共立大学教授小島晴幸氏を始め、国、県の港湾関係者の皆様です。今回審議する議案が、苅田港港湾計画の軽易な変更ということで、私は臨時委員として出席しました。

7月15日(火)

☆朝の声かけ(南原小)

○町長のひとこと
朝の声かけ(南原小).JPG
今日は、南原小学校の校門前で朝の声かけをしました。南原小学校に向かう途中、子どもたちと一緒になりました。当時、かなり雨が降っていたわけですが、傘を持っているのに開こうとしないお子さんがいます。きっと、面倒くさいというのがその理由だと思います。そんな中、しっかり長靴を履いて登校しているお子さんも何人かいましたよ。

プール授業が始まったせいでしょうか、水泳用品1式入った袋に、水筒、習字、絵の道具、今日のような雨降りには傘まで持たないといけませんので大変です。さらに、殿川ダムまで野外学習に出かけるとかで、虫取り網や虫かごまで。これでは両手がふさがっていてとっさの時には間に合わないのではないかと少々気になりました。とりわけ、1年生達は、荷物に振り回されながら歩いている感じです。

7月14日(月)

☆新津中空手道選手権全国大会出場報告
☆健康診査事業打合せ会議

○町長のひとこと
新津中空手道選手権 全国大会出場報告.jpg
今日も、スポーツの話題です。新津中学校の空手同好会の2、3年生の4人の女子生徒が、先日行われた県大会で準優勝し、鹿児島で開かれる九州大会と神戸で開かれる全国大会に出場が決まったと町長室に報告に来てくれました。新津中学校には空手部がないので、日頃は近くの道場に通って稽古をしているそうです。

全国大会出場となれば、教育委員会が役場正面玄関に張り出しをするのですが、最近では、次から次と所狭しとばかりに、各種大会の祝出場の張り紙を並べています。それを見ると、本当に苅田町はスポーツの町なんだなと感じられるのではないでしょうか。もちろん、連日の各紙の報道でもそれは伺えますけれど。

夜は、特定健康診査等事業に携わっていただいている医師の先生方を対象とした事業説明会に出席しました。今年度も8月から10月まで、約6千名を対象に健康診査等を予定しております。昨年度の受診率は、48パーセントという結果で若干低下しておりますが、県内3位となっております。

苅田町といたしましては、今年度も医師の先生方のご協力を仰ぎながら、更なる受診率の向上を目指したいと思いますので、健康診査の対象となる皆様、是非かかりつけの病院で受診してくださいね。今や、予防医療や早期発見早期治療が何よりも大切といわれる時代ですからね。

7月13日(日)

☆京都郡球技大会

○町長のひとこと
京都郡球技大会が苅田町で開催されました。私は、体育館での総合開会式でご挨拶をさせていただいただけですが、体育館のバレーボールを始め、ソフトテニス、卓球、バドミントンと4会場に分かれて熱戦が繰り広げられたことと思います。

残念ながら、天候のせいで、戸外のコートでのソフトテニスは中止となりましたが、本日優勝したチームは9月20日、21日に開催されることになっている福岡県県民体育大会に出場するそうです。郡代表の座を賭けて、皆さん、事故や怪我のないように頑張っていただきたいと思います。また、これを機会に皆さんお互いに交流も深めてくだされば幸いです。

その後、大分県の竹田市(荒城の月で有名)から,市長、副市長、教育長の3役と担当課の皆様が、図書館の視察にこられるというので、図書館で出迎えることにしました。

一行は、図書館を建設するに当たり色々な施設を見て廻っているとのことで、苅田町の図書館の後は、最近民間委託で活性化しているという、話題の佐賀県武雄市の図書館や伊万里市の図書館を視察する予定にしているそうです。

平成2年に建設された苅田町図書館も、開館当初は、建物のデザインや、蔵書数、買出し冊数、利用率等、何かと話題を呼びましたが、築後24年を経過した今では、建物も少し老朽化して傷みも目立つようになりました。また、運営形態も少し他の自治体の成功例を見習わなければと思っています。

それでも、現在でも、年間約50万冊を越える貸し出し冊数があるそうです。1人当たり14,5冊という計算になるのでしょうか。開館と同時に多くの方が新聞・雑誌等を手に、くつろいだ様子でこの蒸し暑い時期には、快適に過ごしやすい場所の1つかもしれませんね

7月12日(土)

○町長のひとこと
昨日に続きトマトの話で恐縮ですが、先日白川の農業者の方が用事で町長室にお見えになった際に、試作品ですといってトマトを持ってきてくださいました。段ボールのケースに立派なトマトが6個、りんご等をくるむ発泡スチロールのネットに1つ1つ丁寧に包まれて、定価5百円で売られているそうです。

何を試作しているのかお聞きしたところ、1本のトマトの木に15段も実をつける工夫をしているとか。今のところ13段までは成功しているそうです。それにしても15段も実をつけるなんて驚異的ですよね。私なんてせいぜい5段がいいところですから。よくテレビ等で、最近流行のバイオトマトやらで、たくさんのトマトを水耕栽培している場面は見たことがありますが・・・、畑でそれを実践するのはむずかしそうですね。

でも、それくらい採取しないと、商売として成り立たないそうです。ざっと計算してみましたが、1段で約4、5個のトマトが収穫できるとして、1本のトマトの木から約6、70個、10本で6、7百個、1平方メートル当たり、何本のトマトを植えるのか分りません。

1つのトマト畑で一体いくつのトマトが取れるのか想像もできないくらいすごいですね。しかし、それくらい農業で生活していくということは、大変厳しいのだなと改めて感じました。その間、台風をはじめとする気象状況、病虫害等自然界との戦いもあるわけですから、感謝しながら野菜を食べなければとつくづく思いました。

7月11日(金)

☆朝の声かけ(馬場小)

○町長のひとこと
朝の声かけ(馬場小).JPG
本来なら毎週火曜日に実施している朝の声かけですが、台風の直撃が予想されたので延期し、今日馬場小学校校門前で行いました。児童たちは、台風に備えて早々に昨日は休校となっていましたので、今日は休み明けの登校となります。

昨日は、学校だけではなく、町民プールや図書館等も休館しました。結果、何事もなくこんなことならと思ってしまいますが、日頃から台風に対する備えは万全だと思われる沖縄等でも、今回の台風は50年に1度くらいやってくる大型台風だということでしたから、直撃されていたらどうなっていたかと幸運に感謝します。

しかしながら、おかげで油木ダムの貯水率は71パーセントまで回復しました。

ところで、1昨日帰宅してみると、一時的な突風のせいで、私が丹精込めたプランター菜園のミニトマトが倒れていました。実がたわわになっていて最も収穫が期待されていたものだけに、大変ショックを受けました。後、数日もすれば、真っ赤な実がぶどうの房のようになって収穫できるところだったのにと残念この上ありません。

きっと余りにもびっしり実が付いていたので、重みに耐えかねて倒れてしまったのでしょう。朝晩愛情を注いで育てていたわけですから、辺りに散らばった数10個の実を見つめながら、思わず涙ぐみそうになりました。収穫が始まったプランター菜園は私の楽しみの一つです。

7月10日(木)

○町長のひとこと
今日は福岡県主催の企業立地セミナーが大阪で開催される予定があり、私もそれに参加してトップセールス(?)をすることになっていましたが、昨日からの台風8号の影響で、急遽中止となりました。そのため、事前に何も他の予定を入れて入れてなかったので、思わぬ時間が空き、ここのところ審議を続けている行革の続きをすることにしました。これで、庁内の全ての事業を対象に見直しをかけましたが、今後、一層の予算縮小のための見直しが必至です。

よく言われることですが、体重でも何でも増やすことは簡単ですが、減らすとなると大変でその何倍ものエネルギーが要ります。この時代、いい加減な施策や制度、予算の使い方があるはずはなく、日頃から考えに考えて計画してきているわけですから、それを見直して削減するというのは、とても厳しい作業になります。「心を鬼にして」とはまさにこの状況をさすのかもしれませんね。とにかく頑張らなければ・・・。

予想された台風18号の影響もなく、今日は穏やかな1日を迎えることができてまずはホッとしています。

7月9日(水)

☆西日本工業大学弓道部全国大会準優勝報告
☆福岡銀行会長・頭取就任披露パーティー

○町長のひとこと
西日本工業大学弓道部 準優勝報告.jpg
先日、全国大会出場の報告に来てくださった西日本工業大学の弓道部が、今日は全国大会で準優勝の報告に来てくださいました。出場52校のうち、優勝したのは法政大学で5人の選手がそれぞれ4射、計20射中19射が的中したそうです。残念ながら西工大は的中したのは14射だったそうです。もっとも決勝戦に至るまでには、18射的中という好成績もあったとか。いずれにしても、準優勝おめでとうございます。

昼は、苅田町役場の取引銀行でもあり町内企業でもある福岡銀行の会長並びに頭取の就任披露パーティーに出席しました。地銀の中では全国1を誇る業績を達成している福岡銀行だけあって、イモの子を洗うような盛況振りでした。

7月8日(火)

○町長のひとこと
昨日の雨もどうやら上がり、一息つきましたが、今後の台風8号の進路がとても気になります。当然のことながら、警戒態勢を怠ることなく、状況の把握に努めているところです。

昨日に引き続いて、今日も早朝より職員は、くらし安全課や施設建設課等を中心に、被害状況を見て回り、床上浸水をした個人宅の処理や片付け等で忙しく動き回っています。最終的な対応策は、現在接近中の台風8号が通過した後にということになりますが、2次災害を招く恐れのある箇所は、応急処置を施しています。

午前中、今日告示された添田町長選に再選を目指して出馬する、寺西候補の出陣式に出席しました。田川郡内を始め、京築や県内各地から首長や議員の皆様、団体・組織の代表の皆様が、大勢応援に駆けつけてくれていました。再度当選され、ご活躍されることを期待したいと思います。それにしても台風8号が気になります。

7月7日(月)

☆災害対策本部
☆苅田工業高校恩塚さん槍投げ全国大会出場報告

○町長のひとこと
災害策本部.JPG
昨日から降り出した雨が、止むことなく今日も降り続いています。集中豪雨というわけではありませんが、長雨で地盤も緩み、降水量もかなり増えているようです。昨日16時55分には県内全域に大雨・洪水注意報が発表されました。

苅田町では、本日10時28分に大雨警報、続いて、14時17分に洪水警報が発表されました。これを受けて、役場では災害対策本部第2配備、16時45分には第3配備(全職員対象)体制を立ち上げ、情報収集に努めるとともに、対策本部に入ってくる被害の模様を確認に職員が現場に出かけ、緊急にできる対応策を施しました。

この間、職員たちは、雨の中、土嚢を作ったり、現地に運んだりと本当に素早い対応により、大事に至ることなく助かりました。結局、19時45分に災害対策本部を解散し、関係者のみが残って警戒準備体制をしきましたが、7月8日未明4時に大雨警報が解除され、警戒準備体制も解きました。皆さん本当にお疲れ様でした。

本日の被害状況は、床上浸水3件、床下浸水6件、道路冠水12件土砂崩れ2件となっています。満潮時間と重なったこともあり、二崎区、猪熊区には一時避難勧告も出しましたが、避難された方はいませんでした。今回の一連の警戒態勢の中で、日頃から自主防災訓練が徹底していたおかげで、地域の皆様にもご協力をいただきました。心から感謝いたします。
槍投げ 全国大会出場報告.jpg
ところで、苅田町は本当にスポーツの町といっても過言ではないかもしれません。今日も、苅田工業高校2年生の恩塚由華さんが、槍投げで、全国大会(インターハイ)に出場することが決まったと報告に来てくれました。

小学校の頃から陸上競技が得意で、ソフトボール投げでは好記録を出していたそうです。今でも、男子に負けないくらい力強いキャッチボールができるそうです。次の目標は槍投げで国体選手に選ばれることだとか。現在はまだ2年生ということですから、将来の活躍が楽しみですね。

7月6日(日)

☆くすの木杯「小学生ソフトボール大会」
☆部落解放同盟京都行橋地区協議会定期大会

○町長のひとこと
今日、大熊公園で予定されていたくすの木杯「小学生ソフトボール大会」は雨のため中止となりました。この日を楽しみに待っていた子ども達にはとっては本当にお気の毒です。

しかしながら、やっと50パーセントまで達した油木ダムの貯水率にとっては、恵みの雨となりました。今のところは、しとしとと静かな降り方のようですので、突然の大雨であちこちに水が溢れ出し、被害をもたらすこともなく、ゆっくりとダムを満水にしてくれることを願っています。また、大型の台風も発生し、北上を始めましたので、今後の雨の降り降り方がとても気になるところです。
部落解放同盟京都行橋地区協議会定期大会.JPG
午前中、部落解放同盟京都行橋地区協議会定期大会に出席しました。時節柄、昨日閣議決定された集団的自衛権の話題が、各来賓からの挨拶の中でも取り沙汰されていました。確かに人権に関わる大事な問題も含まれています。どうか、しっかり議論を交わしながら慎重に取り組んでいただきたいと思います。

このところ、仕事の関係で、このブログも滞りがちです。午後、役場に出かけ、ひとり、ラジオでソフトバンク戦を聞きながら、今、書き込みに必死です。

7月5日(土)

○町長のひとこと
今日、8月の出産を控え長崎から姪(妹の娘)が帰郷してきました。実家で出産前後を過ごすということで、スイカのようなお腹を抱え、愛犬のトイプードル(名前はマロ)を連れて、短期お引越しです。8月に入ると我が家はお盆の準備で大忙しなのですが、それに加えて姪の出産とあって、我が家を手伝ってくれている妹は、何かと大変だと心配しきりです。

姪のお腹の中の赤ちゃんは既に男の子と判明していて、名前も決まっているようです。最近、出産前検査や診断について、何かと話題になっているようですが、生まれてきて無事な姿を見るまでは本当に心配ですよね。元気な子が何事もなく無事に産まれてきたときの感動は、きっと何物にも変えがたい感動なのでしょうね。

時に、わが子をいじめたり、虐待したりする話を見聞きすると、命の尊さと無事に出産できたことのありがたさと重みをしっかりと感じて欲しいと切に思います。とにかく今は、姪が予定通り、無事に元気な男の子を産んでくれることを願っています。

7月4日(金)

☆京築広域市町村圏事務組合

○町長のひとこと
京築広域市町村圏事務組合の組合長は、行橋市と豊前市の両市長が4年ごとに交互に務めることになっています。今年度から、豊前市の後藤市長が組合長となっていますので、事務局も豊前市が担当しています。

主たる議案は、今月28日に予定されている広域市町村圏事務組合議会に向けての日程や次第、議案等についての審議でした。その後、続いて、国民健康保険団体連合会京築支部理事会が開かれました。会長は同じく後藤豊前市長で、私は監事を仰せつかっており、監査報告をさせていただきました。

午後からは、現在町内にある麻生セメント(株)苅田工場の束田工場長と共に麻生将豊(まさひろ)氏が町長室を訪れてくださいました。氏は現麻生副総理の息子さんで、約70社に及ぶ麻生グループの各社を研修視察中とか。苅田工場の視察中にご挨拶を頂いたということです。こういった偉大なご一族の中で生きていかれるのは、私などにはわからないご苦労もきっとおありなのではと拝察いたします。心なしか、お声や物言いがお父上に似ていらっしゃるような気がいたしましたが・・・。

7月3日(木)

○町長のひとこと
今日は先日の行革推進のための会議を引き続き行いました。苅田町の福祉行政や教育行政、イベントのあり方等について見直すべき点があるといいましたが、特に、ゴミ行政については処理施設エコプラントの老朽化を始め、ゴミ袋の分別や減量化、ひいてはゴミ袋の有料化など、真剣に考えなければなりません。

苅田町は、他の自治体に比べて一人当たりのゴミ排出量が多くなっています。町内のゴミがなぜ一向に減らないのか、他自治体から一般ゴミが持ち込まれているのか、それを防ぐにはどうしたらよいのか等々、これから専門の有識者も交え、検討委員会を立ち上げて、本格的に議論をすることになっています。

ゴミ処理は1日たりとも止めることのできない大事な事業であるけれども、ゴミ処理に必要以上のお金をかけるくらい無駄なことはありません。こういった大きな見直しから、鉛筆1本の小さな見直しまで、今回の行革では取組まなければならないと思っています。

7月2日(水)

☆盆踊り大会実行委員会

○町長のひとこと
毎年恒例の盆踊り大会の実行委員会が開かれました。この事業についても、見直しの対象となっており、本当に必要な行事なのか、今のやり方でいいのか、中止・廃止を含めて話し合うことにしました。

その結果、かつては町の戦没者慰霊祭と関連した行事だったが、今では単独の盆踊り大会となっており、しかも、各地域でそれぞれに盆踊り大会を開催しているところもあり、もう廃止してもよいのではないかという意見が大半でした。露店が並び、子ども達で賑わっているという事実はありますが、予算削減のためには仕方ないと判断してくださったのでしょうか。いずれにしても、このイベントも検討課題の1つです。

7月1日(火)

☆朝の声かけ(苅田中)
☆スターフライヤー株主優待券抽選会
☆社明運動街頭啓発

○町長のひとこと
朝の声かけ(苅田中).JPG
今朝の声かけは苅田中学校の校門前でした。いつものように生徒会の役員をしている生徒たちが、はさみとゴミ袋を手に学校回りのゴミ拾いをしています。今年はまだ暑さがそれほど厳しくないので、坂道を登ってくる生徒たちも、きっと助かっていることと思います。

その後、恒例となりました、スターフライヤー社の株主優待券の抽選会を行いました。今回は、280枚の優待券に対し、549枚の応募がありました。約2倍近くの競争率となっていますが、当たれば往復2枚分となりますので応募してみる価値はありそうです。

私はいたってくじ運が悪いので、応募の機会があっても、1度も応募したことはありません。「どうせ当たるはずない」と最初から諦めています。宝くじ等も買ったことはありません。「手に入れたければ、自分で努力せよ。」というのが我が家の家風です。でも、実際は当たらないことへの負け惜しみかもしれませんね。

夕方は、苅田駅構内で駅を利用する人に、啓発物品を配って社明運動の街頭啓発を行いました。今月は、犯罪を犯した人の社会復帰を支援し再犯を防ぐ「社会を明るくする運動」だけではなく、「青少年の非行防止」や「同和問題啓発」といった人権を守る大事な取組みを推進する強調月間です。苅田町でも人権に関する講演会やコンサートなども開かれます。是非、1度参加してみてください。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.