福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > 町政について > ようこそ町長室 > 町長ブログ > 平成26年町長ブログ > 平成26年1月分町長ブログ

平成26年1月分町長ブログ

1月31日(金)

○町長のひとこと
昨夜、夕方から用事で小倉に出かけ、久しぶりに帰りに夜9時半頃のJR日豊線電車を利用しました。その際、隣に座っていた女性が、「苅田町の町長さんですよね。」と声をかけてくださいました。「そうですが・・・。以前お会いしたことがありましたでしょうか。覚えていなくて申し訳ありません。」と申し上げたら、「かつて県の京築保健所に勤めていた頃に1,2度お見かけしたことがあります。」とのこと。

最近、本当にもの覚えが悪くなって(年相応かな?)、咄嗟に人の顔や名前が思い出せなくて慌てる場面が増えてきました。これって、相手の方に大変失礼なことだと申し訳なく思うのですが、きっと、これから益々こんな場面が増えてくるのでしょうね。残念ですが・・・。

実は、彼女は苅田町の住民で、現在、本庁である県庁に通い、保健師として保健や健康増進の仕事をしているそうです。声をかけてくださったのをきっかけに色々話が弾み、共に苅田駅に降りるまで楽しく時間を過ごすことができました。「毎日、こんな時間までお仕事ご苦労様ですね。」「今日は早いほうです。でも、夫が夕食の用意その他手伝ってくれますから。」等と会話を重ねながら、改めて、女性が働くことの大変さ、夫婦の相互理解と協力が如何に必要であるか等を認識しました。こういう出会いがあると、公共交通機関を利用するのもいいなと感じているところです。

1月30日(木)

☆福岡県総合防災訓練全体会

○町長のひとこと
福岡県総合防災訓練全体会.JPG
6月1日に苅田町で実施予定の「平成26年度福岡県総合防災訓練」の第1回全体会議が、県内外の各関係機関、組織、団体等、関係者を集めて、中央公民館で開催されました。これから2回、3回・・・と続くわけですが、1回目の今日は、防災訓練の実施要領並びにそのスケジュールについて説明がありました。

また、その後、当日の訓練地となっている苅田港南港地区を参加者に視察していただきました。当日は大掛かりな訓練となりますが、住民の皆様にも是非ご協力をよろしくお願い致します。備えあれば憂いなしです。

1月29日(水)

☆行橋警察サミット

○町長のひとこと
午後、行橋・京都サミットに参加しました。3ヶ月に1度の行橋警察署と管内首長との情報交換会です。主として、暴力団排除活動の推進や街頭犯罪関係、交通事故発生状況についての報告・説明を受けました。平成25年中の街頭犯罪については、発生件数870件で前年比マイナス345件と大きく減少しました。理由としては、オートバイ盗、自転車盗、車上狙い等の乗り物盗の減少が挙げられます。その一方で、侵入盗の忍び込み、性犯罪が増加しています。

この近隣地域でも、連日のように福岡県警安心メールで不審者情報がもたらされます。小中学生の女子が被害にあっているようで、とても心配です。早速、教育委員会にも連絡し、徹底的に被害に遭わないように指導をお願いしました。また、警察にも、通学路の途中にある不審な場所や、子どもにとって危険と思われるものについて警察の監視をお願いしました。

交通事故は、町内でも2件の死亡事故が発生していますし、相変わらず高齢者の事故が多いようです。事故原因は、安全不確認(34.0%)、前方不注意(28.3パーセント)動静不注視(7.0パーセント)となっています。

1月28日(火)

☆朝の声かけ(馬場小学校)
☆東九州自動車道開通マラソン実行委員会

○町長のひとこと
朝の声かけ(馬場小学校).JPG
今日は、馬場小学校前で朝の声かけをしました。登校して来る児童の中には、昨日給食を一緒に食べた児童もいて、「町長さん、おはよう。ぼく覚えている?」「うん、覚えているよ。給食のとき、隣の席に座っていたよね。」「うん、そう。」「今日も元気で頑張ってね。風邪引かないようにね。」と、親しさが一段と増した気がします。

お兄ちゃん、お姉ちゃんの真似でしょうか。手袋をしているお子さんは殆ど見かけません。それどころか、半袖のポロシャツ姿もいます。雨が降っても長靴を履かない、傘をささない、一体どういうポリシーがあるのでしょうか。私には分りませんね~。これも年を取った証拠でしょうか。

待ちに待った東九州自動車道苅田北九州空港ICから行橋IC間の開通も、もう間もなくです。午後、2月16日に開催予定の東九州自動車道開通マラソン実行委員会最終打合わせに出席しました。何と、参加申し込みは2500人を上回ったそうです。2度と走ることはできないコースを走るわけですから、マラソン愛好者の皆さんには見逃すわけにはいかない大会ですよね。当日は選手だけではなく付き添い、応援を含めて大変な混雑が予想されます。あとは、上天気と事故や怪我等もなく成功裏に終るようにと祈るだけです。

1月27日(月)

☆給食訪問(馬場小学校)

○町長のひとこと
給食訪問(馬場小学校).JPG
今日は今年に入って初めての給食訪問で、馬場小学校1年1組にお邪魔をしました。1月24日から30日までは「全国学校給食週間」ということで、特別なメニューが用意されているとか。ちなみに、昨日24日は「日本で始めての給食」にちなんで、ご飯、鮭の塩焼き、豚汁、一色たくあん漬け、みかん、牛乳となっていました。今日私がいただいたメニューは「フランスの料理」で、フランスパン、チーズ入りオムレツ、キャベツのマリネ、ポトフ、牛乳です。

また、28日は「福岡県の郷土料理」で、麦ご飯、イワシのヌカ味噌炊き、高菜の油炒め、がめ煮、牛乳、29日は「新津中学校3年生と南原小学校6年生からのリクエスト給食で、キムチご飯、ささみチーズ巻きフライ、キャベツと卓上柑橘ドレッシング、ワンタンスープ、ムース、牛乳、30日は「地域の野菜を使った献立」で、ご飯、鶏すき、炒めなます、ポンカン、牛乳となっています。色々工夫がされていて本当にどれもおいしそうですね。

ところで、今日の献立ですが、子どもたちの中に、オムレツの中のチーズが苦手という子がかなりいました。現代っ子はチーズ・バター等の乳製品は大好きなのかと思っていましたので、ちょっと意外でした。食事中の教室の中は、次々と私に質問する子ども達の声で、騒々しいくらいでした。会話の1部を拾ってみますと、「町長さん、お勉強好き?」「大好きですよ。」、「何の教科が好き?」「どの教科も好きですよ。」「じゃ、算数は?」「大好き。」、「足し算と引き算どちらが好き?」「どちらも。」、「じゃ、問題出してもいい?」「どうぞ。」、「6+5は?」「11」、「102+50は?」「152」、「すげえ、早すぎ。」「・・・?」。これでほめられるなんて、自信を失くしたときは、ここに来るに限りますね。たちまち自信を取り戻せそうです。

続いて次の会話、隣に座っていた児童が私の手を見て、「町長さん、手が汚いね。」(手に年相応のしみができている)「年を取ったから?」「そう、仕様がないわね。」と言いつつ、何のいやみもなく素直に感じたことを言っているだけと分っているから、なおさらグサッと胸に突き刺さる。給食が終わると「町長さん、一緒に遊ぼ!僕、持久走、クラスで1番早いんだよ。競争しよう。」(思わず私を殺す気かいな?とは口に出しませんけれど・・・)そんなこんなで大変でしたが、帰りは「町長さん、また来てね。」の連呼。終り良ければ全て良し。やっぱりとっても可愛い児童たちでした。また行くからね~。皆さん、待っててね!

1月26日(日)

○町長のひとこと
午後、リーガロイヤルホテルで職員の結婚式がありました。私も披露宴にお招きを頂き、彼の晴れ姿を拝見することができ、とても感動しました。最近の若者は結婚相手をしっかり自分で見つけ、何年間かお付き合いをした後、結婚に至る方が多いようで、式場はお二人の間柄を反映して、とても和やかな雰囲気が漂っています。

実は、私は披露宴に参列するため、自分で車を運転して会場入りをしようと高速道路を使いました。小倉東インターで北九州都市高速に乗り換えた途端、車の流れが悪く渋滞しています。時速20~30キロのノロノロ運転で、これでは披露宴に遅れてしまうと気が気ではなく、他車の間を縫って先頭に出ると、何とパトカーが数台で前方をふさいでいます。

一体何があったのか、事故か事件かも分らず、このままでは遅れてしまうと心配で、さりとてパトカーの集団を追い越すわけにも行かず、本当に冷や冷や、どきどきの連続でした。と言いますのも、近頃の披露宴は、仲人なる人もおらず、開宴と共に私の挨拶となっていますので、1分1秒たりとも遅れるわけにはいきません。

パトカーがやっと脇によけ、普通のスピードで走れるようになったときには、正直「もう、駄目だ、間に合わない。」と思いましたが、辛うじて、スタート1分前の状態で会場に駆けつけることができました。当然のことながら、新郎新婦のお二人は式場入り口にスタンバイして、まさに入場寸前といったところでした。どうにか間に合って挨拶を終え、事なきを得、ホッと胸をなでおろした次第です。それにしても一体何事が起こっていたのでしょうかね。相変わらず分らないままです。

ともあれ、結婚されたお二人の末永いお幸せをお祈りいたします。

1月25日(土)

☆行橋市・京都郡遺族連合会新年会
☆福岡モーターショー

○町長のひとこと
午前中は、「行橋市・京都郡遺族連合会新年会」に出席しました。遺族会の行事が開催されるたびに思うのですが、会員の皆様も年々高齢化していく中、戦後長きに亘ってどんなにご苦労が多かったことだろうと。同時に、再び戦争を起こすようなことは絶対にあってはならないし、今、私たちが享受している平和をどんなことがあっても守り続けなければならないと。それなのに、世界では、まだまだ戦争状態が続いており、平和とは程遠く、自分の意思で自由に生きることもままならない、そんな国々や人々がいることを残念に思います。

午後は、自動車産業が栄えている町として、自動車のことを少しでも勉強したいと思い、「福岡モーターショー2014」に出かけました。まず、福岡国際会議場のメインホールで開かれる「自動車フォーラム」に参加しましたが、「もっとクルマを語ろう。I  love  cars !」と題したトヨタ自動車(株)代表取締役社長豊田章男氏の特別講演を聞かせていただきました。「世界のトヨタ」といえども必ずしも順風満帆ではなく、幾多のご苦労があり、それを乗り越え今日に至っていることを改めて気づかされると同時に、豊田社長のクルマにかける思いが伝わってとても感動的な素晴らしいお話でした。
福岡モーターショー.JPG
その後、「ヒットメーカーの開発秘話」ということでトークセッションがあり、トヨタ、日産、マツダのチーフエンジニアたちが登壇し、自動車の開発に関わる裏話や意気込み、さらにはこれからの思い等を語ってくれました。各社共に、ユニークで機知に富んだお話で門外漢の私でも自動車について学べるだけでなく、大いに楽しませてもらいました。
福岡モーターショー.JPG
最後に、展示場を訪れ、各社の今話題の自動車をはじめ、技術革新に取り組んでいる様々な自動車を見て廻りました。華やかで高性能の自動車と共に、こんな自動車もいいかなと思える1人乗りの自動車もありましたよ。少し疲れましたが、今日はとても有意義な時間を過ごすことができた1日でした。

1月24日(金)

☆消防本部・消防団情報交換会
☆苅田町PTA連絡協議会情報交換会

○町長のひとこと
今週は月曜日から金曜日まで新年の会が続き、家で夕食をとることが1日もありませんでした。しかも週末の今日は、消防本部・消防団情報交換会と町PTA連絡協議会情報交換会のダブルです。連日ご馳走が並ぶと、時には我が家の質素な食事が懐かしくなります。人間って本当にわがままで勝手ですね。ご馳走尽くめは健康上も良くないということもありますが、食を仲立ちにすると、人間関係は良くなることは確かですね。共に飲み、共に食べることで、話も弾み、情報交換もスムーズに進むのは間違いなしです!

さて、地道な活動で、地域住民が安心して安全に暮らせるように頑張ってくださっている消防団の活動には敬意と感謝を表します。一方、苅田町のPTAの活躍も素晴らしく、今年度は与原小学校が優良PTA文部科学大臣表彰を受けました。苅田町では、4年連続で5校がこの表彰を受けています。これはまさに快挙といってもいいのではないでしょうか。このPTAの思いが実って、町内の児童・生徒が立派な人材に成長してくれることを期待したいと思います。消防団並びに町PTA連絡協議会の皆様、今年もよろしくお願いいたします。

1月23日(木)

☆苅田町民生委員・児童委員協議会新年会

○町長のひとこと
先頃、民生委員・児童委員になってくださる方がなかなか見つからないという記事が新聞に出ていましたが、苅田町も例外ではありません。定年制を設けてはいるのですが、後任の方が見つからず、だからといって民生委員・児童委員が不在と言うわけにはいかず、引き続きお願いをしている現状も確かにあります。他人のお世話をすることがどれだけ大変なことなのか、大半の方が尻込みするのも無理はありません。

しかし、現実には、私たちを取り巻く社会環境は、1人暮らし高齢者の問題、児童虐待、DV、生活困窮等々、問題が多岐に亘り、より複雑・高度になり、民生委員・児童委員をますます必要としている状況です。

そんな中、今回は、7人が退任され、新たに10人が加わりました。今日は、新年会を兼ねての歓送迎会となっています。住民の皆様が安心して幸せに暮らせるように、民生・児童委員の皆様のお力をぜひ発揮してくださることを願っています。

1月22日(水)

☆港湾団体新春賀詞交歓会

○町長のひとこと
毎年、全国の港湾関係者が一堂に会して、新春賀詞交歓会が行われます。今年はそれに先立って、自民党の港湾議員連盟の総会にも出席要請があり、出席させていただきました。

苅田町は苅田港を中心に繁栄し、現在の地位を築いてきた町です。その苅田港をこれからも整備していただくことが、町の発展に繋がると認識しており、港湾関係の会議や行事にはできるだけ参加して、人脈作りだけでなく、国・県の動向を常に注視し、機会があれば積極的に本航路の整備を要望していかなければならないと思っています。おかげで、港湾関係の皆様とは、かなり親しくお付き合いをさせていただけるようになりました。

今日も、会場には大勢の国会議員の先生方をはじめ、国交省の管理職、日本港湾協会等の皆様がお集まりになっていました。ちなみに、私は、日本港湾協会九州地区支部連合会の副支部長並びに全国港湾協会の理事も務めさせていただいております。北九州空港を利用して我が家へは、夜の11時半頃帰り着きました。さすがにちょっと疲れました。

1月21日(火)

☆朝の声かけ(苅田中学校)
☆福岡県町村長セミナー

○町長のひとこと
朝の声かけ(苅田中学校).JPG
今朝は苅田中学校前で、朝の声かけをしました。小雪混じりの大変寒い朝となりましたので、しっかり着込んで出かけました。生徒たちは、防寒着(学校指定のものがあるはずですが)も着用せず、女生徒は、セーラー服姿に短いソックスをはいているだけで、手袋なども使用していない生徒が殆どで、見ている私のほうが震え上がってしまいそうです。きっと、制服の下にはTシャツ1枚といった感じで、私たちのように厚手の下着を重ねているというようなことはないと思いますが・・・。これが若さというものでしょうか。
福岡県町村長セミナー.JPG
午後は、福岡県町村長セミナーに出席しました。かつては県知事であり、現在は女性の大活躍推進福岡県会議の顧問をされている麻生渡氏の「女性の大活躍推進福岡県会議について」のお話があり、その後、アビスパ福岡(株)前取締役専務下田功氏による「スポーツが担う社会の役割」について講話がありました。最後は、県知事の小川洋氏が「県政の課題」と題して、県政報告や今後の方針の説明を述べられました。閉会後は、新年会を兼ねた懇親会で締めくくられました。

1月20日(月)

☆京築広域市町村圏事務組合理事会

○町長のひとこと
今日は、京築広域市町村圏事務組合理事会に参加しました。色々な議案が上がるのですが、苅田町に関係があるのは、行橋京都休日夜間急患センター「メディカルセンター」の運営に関してのみです。

組合設立当時は、広域連携でお互いに助け合おうという目的があったとは思いますが、今は少し時代に合わなくなってきているところもあるような気がします。公務で忙しい2市5町の首長が日程を調整して集まるのですから、この機会を利用して、もっとこの地域の様々な課題について意見交換をし、真に必要とされる組織になるように見直すべきではと感じ、首長の皆さんにその旨申し上げているところです。中には、私と同じような思いを持っていらっしゃる首長も少なくないようです。

時代に合った広域連携はますます必要とされてきています。かつては、町単独で公共施設を維持できる財政力を誇っていた時代もあったかもしれませんが、今はそんな財政状況ではありませんし、広域性、効率性、コスト等検討しながら本当に住民のためになる施策を模索しなければならないと思います。地域の連携を深めながら、それぞれの市・町にとっても有効な手段を講ずることができる新たな広域連携の形を、皆で知恵を出し合って作り上げていく時期にきていると思います。

1月19日(日)

☆消防出初式

○町長のひとこと
消防出初式.JPG 消防出初式.JPG
県の防災危機管理局長を始め大勢のご来賓をお迎えして、消防出初式が挙行されました。季節柄、この日はいつも寒いのですが、今日も大変寒かったのです。風はなく、どうにか雨も降らず、おかげで無事出初式を終了することができました。永年勤続表彰や各種表彰並びに感謝状贈呈、消防団の模範ポンプ操法、分列行進や消防車両の行進等、最後に祝賀放水と多彩な式次第となっていますので、多くの町民の皆様も結構参加してくださいます。とりわけ、消防自動車や救急車に興味をお持ちの年頃の子どもたちが多かったですね。ミニ消防服を着て記念撮影をしたり、憧れの車両に乗って乗車体験をしたりと大いに楽しんでいる様子でした。

1月18日(土)

☆苅田町職員協助会のソフトバレーボール大会
☆区長連合会新年会

○町長のひとこと
午後、苅田町職員協助会主催のソフトバレーボール大会がありました。約90名の職員が6チームに分かれて勝敗を競い、私の属するチームは皆の協力と頑張りで準優勝をしました。きっと私が試合に出場しないという形で貢献したのが大きくものをいったのだと思います。その代わり、誰にも負けないくらい大声で精一杯応援をしましたよ。他のチームの皆さんには申し訳ありませんが・・・。

夕方からは「お疲れさん」を兼ねての懇親会でしたが、挨拶もそこそこに私は区長連合会の新年会に出席をしました。ソフトバレーボール大会には家族連れで参加された職員もいて、職員のお子さんたちとも触れ合うことができ、楽しい1日でした。勝敗はともかく、職員間の交流が深まり、日頃の仕事のストレスが少しでも解消できれば目的達成ですね。

区長連合会の新年会には、47人中33人の区長さんが参加されていました。役場からも私を含め担当課長など数人が招待を受け参加していました。日頃から何かと地域のお世話役としてご尽力いただいている連合会の皆様と、ひざを突き合わせて色々なお話を聞かせていただくのは、町政を進めていく上で大変参考になります。

これからのまちづくりは地域と区長さんのご支援が必要です。地域の発展なくして町の発展はありませんから。これからも連合会の皆様としっかり手を組んで、安心安全のまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

1月17日(金)

☆九州地方整備局及び福岡県庁訪問

○町長のひとこと
今日は、日頃お世話になっている九州地方整備局や県庁など、官公庁に新年の挨拶のため訪問しました。今年も多くの関係者の皆様のご支援をいただきながら、苅田町発展のために頑張りたいと思います。

1月16日(木)

☆町内現場視察

○町長のひとこと
町内現場視察.JPG
年が明け、来年度予算編成の時期が来ました。世間では少し景気が上向いてきたとはいえ、その影響が町の歳入である税収に反映されるのはまだまだ2、3年先のことです。しかも現在行政改革中とあって、来年度予算も厳しいものとなるのは必定です。

そんな中、各担当課からは、多くの予算要求が上がってきます。町と町民のことを考えた上での予算要求でしょうから、できれば全て要求を満たしてあげたいのですが、そうも行きません。担当課から上がってきた事業を優先順位に従って実施していかざるを得ませんので、今日は1日かけて、実際に事業を実施しようとする現場がどうなっているのか、自分の目で確かめ、緊急度の高いものとそうでないものとを判断するために現場視察を行いました。

予算編成時には、これが大変重要な仕事となります。実際、与原土地区画整理事業や小波瀬西工大前駅周辺整備事業など大きな事業が控えている今はなおさらです。当分頭が痛い日々が続きます。

1月15日(水)

☆苅田町観光協会答申

○町長のひとこと
苅田町観光協会答申.jpg
観光協会を設立するため設立準備委員会に諮問していた答申書が出来上がり、委員長から手渡されました。苅田町に賑わいを創出し、それをまちづくに活かそうという趣旨での観光協会設立です。この答申の結果を受け、これを実現するために1歩1歩着実に前に進めていかなければなりません。

早速、準備委員会から準備室に変更し、4月の苅田町観光協会設立に向かって行動開始となります。そのためには、行政や商工会議所だけではなく、住民の皆様、企業や商業、農業、漁業といった町内のあらゆる産業に関わっていただいている皆様の後押しが必要です。ぜひ皆様のお力添えをいただいて、成功させたいと思っています。

ところで、昨日のランちゃんの話の続きになりますが、今日、家族が動物霊園に行き、ランちゃんの遺体を火葬してもらったということで、帰宅してみると可愛らしい遺骨箱にランちゃんは納まっていました。早速お線香を立てて、約14年3ヶ月の間、いつも私たちの家族の一員として、私たちを支え、見守り、時には慰め励ましてくれたランちゃんに、「ランちゃん、今まで本当にありがとう。ランちゃんのおかげで私たち家族は本当に幸せだったよ。これからは天国でおじいちゃん、おばあちゃん(私の亡き両親)に可愛がってもらってね。」と感謝の手を合わせ、仏壇の両親には、「これから私たちに代わってランちゃんを可愛がってあげてね。」とお願いしました。

仕事を終わって疲れて帰ってくると必ず尻尾を振って迎えてくれたランちゃんがもういないなんてとても信じられません。勝手口が近くなると思わずランちゃんの姿を探す日々が当分続きそうです。きっとランちゃんのことが思い出になるまでにはかなりの時間を要するのでしょうね。

1月14日(火)

○町長のひとこと
今日は私にとって決して忘れることのできない悲しく残念な1日となりました。実は、皆さんに時々紹介していた我が家の愛犬ランちゃんが、昨夜急死してしまったのです。「どうして急に?」と皆さんも驚かれると思いますが、ランちゃんは身体のあちこちにガンが転移して、外から触っても腫瘍ができているのがわかるようになっていました。

それでも、2日前まではとても元気に餌を食べ、散歩も進んでしていました。私たち家族は、今年の夏がランちゃんの限界かな、とても暑い夏を乗り切れないのではないかと心配はしていたものの、今すぐどうこうということはないだろうと思っていました。ところが一昨日から少し体調が悪くなり、下痢をしたり、嘔吐を繰り返したり、餌も散歩も止まってしまい、少し元気がなくなってきました。この寒さで風邪を引いたのではと心配しましたが、何分にも連休中のことで病院も開いておらず、家の中に入れて温かくして様子を見守っていました。その時はとてもランちゃんが死に至るほど重症だとは感じていませんでした。

連休が明けた今日の午前中に家族が病院に連れて行き、点滴をしたり注射を打ったりしてもらい、「風邪ならこれで治るはず、直らないときは明日また連れて来てください。血液検査などしてみましょう。」と先生に言われ、家に連れて帰って休ませていたそうです。確かに少し元気はなかったのですが、まさか息を引き取るようなことがあろうとは家族の誰も思わなかったそうです。

それが夕方からちょっと様子が変だと思っていたら、夜8時前頃、数回悲壮な泣き声をあげた後、自然と息が遠のき、静かに息を引き取ったそうです。その頃私は、農業委員会の新年会に出席していたので、ランちゃんの最後に当然のことながら立ち会えませんでした。そのことがとても悔やまれ、残念で仕方ありません。しかし、とても不思議なことがありました。私は携帯電話を常にバッグに入れて持ち歩いているのですが、殆ど消音にしていますので着信があっても気がつかず、後から連絡があったことに気がつくことが多いのです。

この日もバッグに入れて手元から離して置いていたので、着信には全く気づかなかったのですが、何故かこの日に限って、電話が気になり着信がなかったか確認しました。それも丁度ランちゃんが息を引き取ったと思われる時刻に。すると妹からの着信が入ったばかりで、いつもなら後からかけ直そうとそのままにしておくところを、何かあったのではと不安になり、すぐさまかけ直しました。

私の不安はやはり的中し、妹が泣きながら「ランちゃんが今、たった今息をひき取った。」と告げてくれました。「そんな馬鹿な!」私はとにかくとる物も取りあえず、宴も終わりに近づいていたこともあり、我が家に駆けつけました。そこにはまるで眠っているかのように安らかな顔で布団に包まれたランちゃんが横たわっていました。

私は涙がとめどなく溢れ、「ランちゃん、どうして私が帰るまで待っていてくれなかったの。」と久しぶりにワアワア泣いてしまいました。無駄に吠えることはないけれど、吠えるべきときには必ず吠えて異常を知らせる、バイリンガルで私の英語も弟の日本語も理解し、きちんと指示に従う、また散歩の際には、甥の小さな子どもたちを気遣い見守りながら先導する、近所でも評判の美人(犬?)で賢い犬でした。

家族が出かけたり帰宅するときには、必ず見送り、出迎えてくれるやさしい犬でもありました。2度の腫瘍摘出手術にもじっと我慢をして耐え、先生からもとても辛抱強い犬ですねとほめられたランちゃん、夕方になると散歩の時間だと言わんばかりに、勝手口にきちんと座って待っていたランちゃん、ランちゃんに誘われて、雨の日も雪の日も一緒に散歩に出かけ、おかげで健康に過ごせたのに・・・。最後まで家族の者に迷惑をかけず、生涯お利口さんのまま世を去っていったランちゃん、そんなランちゃんが突然いなくなるなんて、とても想像できません。

今思うと、先ほどの携帯電話の件は、丁度ランちゃんが息を引き取った時刻、きっとランちゃんが私に最後のお別れの挨拶をしたかったのだと信じて疑いません。当分ランちゃんを思い出しては嘆き悲しむ日々が続きそうです。皆さんもランちゃんの冥福を祈ってくださいね。

1月13日(月)

☆一般社団法人美夜古青年会議所新春懇親会

○町長のひとこと
美夜古青年会議所新春懇親会に出席しました。美夜古青年会議所は、この地域の経済界を支える若手の皆さんで構成されている組織ですが、将来に向かって夢と希望を持ちながら、経済だけではなく教育・文化・芸術と幅広く活動し、地域に貢献されています。

また、様々なボランティア活動を展開し、地域の人材育成にも取り組まれており、そのご活躍に心から敬意と感謝を表したいと思います。それにしても若いというのは本当に見ていて気持ちがいいですね。きびきびと行動する姿には爽やかさ・清清しさが感じられ、うらやましくもあります。こういった皆さんがこの地域の未来を担ってくださるのだと思うと、この地域の発展も大いに期待できますね。

1月12日(日)

☆成人式

○町長のひとこと
成人式.jpg
本日、晴れて成人式を向けられた366名の新成人の皆さん、おめでとうございます。毎年、どんな成人式になるのか、いつも不安と期待を胸に会場入りをしますが、今年はとても落ち着いて式典らしい成人式となりました。私も、思わず声を荒げて行儀の悪さを注意することもなく、しっかりお祝いの言葉を聴いていただきました。

一方、服装の方は、年々エスカレートして、特に男性に、奇抜な衣装やメイク、ヘアスタイルが目立ちますが、そんな彼らも、4月からは公務員務めが待っているとかで、話してみると意外に素直で優しい新成人です。大人の仲間入りをすればこんなことはできなくなる、破目をはずすのもこれが最後と割り切って、思いっきり今日のために準備したのかもしれませんね。中には、この日のために50万円を費やしたと言う男性もいましたよ。

この日を迎えるまで、愛情を込めてお子様の成長を見守り続けたご家族の皆様、ご指導・ご支援くださいました恩師の先生方や地域の皆様にも、改めて敬意と感謝を申し上げます。

1月11日(土)

☆町イチ!村イチ!2014

○町長のひとこと
 町イチ!村イチ!2014JPG 町イチ!村イチ!2014JPG
本来であれば、昨日で帰路に着くはずでしたが、今年は、東京国際フォーラム展示ホールで開催される全国町村会主催の「町イチ!村イチ!2014」に苅田町も出店をしましたので、会場に応援に駆けつけるため、1泊延長しました。

苅田町からは、特産品である紫芋のお菓子や等覚寺の産品と共に、等覚寺応援団の皆様によるそばも販売しました。等覚寺応援団の皆様がその場で調理をしながら来場の皆様に提供するわけですが、今回は特別に、苅田町の海の特産品である「豊前海一粒カキ」も添えて、苅田町ならではの特製そばとして100食用意しました。

開始時間が昼食時とあって、そばのブースの前には行列ができる始末(1つには主催者が用意した電磁調理器の火力が弱いせいもあって、調理するのに時間がかかったこともある)で、応援団の皆様は大奮闘でしたよ。午後3時ごろには完売したそうです。物販の方は、何しろ全国から特産品が集まっているとあって、苦戦しましたが、紫芋練りチーズケーキやゆずこしょうなどがよく売れたようです。

私も苅田町在住のイラストレーターしいたけさんデザインのはっぴを着て、ブースの前に立ち声を張り上げ、トップセールスに努めました。これを機会に、少しでも苅田町のことを知っていただけるといいですね。中には、フェイスブックで今日の催しを知ったと、都内在住で苅田町出身の女性が駆けつけてくれ、とても嬉しかったです。銀座のど真ん中で等覚寺そばを食べていただくなんて夢のある話でしょう。さすが東京、3万人もの方が会場に押しかけたそうです。

1月9日(木)、1月10日(金)

☆企業訪問(東京)

○町長のひとこと
今日・明日は、東京都内や近郊の企業を訪問しました。日程の都合で、企業訪問の前に、衆参議員会館を訪れ、日頃から地元のためにご尽力いただいている国会議員の先生方へご挨拶に伺いました。その後、訪問した企業では、とても丁重に温かく接していただき恐縮しながら、有意義なお話もたくさん聞かせていただきました。

総じて、景気回復の兆しが見える2014年の幕開けとあって、各社ともに明るい雰囲気が漂っていました。そのことからも、今年は希望あふれる素晴らしい1年になるのではないかという予感と期待で、胸を少し膨らませて、企業訪問を終えました。改めて、こんなに素晴らしい立派な企業が苅田町には存在することに感謝をしたい気持ちです。

苅田町の恵まれた産業環境をこれからも大事に、町の振興・発展につないでいかなければと責任の重さを感じています。この間、東京も寒い日々が続きましたが、幸い雨や雪の心配もなく無事新年始めの大事な務めを終えることができ、ホッとしています。

1月8日(水)

☆企業訪問(福岡)

○町長のひとこと
今日から3日間に亘って、町内で操業をしている企業の各本社に、日頃のお礼と新年のご挨拶を兼ねて訪問しました。

1月7日(火)

☆新年名刺交換会
☆海上保安協会新春賀詞交換会

○町長のひとこと
新年名刺交換会.JPG 
今年は、元日から素晴らしい天気が続いていますね。それもどうやら今日で終わりのようです。明日からは、天気が崩れると予報が出ています。寒さもいよいよこれからが本番といったところでしょうか。

今年も商工会議所のご尽力により、町内各界の皆様が一堂に会して、新年名刺交換会が盛大に開催されました。本年は、雇用と所得の増加をもたらすという実体経済の回復への期待感からか、会場には少し明るい雰囲気が広がっていたような気がします。また、2020年夏季オリンピックの東京開催もあって、経済波及効果による景気回復も見込まれることもあり、会場がこころなしか華やいだように感じたのは私だけではないと思います。

苅田町では、本年3月には、東九州自動車道苅田北九州空港ICから行橋IC間や国道201号バイパスが開通する予定となっており、陸・海・空の交通の結節拠点として、さらに発展することが期待されますし、4月には苅田町観光協会を設立し、賑わいのあるまちづくりに取り組む予定です。さらに、教育環境の充実や子育て支援、健康づくりの推進、都市基盤の整備など第4次苅田町総合計画の将来都市像を目指して着実に推進してまいりたいと思っています。

苅田町にとっても本年は明るい材料が揃っており、今後の発展が楽しみな状況となっています。今日お集まりの皆様方のお力添えを頂きながら、ぜひ素晴らしい希望あふれる年になればと願っています。
賀詞交歓会.JPG
夜は、海上保安協会(第7管区海上保安に関する諸団体で結成)の新春賀詞交換会に出席しました。

1月6日(月)

☆仕事始めの式

○町長のひとこと
仕事始めの式.JPG
皆様、明けましておめでとうございます。いつもより長かった年末年始の休暇も終わり、今日は仕事始めの日です。最初の仕事は、仕事始めの訓示です。私たちの最も大事な仕事は住民サービスですので、職員に、そのことを改めて肝に銘じていただくため、サービス業の代表ともいえるホテル経営の「引き算の流儀」を例にとり、訓示をしました。

ホテル経営では、100マイナス1は99ではなく0ということになってしまうのがホテルのサービスだという不文律があるそうです。部屋には満足しても、洗濯の仕上がりやレストランの接客などで、1つでも不満を感じたお客様は2度と来てくれない。従って、100マイナス1は0なのだそうです。

このことは、私たち公務員にも当てはまると思います。住民サービスにおいて、1人でもあるいは1件でも、役場に訪れる住民の方に、対応その他窓口業務、事務処理等で不快感を与えたら、たとえ99パーセントの職員が頑張っていても、役場の職員は、何をしているのかとか、苅田町役場は一体どうなっているのかとか、町長は職員にどんな指導をしているのかといった批判に繋がります。真に、住民が納得し、信頼してもらえるサービスを提供していくためには、私たちも、100マイナス1は0とならないように、全職員一丸となって職務に取り組もうと呼びかけました。

今年のお正月は、元旦から穏やかな好天気が続き、今年1年が期待できる明るい年になるという兆しを感じさせる2014年の幕開けとなりました。今年も更なる苅田町の発展と町民の皆様の幸せを目指して、頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって、本年が幸多き1年となりますようお祈りいたします。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.