福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成25年12月分町長ブログ

12月27日(金)

☆仕事納め

○町長のひとこと
今日で、苅田町役場も仕事納めとなります。今年は、明日が土曜日のため、例年より1日早い仕事納めとなります。しかも、来年1月4日も土曜日のため、仕事始めは6日となり、何と9連休という、私にとってはここ最近にない大型連休といえるかもしれません。この間は公務もありませんので、本来であればゆっくりできるはずですが、そうも行かないのが現実です。

公務がない代わりに、我が家(お寺)の年末・年始の行事の準備や、除夜の鐘を撞きに来てくださる皆様の接待、続く年始の挨拶と、別の意味で忙しい日々が続きます。明日からあちこちと大掃除にかからなければと思っているのですが、どうやら天気のほうは雪模様という予報で、予定通りにはかどるか心配です。お正月用品のお買い物からお飾り用とお雑煮用の餅つき(機械を使って私の手作り)、それに、御節料理作り(これも私の手作り)と大変です。

結局、公務が少し空くときは我が家が忙しく、要するに1年中忙しいということになります。1年間を通して働けるという生活のリズム、それが私の健康の秘訣かもしれません。逆に、何日も何もしないでいると病気になってしまうかもしれませんね。忙しい忙しいと言いながらも、人1倍、年が改まることの意義や節目の行事を実感できる境遇にあることを楽しみ、感謝しています。

途中、2期目から3期目の町長になりましたが、今年も1年間、町民の皆様にご理解・ご協力いただきながら、町政を推進することができました。その結果として、最後には「住みたい街総選挙」で3位を獲得するという快挙を成し遂げました。これを励みに、来年もさらなる苅田町の発展を目指して、皆様と共に頑張りたいと思いますので、引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

これから益々寒さが厳しくなります。長期予報によりますと、今年の冬はいつもの年よりも寒い冬になりそうとか。皆様にはくれぐれもお風邪などひかれませぬようにお気をつけられながら、お幸せな年末・年始をお迎えになられますようお祈りいたします。それでは、これで今年最後のブログを閉じさせていただきます。1年間お付き合いいただきました皆様ありがとうございました。

12月26日(木)

☆福岡県翼の会来町
☆今日感テレビ住みたい街投票結果

○町長のひとこと
ほとんどの企業や事業所で明日が御用納めとあって、ここ2,3日、多くの方が暮れのご挨拶に訪れてくださいます。中には、当方からご挨拶に赴かなければと思っていた方もいらっしゃって、大変恐縮しています。「今年、1年間お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。」とか、「良いお年をお迎えください。」などと言い合うと、「ああ、今年も終わるんだな。」と、いつものことながら、ある種の感慨に襲われます。

そんな中、福岡県「翼の会」(県事業の「女性の翼」で海外研修に参加した方々で組織する会)の皆様が、苅田町の男女共同参画状況を調査し、提言するために本町を訪れました。女性首長として、男女共同参画社会づくりに率先して取り組むべきと思われがちですが、私は、男女の別なく子どもから高齢者まで、全ての町民の皆様が暮らしやすいまちづくりを目指し、取り組んでいます。
今日感テレビ住みたい街投票結果.JPG
午後、今日感テレビの「住みたい街総選挙」の結果発表が生放送取材で行われました。日産のゲストホールをお借りして、大勢の町民の皆様にそれぞれ思い思いのいでたちでパフォーマンスをして、苅田町をアピールするために大いに盛り上げていただきました。中間発表では3位と好位置につけていましたので、ひょっとしてと期待をしていましたが、結果はそのまま3位にとどまりました。しかし、1位久留米市と2位篠栗町は逆転して、何と篠栗町が1位になるという展開でした。
住みたい街総選挙.JPG
でも、苅田町の3位はとても健闘したと思います。このお蔭で何度かテレビ取材を受け、苅田町を県内の皆様にしっかりアピールすることができ、まさに「メディアを活用した観光のまちづくり」を実践できたのではないかと思っています。今年1番の明るいニュースと言っても過言ではないと思います。これを追い風に、来年度立ち上げが決定している「苅田町観光協会」が成功するよう努めてまいります。

12月25日(水)

☆行政交渉

○町長のひとこと
同和問題をはじめとする様々な人権問題の対策や啓発、研修等も地方自治体の大事な施策のひとつです。一人ひとりの人権が守られて初めて安心安全のまちづくりが進むものと思います。今日は苅田町部落開放同盟の皆様と共に、苅田町の現状について意見交換をし、これからの苅田町の人権教育や人権啓発に対する方針を話し合いました。

最近では人権問題が、複雑高度化し、様々な形で人権侵害となって表れてきます。同和問題、男女共同参画、DV、児童や高齢者の虐待等々、解決に至るまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、時間をかけて着実に1歩1歩進めていかなければなりません。まずは住民の皆様が、意識を変えていただくことが大切です。しかし、これが1番難しいのも事実で、啓発や研修を行うなど、たゆまぬ努力が必要だと思います。

12月24日(火)

☆新救急車の説明

○町長のひとこと
新救急車の説明.JPG
平成11年に購入した高規格救急車が老朽化したので、このたび新しい救急車に買い換えました。今回購入した救急車は、色々と工夫がなされ、中の設備はとても効率よく工夫されています。

例えば、空間を広く取り、中で作業がしやすくなっていたり、収納スペースがうまく配置されていたりと、従来のものより一段と改良されています。これから年末年始にかけ、事故によるけが人や病人が増えることが見込まれます。町民の皆様が安心して安全にお正月を迎えられるように、12月27日から稼動します。

救急車の機能アップと共に、救急救命士の技術向上も図り、真に皆様のお役に立てる救急業務体制作りを目指して、これからも努めてまいりたいと思います。

12月23日(月)

○町長のひとこと
今年もいよいよ残り少なくなってきました、あと1週間もすればお正月です。毎年正月2日には家族揃って〔兄弟、甥、姪の家族〕新年会をする予定です。今回は、姪が結婚したため1家族増えて7家族となりましたので、1歳の甥の子から最年長の私まで総勢23名となります。

今回は、特に2年前にくも膜下で倒れ、現在介護病棟に入院している末弟も連れて帰りたいと思っています。どうにか車椅子での生活が少しできるようになり、朝は胃ろう食ですが、昼食と夕食は経口で少しやわらかめのものを食べられるようになりましたので、久しぶりに私の手作りのおせち料理を食べさせてあげたいと思っています。

家族皆に囲まれて賑やかな中にも和やかさが感じられる雰囲気に浸れば、何か感じるものがきっとあるはずだと思います。それがきっかけで症状が少しでも好転してくれればと期待というか祈りにも似た気持ちで決断したところです。バリアフリー化された住まいではないので、介護が大変だと思いますが、人手(特に若者の)は充分あるのでどうにかなるのではと思っています。彼の反応と、家族皆の驚きと喜びの姿が今から楽しみです。

12月22日(日)

○町長のひとこと
何か月ぶりかでお休みが取れました。さすがに、そろそろ休養が欲しいなと思っていたところでしたので、本当にいい休日になりました。年末も近くなり、やりたいこと・やらなければならないことがたくさんあるのですが、ついゆっくり休みたいと言う気持ちが働いて、なかなか思うように家の中の片付けが進みません。

とりあえず今日は、私の手入れを待っているプランターの花や野菜に肥料をやったり、枯れた花や葉を取り除いたりと生命あるものから手をつけました。今年は、レタスや春菊等の葉物に加えて、ミズナも植えてみました。今のところ順調に育っているので、今度のお正月には自分で育てたミズナ入りのお雑煮が食べられそうです。

また、友人である小郡市の花の会の会長から届いたチューリップの球根も植えました。例年たくさんの球根をくださるので、ご近所その他にもおすそ分けしています。春が楽しみです。成長が目に見えるものは、本当に心の安らぎと癒しに大変効果があります。

12月21日(土)

☆野球教室

○町長のひとこと
野球教室.JPG
苅田町では、10月1日より「苅田町スポーツレクリエーション祭」として子どもから高齢の方までスポーツに親しみ、健康維持や体力づくり、生涯スポーツへの取り組み、青少年の健全育成、地域の交流やふれあいを目的に、各種スポーツ大会を開催してきました。

今日は、その最後を飾るのにふさわしく、福岡ソフトバンクホークスの1軍選手をお招きして、小・中学生を対象に野球教室を開き、指導をしていただきました。本来であれば日産自動車九州(株)の日産スターグラウンドをお借りして実施することにしていましたが、あいにくの雨模様で、急きょ、総合体育館に会場を移しての開催となりました。
野球教室.JPG 野球教室.JPG
野球好きの約145名の子どもたちを始め、保護者や観客の皆様で賑わいました。指導にご協力してくださったのは、ホークスの大場選手、山下選手、江川選手、嘉弥真選手、の4名です。私は、大のホークスファンで、テレビの画面でいつも応援していますので、それぞれのお顔はすぐに分りました。実際にお会いしてみると、やはり体格がよく、さすがプロのスポーツマンだなという印象を受けました。

参加した子どもたちは、憧れのプロの選手から直接指導が受けられるとあって、真剣な面持ちで練習に取り組んでいました。きっといい刺激になり、将来野球選手になりたいという思いが一層強くなったかもしれませんね。それはさておき、良い思い出ができたことは確かです。今日指導を受けた子どもたちの中から、将来プロ野球の選手が誕生することを期待したいと思います。

12月20日(金)

☆議会閉会

○町長のひとこと
18日間に亘った議会も今日閉会日を迎えました。平成25年度苅田町一般会計補正予算他18件の議案は全会一致または賛成多数で、すべて可決されました。議会の皆様にはご賛同いただきまして心から感謝しています。

なお、今議会の最終日ではありますが、9月議会での決算特別委員会が審議未了に終わったことを受けてそれに関する100条委員会が設置されました。執行部としてもその責任を痛感し、執行部は執行部として、今後、審議未了に至ったその原因を明らかにし、その反省の上に立って襟を正し、議会と町民の皆様の信頼回復に努めたいと思っています。

12月19日(木)

☆環境基本計画の答申

○町長のひとこと
これから10年間の苅田町の環境政策並びにゴミ処理政策の指針となる「第2次かんだ環境未来図(苅田町環境基本計画)」と「苅田町一般廃棄物(ゴミ)処理基本計画」の答申書をいただきました。長い間、熱心にご審議をいただきました審議委員の皆様ありがとうございました。

今回の答申書の中身で特徴的なのは、毎年、進捗状況をチェックし、環境レポートして公表し、確実に取り組みを進めていくこととなっているところです。いわゆる、P(LAN)、D(O)、C(HECK)、A(CTION)を遂行することです。今後、この基本計画に従って実施していくことにより、着実に苅田町の環境をより良いものにしていきたいと思います。

12月18日(水)

☆観光協会設立準備委員会

○町長のひとこと
私の町長就任時からの願いであった観光協会の設立が、いよいよ実現しそうです。今日は最後の設立準備委員会でした。観光資源そのものも大事ですが、真の目的は観光というキーワードを使って、住民協働のまちづくりと町の賑わいを創出したいと思っています。

町外から大勢の皆様に、苅田町を訪れていただき、苅田町を知っていただくためには、苅田町に住む全ての皆様が「おもてなし」の心を持ってお迎えし、接していくことだと思います。そのために何ができるかを一人ひとりが考え、行動していくことが大事です。

観光は、行政だけではできません。住民の皆様と行政が一緒になって「訪れたい町=住みたい町」を作っていく必要がありますので、そんな思いでこれからのまちづくりを進めていきたいと思います。皆様、ご理解とご協力よろしくお願いします。

もちろん、豊富な観光資源が存在することも前提条件ですが、幸い苅田町には誇れるものが十分あると思っています。町民の皆様には、町内を巡る体験ツアーなどに挑戦し、改めて町内に目を向けていただきたいと思っています。きっと苅田町の持つ魅力を再発見することと思います。

12月17日(火)

☆朝の声かけ(白川小学校)
☆医療費増高対策委員会

○町長のひとこと
朝の声かけ(白川小学校).JPG
今日の朝の声かけは白川小学校です。白川の地は、1、2度気温が低いのでは思えるほど、今朝は寒かったです。かつては、等覚寺から通う児童もいたそうですが、現在は山口ダムのふもとから通う児童がもっとも遠い通学区域だそうです。今日も、校庭には、仲間とサッカーやドッジボールをする児童が、たくさんいました。

午後は福岡県市町村職員共済組合の「医療費増高対策委員会」に出席しました。医療費が増大しているとの説明があり、健康づくりに力を入れないといけないと再認識したところです。

12月16日(月)

☆スターフライヤー株主優待券抽選会

○町長のひとこと
今日は、今年2度目のスターフライヤー株主優待券抽選会を行いました。応募総数659枚の中から、抽選で270枚を選びました。当選された皆様おめでとうございます。年末年始の帰省等でお役に立てれば幸いです。毎回応募するのに1度も当たらないと言われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私もくじ運の悪さでは誰にも負けません。年末お買い物抽選会でガラガラポンを回したり、年始めには、年賀はがきの当選番号発表があったりと、抽選の機会は増えるのですが、大物が当たったことがありません。そんな私ですから、当然ながら年末ジャンボも最初から諦めて購入したことはありません。1枚しか手にしていなくても当たる方は当たるのですよね。「努力もしないでそんなことを考えてたら、罰でも当たるわよ。」と、小さい頃はよく親にたしなめられていたのを今では懐かしく思い出します。1にも2にも努力ですね。

12月15日(日)

☆武田良太代議士防衛副大臣就任祝賀会

○町長のひとこと
今日は、武田良太代議士の防衛副大臣就任祝賀会がありました。この地域から副大臣を輩出することはとても名誉あることだと私も嬉しく、心からお祝い申し上げたいと思います。とりわけ、築城基地を抱えるこの地域で防衛副大臣というのは大変意義あることだと感じています。祝賀会は、とても盛会で、武田防衛副大臣の今後のご活躍に期待したいと思います。

12月14日(土)

☆くすの木作業所「もちつき」大会

○町長のひとこと
くすの木作業所「もちつき」大会.jpg
昨夜来、風が強く、寒い1日になるのではと心配していましたが、青空が広がり温かい日差しが降り注ぎ、暖かい日となりました。ホッとして、年末恒例のくすの木作業所の「もちつき大会」に参加しました。今年も多くのボランティアの皆様が中心となって杵と臼を使ってペッタンペッタンと威勢よく餅がつきあがっていきます。

最近はこういった昔ながらの餅つき風景も、イベントや行事の時しか見られなくなりましたが、こういう姿を見ると、ああ、年末が来たな、今年も終わりだなという感慨に襲われます。作業所の皆様とはボランティア時代からの友達で、今でも会った時はハイタッチで挨拶を交わす仲なので、今日も笑顔で迎えてくれました。彼らを勇気付けるどころか、彼らに勇気付けられています。

残念だったのは、今日はこの後、定期健診を受けることにしていましたので(病気になってからでは遅いので、ならないように早め早めのチェック)、折角用意された酢餅やきな粉餅がいただけなかったことです。

12月13日(金)

○町長のひとこと
午後、RKB今日感テレビの番組の中で、先日このブログでもお知らせしました「住みたい街」投票の中間報告が発表されました。今のところ、久留米市、糟屋郡に次いで3位でした。

番組中、苅田町の色々な場所が紹介され、改めて、苅田町っていいところだなと再認識しました。ここまできたら1位を狙うのみです。締切は15日です。来週の月曜日の朝には集めてテレビ局に運ばれます。今からでもまだ充分間に合いますので、投票がお済みでない方はよろしくお願いします。

12月12日(木)

☆一般質問

○町長のひとこと
一般質問は今日が最終日となりました。近隣市町村では、一般質問の日程は2日間となっているところが多いようですが、本町では、勉強熱心な議員さんが多いせいか質問者が多く(今回は9人でしたが、普通は13、4人)、チェック機関としての役目を充分果たされています。私たちは議会から頂いたご意見、ご提言をしっかり受け止めながら、町政に反映していきたいと努めているところです。

12月11日(水)

☆一般質問

○町長のひとこと
今日の質問者は武内議員、伊塚議員、三原議員でした。昨日に続き、行政改革に関する質問が相次ぎました。

12月10日(火)

☆朝の声かけ(片島小学校)
☆一般質問

○町長のひとこと
朝の声かけ(片島小学校).JPG
今朝は、片島小学校の校門前で朝の声かけをしました。冷たい強風が吹き付け、とても寒い中、子どもたちが登校して来ますので、こんな時こそ励ましの声かけが必要なのかもしれません。片島小学校は、現在全校児童62名、しかも集団登校形式をとっているので、2つ3つの集団が登校すれば声かけも終わってしまいます。

毎朝校門に立ってくださる地域のボランティアの皆様、本当にお疲れ様です。こうして何年も立ち続けていると、子どもたちが小学生から中学生へ、さらには高校生、社会人へと成長していく過程で、大きくなっても親しく声を掛け合える仲間意識ができて、そのことが嬉しく、喜びであると、ボランティアの皆様は言ってくださいます。こういう人間関係こそが何物にもかえがたい地域の絆だと感じました。

今日から議会では、一般質問が始まりました。1日目の今日は、木原議員、沖永議員、常廣議員の3名から質問を受けました。今議会では、行政改革に取り組んでいることもあり、その取り組みについての質問が目立ちます。しっかりと実施していきたいと思っています。

12月9日(月)

☆RKB今日感テレビ取材

○町長のひとこと
現在、RKB今日感テレビでは、「住みたい街」投票を行っています。苅田町民の方を主として、“苅田町に住みたい”という投票をしていただいているようです。当初は、多くはなかったようですが、ここに来て一挙にトップ3に入る勢いで票が伸びているとのこと。その状況を見て、RKB今日感テレビのスタッフが、苅田町ってどんなところ?と取材に訪れました。

投票した皆様が選んだ理由として記された、港湾部の企業集積地、等覚寺の松会や棚田の風景、空港のある町などと並んで、福祉が行き届いて子育てがしやすい、教育に力を入れている町といったソフト的な理由もあったようです。また、理由が“町長が女性だから”と記された方もいたようで、私まで、取材を受けました。女性町長ということで、いきなり、「あなたが3万6千人のお母さんですね。」と言ってマイクを向けられたときは少し驚きました。

投票締切は15日で、投票結果は12月26日のテレビで放映されるとのこと、1位になれば1週間無料でその町のPRをしてくださるそうです。ちなみに現在のところ、1位は久留米市です。ここまでくればぜひ1位を目指したいところです。結果が楽しみです。

12月8日(日)

☆ふるさと苅田地産地消フェア2013
☆雨窪区敬老会
☆人権メッセージ2013

○町長のひとこと
地産地消フェア.JPG 地産地消フェア.JPG
今日も忙しい1日となりました。朝は、「ふるさと苅田地産地消フェア2013」に出席しました。早朝より、開会前にもかかわらず、既に大勢の皆様がお集まりになり、各ブースをのぞいたり、列を成して並んでいたりと大盛況です。今年で11回目を迎えますこの地産地消フェアは、地元産の農水産物の販売を通して、生産者と消費者が直接触れ合う場を作り、苅田町の農業漁業振興に一役買っていただこうという試みです。
地産地消フェア.JPG 地産地消フェア.JPG
また、「地域で生産した食べ物」を「地域で消費する」ということをアピールする場にもなっています。今年も、カキや野菜などの新鮮な農水産物の販売に加え、牛乳や堆肥の無料配布、恒例の猪鍋や白川米のつかみ取りなど、たくさんの催しも用意されていました。

今夜は、地元の食材を使った料理を囲んで、家族団欒のひとときを過ごしながら、安心安全な食材や料理の大切さ、健康づくり等々について話し合う機会になればいいですね。私も他町から今日我が家に訪れているお客さんのお土産として、カキを買わせていただきました。そう言えば、昨年のフェアで購入したしいたけの原木ですが、今年も家族では食べきれないほどのしいたけが採れています。毎日楽しみにしています。きっと環境がしいたけに適していたのでしょうね。

次は、雨窪区敬老会です。今年は、年末近くになって敬老会が続きます。雨窪区敬老会の取り組みとして、集合記念写真の撮影があります。少人数の敬老会ならではの企画で、記念になる良い取り組みと思います。
人権メッセージ2013.JPG
午後は、「人権メッセージ2013」が中央公民館で開かれました。第1部は、小・中学生による人権ポスターや標語、作文の応募作品の中から選ばれた優秀作品の表彰、並びに作文の朗読発表がありました。本当に素晴らしい作品ばかりです。

第2部は、午後は、在日韓国人2世の料理研究家、コウケンテツさんが”キッチンから始まる家族の絆”と題して、食事は人と人をつなぐと講演をされました。全くその通りだと私も思います。

今考えると、特段のご馳走はなかったけれども、両親と兄弟4人の家族全員が揃って食事をしていた頃が1番幸せだったような気がします。特に夕飯時に、家族がそれぞれ今日1日の出来事を話題にして賑やかに、楽しく食事をしていた思い出は懐かしく、今でもその風景を思い出すと、自然と心がほのぼのと和んできます。

現代では、家族それぞれが自分の生活が忙しく、揃って食卓を囲み、食事をする場面がめっきり少なくなったと聞きます。こんなところから、最近のお子さん達の問題点が生じているのかもしれませんね。もう1度見直してみる必要があるのでは・・・。お子さん達に家族揃って楽しく食事をする、そんなすばらしい機会をぜひ与えてあげて欲しいと思います。

昨日、今日と私の家でも年末恒例のお寺の行事があり、大変な忙しさでした。公務の合間を縫って自宅に戻っては、エプロンがけで走り回るといった繰り返しで、さすがに、この2日間はくたくたに疲れてしまいました。まさに、ああ、師走だな~と実感した次第です。

12月7日(土)

☆かんだっ子教育の集い
☆新そばと棚田のめぐみ試食会

○町長のひとこと

苅田町では、少人数(34人以下)学級やALTを配置しての小学校1年生からの英語指導など独自の教育に取り組んでいます。これは、第1次、第2次の教育改革を進める上で行われていることですが、今日は、苅田町ならではの教育の取り組みの成果の一端を皆様に見ていただこうと「かんだっ子教育の集い」が開催され、各小・中学校の様々な取り組みが発表されました。
かんだっ子教育の集い.JPG
私は、毎年、児童・生徒たちの生き生きとした笑顔を見るのが楽しみで拝見していますが、年々その内容もレベルアップしているような気がします。今年も、白川小学校の等覚寺の松会行事で演じられる楽打ちや、片島小学校の子ども神楽といった郷土の歴史や祭り行事を伝承していくという大事な役目を担った演技には感動しました。特に、見せ場の5匹のおろちが登場するシーンは迫力があり、小学生の体であの大きなおろちを操るのは大変だろうなと感心しました。ここまで指導してくださった地域の皆様に感謝いたします。

また、先日、東京で披露してきた南原小学校6年生の集団行動である隊列行進も見せていただきましたが、これもまた「良くがんばったね」と褒めてあげたいくらい感動しました。中学生の合唱、英語でのスピーチと盛りだくさんの中身の詰まった素晴らしい発表に、来場者の皆様は大いに感動し、大満足といった様子でした。私は、ALTを配置しての英語指導が少しずつ実を結んで、英語のスピーチ大会に参加するまでになったことを非常に嬉しく思いました。

町広報紙でも取り上げていますが、最近の教育の様子を見ていただき、子どもたちの頑張りを応援してあげて欲しいと思います。今年来場できなかった皆様、来年こそは「かんだっ子教育の集い」を見に来ませんか。
新そばと棚田のめぐみ試食会.JPG
その後、「新そばと棚田のめぐみ試食会」に参加しました。毎年行われている等覚寺の行事の一つですが、そばと共に、等覚寺で採れた野菜を中心に煮込んだおでん、等覚寺で収穫した白米と赤米のおにぎり、やせうま、ぜんざいなどが参加者に振舞われました。量といい味といい、大いに満足していただける内容であると思います。
新そばと棚田のめぐみ試食会.JPG
この季節にもかかわらず、桜(10月桜)の花の下で、篠笛の演奏を聴きながらのひとときは、好天にも恵まれ初冬にしては暖かな日で、皆様は、等覚寺の自然と食を満喫されたのではないでしょうか。私も安らぎの時間と空間を頂き、身も心もリフレッシュでき、明日からの活力を取り戻せた気分です。明日からの1週間頑張ります!!

12月6日(金)

☆食生活改善推進会忘年交流会
☆防災協会懇親会

○町長のひとこと
食生活改善推進会忘年交流会.JPG
お昼は、食生活改善推進会忘年交流会に参加しました。町民の皆様が、安心して心豊かに生活していくためには、一人ひとりがまず健康でいきいきと暮らすことが大切です。そのためには、食の安全、食に対する知識、食による健康づくりの重要性を再認識していただくことが必要だと思います。

特に、現在のように食生活に起因する成人病の悩みを抱えている方が多い中、毎日の食生活のあり方を抜きに、健康問題を論じることはできません。そういった意味でも、乳幼児健診や親と子どもの歯の健診の試食作り、地区巡回健康教室、さらには、献血時の試食作りや食育についての学習会など、苅田町の様々な食に関する行事で、ボランティアとして毎回ご尽力いただいています食進会の存在は大変心強く、なくてはならない存在です。これからも、町民の健康づくりのためにご活躍いただくことを期待しています。

夜は苅田町防災協会懇親会に出席しました。防災協会は町内の企業や事業所の皆様で組織された防災組織で、会員の皆様は、日頃より、消化器競技大会をはじ各種事業を通して、消防思想の普及・啓発、防火対象物の管理技術の向上、さらには、積極的に本町の消防・防災活動にご協力をいただいています。

特に、苅田町のように多くの企業が立地・操業し、産業の発展が期待される町では、従業員が安心・安全に働ける職場環境が確保されて初めて振興が図れるものと思います。そういった点からも、各企業・事業所の皆様がこのような取り組みを進めてくださることは大変有意義なことだと思います。

12月5日(木)

☆議案質疑

○町長のひとこと
初冬にしては気持ちの良い日差しが降り注ぎ、暖かな過ごしやすい日となりました。午前中は3日の議会開会日に上程した18件の議案について質疑応答を行いました。

12月4日(水)

☆苅田商工会議所優良従業員表彰
☆苅田町老人クラブ連合会県知事表彰訪問

○町長のひとこと
苅田商工会議所優良従業員表彰.JPG
今年も、永年に亘り、他の従業員の模範として職務に精励されてきた皆様に、苅田商工会議所主催による優良従業員表彰式が行われました。苅田町は、「ものづくり」の町として知られていますが、その「ものづくり」を支えているのは「人」です。
優良従業員表彰2.JPG
時代と共に、産業の形態や雇用のあり方は少しずつ変化していますが、産業発展の基盤は「人」であることはこれまでもこれからも変わることはないと思います。今日表彰された皆様には、一層ご活躍いただくと共に、ぜひ後進の人材育成にご尽力いただきたいと思います。そのことが苅田町の産業、ひいては苅田町発展の原動力となるものと期待しています。

午後、苅田町老人クラブ連合会の役員の皆様が、これまでの功績に対して表彰を受けられたということで訪問をしてくださいました。苅老連自体が県の会長から表彰されただけではなく、4人の方が個人表彰も受けられたそうです。うち1人は県知事表彰ということで、本当におめでとうございます。今回、県知事表彰を受けられた、苅老連の会計を務めている和田光生さんの若さの秘訣は温水プール通いだそうです。皆様、いつまでもお元気でご活躍いただきたいと思います

12月3日(火)

☆朝の声かけ(与原小学校)
☆議会開会
☆民生委員・児童委員委嘱状交付

○町長のひとこと
朝の声かけ(与原小学校).JPG
今朝は与原小学校校門前で朝の声かけをしました。だんだん寒くなってきますので、登校時間が遅くなってくるお子さんもいるようです。朝ごはんをしっかりと食べさせて、忘れ物などないように少し余裕をもって、学校に送り出してあげて欲しいと思います。

今日は、苅田町12月定例議会の開会日です。今日から20日まで18日間です。私からは、町政報告と一般会計補正予算始め18件の議案を上程させていただきました。
民生委員・児童委員委嘱状交付.JPG
午後、民生委員・児童委員委嘱状交付式がありました。苅田町でも、生活保護世帯や母子・父子家庭は増える傾向にあり、地域社会の繋がりは希薄になってきており、福祉課題は今後ますます多様化・複雑化するものと思います。このような状況の中、良心的活動で相談や支援などをしていただくなど、民生委員さんには、行政の行き届かない大切な部分を補っていただいています。

また、安心して暮らすことのできる地域社会づくりのために、行政と共に、極めて重要な役割を担っていただいています。今後も、それぞれの地域の中で、様々な形でご支援・ご協力をお願いしていくことになりますが、どうかよろしくお願いいたします。

12月2日(月)

☆自主防災会合同研修会

○町長のひとこと
自主防災会合同研修会.JPG
今日は、午後から、苅田町自主防災会合同研修会に出席しました。苅田町では、防災行政に力を入れており、今年度は、苅田町総合防災訓練の実施、土嚢ステーションの設置、海抜表示板の増設など様々な防災事業に取り組んでまいりました。また、自主防災組織については、今年度、新たに馬場区、尾倉区、桜ヶ丘区、長畑区の4区が設立し、現在、町内では21区となっています。

安心・安全の町づくりのために、自主防災組織は欠かせない取り組みですので、今後とも更なる設立を呼びかけてまいりたいと思っています。住民や地域と行政が共に力を合わせ、住民の大切な財産・生命を守っていくことが大切だと確信しています。

12月1日(日)

☆イルミネーション点灯式

○町長のひとこと
イルミネーション点灯式.JPG イルミネーション点灯式2.JPG
今日は、第2回苅田町イルミネーション事業の点灯式に出席しました。各地でイルミネーション事業が華やかに行われる中、苅田町でも中心市街地の賑わいを創出するために、夜を明るく彩るイルミネーションをと思っていたところ、昨年、苅田工業高校が創立50周年を記念して、取り組んでくださいました。

これを機に、今年も苅田工業高校を実行委員会の主力メンバーとして、今回は、来年度設立予定の苅田町観光協会設立準備委員会も加わり、「お・も・て・な・し」をテーマに、町の観光資源である三角縁神獣鏡、等覚寺の松会、苅田山笠、北九州空港、自動車産業,豊玉姫伝説などをモチーフに、歴史・文化、産業をアピールするデザインとなっています。
イルミネーション点灯式.JPG
ところで、制作したのは、苅田工業高校中心の実行委員会ですが、デザインは西日本工業大学の学生さんだそうです。点灯式には、苅田小学校の音楽クラブの児童にも素晴らしい演奏で華を添えていただきました。

ぜひ、皆様も昨年より一段とバージョンアップした光の芸術をご覧になって、しばしロマンチックな気分に浸ってみませんか。なお、点灯期間は12月1日から1月31日までの2ヶ月間で、夕方5時から10時半までとなっています。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.