福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成25年4月分町長ブログ

4月30日(火)

☆朝の声かけ(片島小学校)
☆苅田町役場職員協助会総会

○町長のひとこと
朝の声かけ(片島小学校).JPG
月曜日が休日だったせいで、曜日の感覚が狂ってしまい、今日は月曜日だと勘違いしてしまい、そのつもりで朝7時半ごろ自分のお昼のお弁当を用意していたところ、突然迎えの車が・・・。えっ?と思ったら片島小学校の朝の声掛けに行きますとのこと。そうか、今日は火曜日なんだと気がつき、慌てふためきました。
片島小学校は少人数の上に集団登校となっているので、数グループが登校してしまえば終わりです。
心配しましたが、どうやら辛うじて間に合い、登校してくるお子さんたちに「おはようございます。」と声を掛けることができて、ほっとしました。
皆さんもこんな経験はありませんか。聞けば10連休という方も結構いるようです。この連休中はお天気も良好ということですから、しっかりと家族や友人と楽しんでリフレッシュし、来週の火曜日からまた仕事に戻っていくことになりますね。曜日ボケにご用心!(念のため)これは自分自身に向かって言う必要がありそうです。
夕方からは、職員協助会総会に出席しました。職員が庁舎内で健康で気持ちよく働けるようにと、協助会ではあれこれと企画し、レクリエーション部門だけではなく、庁舎周りの一斉清掃といったボランティア活動にも積極的に取り組んでもらっています。
まずは、連休明けに予定しているグリーンカーテン作りのための土作りや苗植え等が当面の活動です。
このグリーンカーテンとそれに伴って収穫できるゴーヤも、今ではすっかり町民の皆様にもお馴染みの風物として、定着しているようです。
最近は、協助会活動に参加する職員の数も増えてきたようで、大変喜ばしいことだと思っています。とにかく、仕事はチームワークが最も大切です。職員の融和を図ることで、町の発展や住民サービスが向上すれば言うことありません。

4月29日(月)

○町長のひとこと
植栽1.JPG 
いつの間にか気がつけば、我が家の庭の桜もチューリップも、藤の花までもが咲き終わっていました。今はつつじやさつきの季節となっています。街中を見回しても、庭先や通り沿いの赤やピンク、白といったつつじやさつきがきれいですね。役場周りもボランティアさんに植えていただいた町の花であるパンジーが目を楽しませてくれます。
この時期になると、両親を中心に家族揃って、今日は小石原の陶器市を見学しながらシャクナゲの花を見に行こうとか、吉祥寺公園に藤の花を見に行こうとか、若松のグリーンパークにばらの花を見に行こう等と楽しく過ごした日々が懐かしく思い出されます。それと同時に、もう少し親孝行をすればよかったという後悔の念も・・・。
今なら、親の苦労も気持ちも理解できる気がするので、心を込めて親孝行ができるのにと残念です。「親孝行したいときには親はなし。」とはよく言ったものですね。親にはいくら感謝してもし足りないと思う機会が増えてきました。これも自分が年を重ね、かつての親の年令に近づいてきたせいでしょうか。本当に親ってありがたいですね。

4月28日(日)

☆馬場区敬老会
☆等覚寺応援団総会

○町長のひとこと
馬場区敬老会.jpg
今日は、馬場区の敬老会に出席しました。
馬場区は、毎年ゴールデンウィークの頃に敬老会を開催していますが、大勢の元気なお年寄りが集まっていました。区内には100歳以上が3人、90歳以上になると10人を越えるそうです。
この日も、お弁当を食べながら、踊りやカラオケ、子どもたちの催し物、クイズなど色々と楽しい企画が催されていましたが、残念ながら時間の都合上、挨拶のみで次の会場へと向かいました。
等覚寺応援団総会.jpg
その後、いつも等覚寺の自然と文化を守り、私たちに心の安らぎを与えてくれる等覚寺応援団の総会に出席しました。
先日の等覚寺の松会の手伝いをはじめ、棚田を使ったそばの栽培、収穫したそばを使った手打ちそばを各種イベントで振舞うなど、その活動は多岐に亘っています。
新そばの試食会や森のコンサート時には、町外からも大勢の参加者がお見えになります。これからも苅田町の大事な観光資源である等覚寺の応援をよろしくお願いします。

4月27日(土)

○町長のひとこと
今日は、苅田町消防職員の結婚式並びに披露宴に出席しました。
最近の結婚式は、チャペルで執り行われますので、結婚式から参列します。ウエディングドレス姿の花嫁さんが多く、昔ながらの文金高島田姿は見られなくなりました。今時の若い女性の皆さんは、かつての日本人とは違って、洋装がよく似合うようになりましたね。
今回も、とてもお似合いの素晴らしいカップルでした。お二人の末永いお幸せをお祈りいたします

4月26日(金)

☆大木町視察

○町長のひとこと
大木町視察.jpg
私のまちづくりの柱の1つとして、地域との協働を進めたいと思っています。それには、何といっても区長さんたちのご協力が必要です。お互いに連携して地域を振興させるためにはどうしたらよいか勉強に取り組んでいる最中です。
地域の問題は、環境問題、とりわけゴミの問題と大きく関係がありますので、今回の研修先は、ゴミ処理日本一を誇る大木町としました。大木町で、ゴミの分別や減量化など、ゴミ処理が成功している理由のひとつは、地域づくりがしっかりしているからです。また、大木町では49区あるそうですが、区に加入している割合が高く、区費を納めないという人も少ないということでした。やはり、地域づくりは、ゴミ問題や環境問題と密接な関係がありそうです。
石川町長は、財政的には苅田町に及ばないとおっしゃっていましたが、ある意味、住んでいる人の心の豊かさは苅田町以上かも・・・。でも、苅田町だって負けていられません。皆で協力して素晴らしいまちづくりに取り組みましょう。

4月25日(木)

☆京築地区水道企業団運営協議会

○町長のひとこと
京築地区水道企業団の企業長を務められていた釜井健介豊前市長が去る19日をもって退任されましたので、新たに就任されました後藤元秀豊前市長が後任として選ばれました。
京築地区水道企業団の会議室は、3階にあるのですが、エレベーターが無く、その上、急勾配の階段となっています。
会議のときは、私を筆頭に各首長さんもご高齢となっていますので、会議室に入ってきたときには、皆さん息があがって、呼吸を整えるのに少し時間がかかり、すぐには会議に臨めない状態です。実際、会議開始直前に到着し階段を駆け上がった時には,しばらく何も言えず悲惨な状態となってしまいますので、時間に余裕を持って行くよう心がけています。

4月24日(水)

☆行橋高校OB会来庁(交通安全のたすきを寄付)
☆北部九州自動車150万台先進生産拠点推進フォーラム

○町長のひとこと
行橋高校OB会.jpg
福岡県立行橋高校のOB会「明豊会」が、夜間でも安全に歩行ができるようにと、苅田町老人クラブ連合会にスマートな蛍光色のたすき100本を寄贈してくださいました。
警察からの報告でも、高齢者の交通事故が特に多いと聞いていますので、是非、有効活用していただき、事故の減少に繋がればと思います。
午後は、北部九州自動車150万台先進生産拠点推進フォーラムに出席しました。自動車産業関連の自治体や企業、部品メーカー等関係者が集まり、日産自動車九州株式会社、日産車体九州株式会社、トヨタ自動車九州株式会社、ダイハツ九州株式会社の自動車メーカー各社の取り組み状況が報告され、その後、競争力強化に向けた事例が、小倉鉄道株式会社と中島ゴム工業株式会社の2社から報告されました。企業の組織改革や技術研究に対する意気込みは改めてすごい!と実感しました。私たちがこれから行おうとする行政改革においても大いに見習う点がありそうです。

4月23日(火)

☆朝の声かけ(苅田中学校)
☆苅田町青少年育成町民会議総会

○町長のひとこと
朝の声かけ(苅田中学校).JPG
今日の朝の声掛けは苅田中学校です。新1年生も加わって、少し顔ぶれが変わり、校長先生も麥田校長先生から吉川校長先生にバトンタッチされました。
この時間帯には、有志の先生や生徒が挨拶運動だけではなく、清掃活動にも取り組んでいるとのことで、苅田駅まで、袋を片手にゴミ拾いをしていました。本当はゴミが落ちていない町にしたいのすが・・・。
夜は苅田町青少年育成町民会議総会に出席しました。少し肌寒く、雨も降っていましたが、70名を超える皆様が参加をしてくださいました。今年度も町民会議として取り組む多くの行事が予定されていますので、引き続きご協力よろしくお願いします。

4月22日(月)

☆九州地方整備局、福岡県庁へあいさつ廻り

○町長のひとこと
今日は、日頃何かとお世話になる九州地方整備局や福岡県庁を訪問しました。今年度は、本町の副町長も代わりましたので、副町長共々あいさつ廻りをしました。
皆さんも1日も早く顔を覚えて、町内で出会った時は気軽に声を掛けてください。

4月21日(日)

☆九州鉄道OB会行橋支部総会
☆苅田町ボランティア連絡協議会総会
☆等覚寺の松会

○町長のひとこと
九州鉄道OB会行橋支部総会.JPG
昨日の雨のせいか、今日は少し寒いようです。
午前中は、九州鉄道OB会の総会に出席しました。会員がとても多い組織ですが、ここでも高齢化による課題が発生してきているようです。どこの組織もそうですが、若い方がなかなか会に加入して運営に携わるということが難しい現状がうかがえます。
最近では、年金の受給年齢が引き上げられたり、定年延長があったりと、60歳を迎えても、まだまだ現役で働かれている方が多いのも事実で、OB会という気分になれないのかもしれませんね。
ボランティア連絡協議会総会.JPG
その後、苅田町ボランティア連絡協議会の総会に出席しました。
会員の皆様には、花いっぱい運動を始め、行政でなかなか手の届かない住民サービスに日夜取り組んでいただいていることに、心から感謝しています。また、新しい会員も増えているようですが、かつての仲間もまだまだ活躍されていて、やはり、お会いするとホッと落ち着きます。
等覚寺の松会1.JPG 等覚寺松会2.JPG
午後は等覚寺の松会に出席しました。
いつものように大勢の皆さんが集まっていましたが、あまりの寒さに、皆さん震えながら一連の松会行事を鑑賞していました。松会に参加した白川小学校の皆さんが、薄手の衣装をまとって、田打ちや楽打ちの出番を待っている姿は、本当に寒そうでした。
フィナーレを飾る施主による幣切りは、皆さんが心配そうに見守る中、今年も見事一刀で成功させることができ、豊作間違いなしと喜びあいました。めでたし!めでたし!何日間も準備のためにご苦労された皆さん、お疲れ様でした。

4月20日(土)

○町長のひとこと
今日は雨の中、1日病院回りをしました。午前は自分の健康管理のための定期健診、午後は入院している身内の見舞いに行き、改めて健康の大切さを認識しました。
町長という公務を果たす上で、最も大事な資質は1にも2にも健康だと思います。健康なくして、この職務は務まらないとつくづく感じています。そういった次第で、健康に感謝感謝の毎日です。

4月19日(金)

☆苅田町食生活改善推進会総会
☆行橋京都地区武道振興会総会

○町長のひとこと
食生活改善推進会総会.JPG
平成25年度の苅田町食生活改善推進会総会に出席しました。
食進会の皆様には、乳幼児健診や子どもの歯の検診時におけるおやつの試食作り、地区巡回健康教室、並びに献血時の試食作りや食育についての学習会など、苅田町の様々な食に関する行事で、ボランティアとして毎回ご協力をいただいています。
生活習慣病予防や食物アレルギーなど、栄養・食生活に関する分野が、大きな関心を集めることはこれまでなかったように思います。
今後、町民の皆様の健康づくりを進めていくうえで、町民の皆様を始め、地域、関係機関、行政が連携して取り組んでいくことが大事だと思います。食を見直すことで、病気が予防でき、医療費の削減はもとより、いつまでも元気で生き生きと暮らせるなら、言うことありません。
夜は行橋京都地区の武道振興会総会に出席しました。
武道は身体の鍛錬は勿論ですが、精神の鍛錬にも大きな役割りを果たしていると言われてきました。あわただしい日常の中にも、姿勢を正して背筋を伸ばし、精神統一をして、心地よい緊張を覚える時間があるというのは、素晴らしいことだと思います。

4月18日(木)

☆駐在員会議
☆区長会連合会総会

○町長のひとこと
駐在員会議.JPG 区長連合会総会.JPG 
今日は駐在員会議、並びに区長連合会総会に出席しました。
現在、苅田町に48の行政区がありますが、敬老会や小地域福祉活動といった福祉活動から、地域の安心安全を守る自主防災組織まで、各区が拠点となって活動を展開していただいています。
区長という重要な任務も今までとは確実に異なってきていることから、区長のご苦労も並大抵ではないと拝察いたします。日頃のご労苦に心から感謝いたします。
ところで、いつも皆さんにご協力いただいているエコキャップですが、今回は187,051個集まり、累計で1,883,610個、ワクチンにして、2,272.5人分、CO2にして14,317kgの削減となっています。

4月17日(水)

☆行政改革推進ワーキングチーム辞令交付
☆夜間パトロール(中央公民館)

○町長のひとこと
行政改革推進ワーキングチーム辞令交付.JPG
昨年1年間かけて、苅田町行政改革大綱を策定しましたが、その計画を実施するに当たり、行政運営(主に行政運営の効率化、民間活力の活用、公共施設の見直し、外郭団体の見直しに関すること)、財政運営(主に健全な財政運営、歳入の確保、歳出の適正化、公営企業等の健全経営に関すること)、組織・人材(主に組織機構・人事管理の適正化、給与制度の適正化、人材の育成に関すること)、町民協働(主に町と町民の協働推進、アカウンタビリティの確立に関すること)の各チーム7人のワーキングチームを組織しました。
実際に各職場で仕事をしている若手職員の28名に行政改革推進ワーキングチーム員としての辞令を交付すると共に訓辞をしました。
近い将来、町民の皆様に、「何だか役場の雰囲気が変わったね。」とか「職員のやる気が感じられるようになったね。」とか、一人ひとりの意識の変化を感じていただけるようになることを期待しながら、私自身も率先して職員の手本となれるように頑張りたいと思いますし、職員を育てていきたいと思います。
職員の皆さんには、苅田町発展のために、住民福祉向上のためにという本来の目標を掲げて、生き生きと努力をしながら仕事に取り組むように期待しています。行革は誰のためでもなく、自分のためであったと自覚する日が必ず訪れると思います。それまで一致団結して頑張りましょう!!
夜は、中央公民館周辺の夜間パトロールに参加しました。春分の日も過ぎ、昼間の時間が少しずつ長くなって、夕方7時ごろまで明るくなってきた気がします。パトロールに参加することで、地域の皆さん始め、いつもと違ったメンバーの皆さんと歩くことで、防犯はもとより、日頃はできない交流も深めることができます。

4月16日(火)

☆「旧藏内邸」オープン記念式典

○町長のひとこと
旧蔵内邸オープン記念式典1.JPG 旧蔵内邸オープン記念式典2.JPG
築上町が、町の観光資源の1つとして、一般公開をすることになった「旧藏内邸」のオープン記念式典に出席しました。
式典には、藏内家ゆかりの方を始め、多くの来賓や関係者が出席し、18日の一般公開に先立って、内覧会も行われました。
藏内家は炭鉱業で財を成し、明治30年代に母屋と応接間棟、庭園が造られ、大正5年に大広間棟や茶室、大玄関などを増築し、隣接する貴船神社と参道、石橋なども一体的に建設されました。
藏内邸は、国や県の有形文化財にも指定されており、敷地面積7,135平方メートル、延床面積1,250平方メートルもある大規模和風住宅で、金唐革紙(きんからかわし)を使った仏間や大理石と屋久杉を使用した大玄関を始め、回遊式庭園や中庭など見所がたくさんあります。皆さんも是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

4月15日(月)

☆行橋・京都地区戦没者合同慰霊祭

○町長のひとこと
豊津の八景山神社で多くのご遺族やご来賓が出席の下、行橋・京都地区戦没者合同慰霊祭が執り行われました。戦後68年となるわけですが、ご家族、ご親族をなくされた皆様にとっては、何年経っても、悲しみや苦しみから解放されることはありません。
私たちにできることは、現在の日本の繁栄や平和が、尊い犠牲の基に成り立っていることを忘れることなく、日本だけではなく、世界の繁栄と人類の平和が続くように心に誓い、日々努力を重ねていかなければならないことだと思います。

4月14日(日)

○町長のひとこと
昨日、今日と天気はまずまずですが、風が強くて、思いっきり、アウトドアライフを楽しむところまではいきません。
夕方には雷も鳴って、雨も降り出しました。そう言えば竜巻注意報も出ていました。また、黄砂やPM2.5の問題も続いていますし、最近、私たちを取り巻く環境は確実に変化してきていることを感じさせられます。
そんな中、今日は私にとっては初物のソラマメとタケノコが我が家に届きました。久しぶりに時間があったので、ソラマメとタケノコの皮を剥き、料理をしました。
ついでに、頂き物の高菜漬けを刻んでひき肉と合わせ高菜炒めも作りました。今日の夕食はソラマメの味噌煮とタケノコの煮物、それに、揚げだし豆腐と高菜のひき肉炒めと、とてもヘルシーで春を感じる献立となりました。
残ったタケノコで、タケノコご飯や木の芽和え、てんぷらや煮物など、これから当分の間、タケノコの季節を楽しめそうで、とっても幸せな気分です。

4月13日(土)

☆長畑区幸友会総会
☆苅田町体育協会総会

○町長のひとこと
午前中は、長畑区の幸友会総会に出席しました。長畑区では、今年度から幸友会とその名も改め、新たな取り組みを始めたようです。ちょっとしたことですが、言葉や名称というのはとても大事ですね。老友会ではなく幸友会というだけで、何となくほのぼのとした明るく楽しそうな会のイメージが伝わってきます。
夕方は、苅田町体育協会の総会に出席しました。苅田町体育協会は、年間を通じて、スポーツの競技大会や指導など、スポーツ振興にご尽力をいただいています。
本町では、お子さんから高齢者に至るまでの皆様が生涯スポーツに親しむことにより、体力づくりや健康維持だけではなく、コミュニケーションの手段となることから、地域づくりにも役立ていただきたいと考えています。

4月12日(金)

☆福岡銀行北九州本社ビル完成記念パーティー

○町長のひとこと
福岡銀行北九州本社ビル 完成記念パーティ1.JPG  福岡銀行北九州本社ビル 完成記念パーティ2.JPG
夕方から、福岡銀行北九州本社ビル完成記念パーティーがありました。新しい北九州本社ビルは、色々な趣向を凝らし、ちょっとした美術館的要素もあるそうです。
このパーティーでは、地元の銀行としてしっかり根付くようにと、頭取以下一丸となってサービスに努めていました。頭取自ら羽織袴姿で、地元ゆかりの小倉祇園太鼓を披露したり無法松の一生を歌ったり、副頭取以下も歌やバンド演奏などステージを盛り上げ、なかなかのパフォーマンス振りでした。

4月11日(木)

☆与原小学校入学式
☆釜井健介豊前市長送別会

○町長のひとこと
与原小学校入学式.JPG
今日は折角の入学式なのに、午前中は雨模様の少し寒い天気となりました。それでも、担任の先生に名前を呼ばれると、みんな大きな声で「はい」と返事をし、立ち上がっていました。まるで、春の野に咲いたタンポポのように元気で可愛らしい103人の新1年生でした。少し大きめの真新しい標準服に身を包んだ我が子の姿を見ながら、ご家族の皆さんの方が大きな期待と不安で緊張し、感激していたかもしれません。それにしても、最近は、新入生席よりも保護者席の方が多いようで、家族揃っての参列も珍しくないようです。
釜井健介豊前市長送別会.JPG
夕方は、京築広域市町村圏事務組合(2市5町の首長並びに議会議長)主催の釜井健介豊前市長の送別会が開かれました。
釜井氏は、これまで4期16年間務められた豊前市長を、今月19日をもって勇退されることとなりました。釜井氏は38歳の時に豊前市の市議会議員となってから69歳となられた現在まで約30年間、豊前市発展のためにご尽力されたということです。本当に長い間お疲れ様でした。私も先輩首長として多くのことを教えていただきましたし、時には励ましても頂きました。今後とも、ご健康に留意されながら、各方面でご活躍いただきたいと思います。

4月10日(水)

☆新津中学校入学式

○町長のひとこと
新津中学校入学式.JPG
今年は、新津中学校の入学式に参加させていただきました。
新入生の皆さんは、真新しい制服に身を包み、大きな期待と少しばかりの不安を胸に、今日の入学式に臨まれたことと思います。それは生徒の皆さんだけではなく、保護者の皆さんにとっても同じかもしれません。
新津中学校の今年度の新1年生は、152名で男女ちょうど半々だそうです。中学生といっても、1ヶ月前までは小学生だった皆さんなので、まだまだ可愛らしさが残っていました。

4月9日(火)

☆軍師官兵衛福岡プロジェクト協議会設立総会

○町長のひとこと
平成26年、NHKの大河ドラマで「軍師官兵衛」の放映が決まりました。
県内には、福岡藩城下であった福岡市を始め、黒田官兵衛・長政父子、その家臣などにゆかりの史跡・史料及び遺産を有する市町村があり、福岡県は、観光振興として全国から多くの観光客に来て頂く絶好の機会だと考え、「軍師官兵衛」福岡プロジェクト協議会を設立することになりました。
会長は小川県知事、副会長は髙島福岡市長と末吉福岡商工会議所会頭、名誉顧問は黒田家第16代当主の黒田長高氏です。
私も委員の1人として出席しました。午前中は県町村会の理事会があったので、少し早めに移動し、館内に展示している黒田家ゆかりの品々を拝見しました。これらの品々を拝見すると、大河ドラマをみる時に、これがあの時使われた兜や甲冑だなとか、これが黒田節の元になった槍だなとか、新たな楽しみ方ができるのではないかと思っています。

4月8日(月)

☆2013春の交通安全県民運動推進キャンペーン

○町長のひとこと
春の交通安全県民運動推進キャンペーン.JPG
行橋市のゆめタウンを会場に開催された「2013春の交通安全県民運動推進キャンペーン」に参加しました。このキャンペーンは、県下一斉に行われる春の交通安全運動です。この時期は、通園通学に慣れていない新1年生や新園児等があちこちで見られますので、交通事故には十分に気をつけていただきたいと思います。
また、高齢者の交通事故も後を絶ちませんので、外出時には充分な注意をしていただきたいと思います。
さらに、最近では、自転車による事故も多発しています。携帯電話やスマホを操作しながら、音楽を聞きながら、友達と横並びで話しながら等の運転が目に付きます。
ちょっとした注意で防げる事故は決して少なくありません。あの時○○していればなんて後悔しても、事故が起こってからでは間に合いません。マナーを守っての走行を心掛けていただきたいと思います。

4月7日(日)

○町長のひとこと
らんちゃん.JPG
今日は1日不安定な天気が続きましたが、それでも春は1日1日と色濃くなっていくようです。お招きいただく様々な会場で、春を代表する色とりどりの花々が飾られているのを見ると、とても華やかな気分になります。我が家の庭でも、桜の花は散ってしまいましたが、チューリップや木蓮、さつきと言った花が次々と咲き始めました。藤棚の藤も出番を待って準備万端です。
それらの我が家の花を楽しめる好位置を占めているのが、我が家の愛犬ランちゃんです。ランちゃんの住まいは、何と藤棚の下にありますので、小屋の中でゴロンとなって、春の景色を楽しんでいます。
ところで、チューリップについて少しご紹介します。現在、役場やパンジープラザ、そして我が家でも満開となって、町民の皆様を楽しませてくれているチューリップは、私の大の仲良しの1人である小郡市の花の会の会長から頂いたものです。
昨年、自分で収穫した球根をたくさん持ってきていただき、それをボランティアの皆さんが植えてくださりました。彼女は、まさに私にとっては大事な「花友」です。四季折々の花の種や苗を遠くからはるばる届けてくれます。こんな友達がいて私はとても幸せです。こんなとき、やはり人は人によって支えられていることをつくづく感じます。

4月6日(土)

☆文化協会総会
☆京都医師会看護高等専修学校入学式

○町長のひとこと
今日は、天気予報では、春の嵐になるとのことだったので、文化協会の総会が、無事に開催できるだろうかと心配しましたが、心配したほどのこともなくて安心しました。
長年、文化協会の会長として文化協会のお世話だけでなく、町のあらゆる行事にご協力いただきました会長の赤下さんが、今総会を持って退任されるとのことでした。長い間本当にお疲れ様でした。心から感謝を申し上げたいと思います。
午後からは、京都医師会看護高等専修学校の入学式に出席しました。
昨日のおばせ看護学校もそうですが、入学される皆さんは、これから、学校生活の中で、実習や様々な体験を通して、命の重みを感じ、看護の技術や知識を学んでいくことになるわけですが、大事なことは、医師や患者の方との信頼関係がなければ、病気の治癒は望めません。
そのためには、常に、「人」としての感性を磨く努力を続け、豊かな人間性と温かい心を育てていくことだと思います。どうか看護師への厳しい道のりが待っていることと思われますが、初心を忘れず頑張って、立派な看護師として社会に巣立ってくださるように応援しています。

4月5日(金)

 ☆おばせ看護学院入学式

○町長のひとこと
大群前副町長が、後任の櫻谷新副町長に仕事の引継ぎのため来町されました。
退任されて(県庁に戻られて)からまだ1週間も経たないのに、「福岡県総務部県民情報広報課課長補佐の名刺」を渡され、挨拶を受けたときには、何だか少し遠くなった感がして、チョッピリ寂しさを覚えました。
そう言えば、前々副町長の野上さんからもメールを頂きました。異動の挨拶が主ですが、いつまでも苅田町のことを気にかけていただき有り難く思います。
おばせ看護学院入学式.JPG
午後からは、昨年開校したおばせ看護学院の入学式に出席しました。町内には小・中・高・大学に加えて専門学校と結構な数がありますので、年度末・年度始めは入学式・卒業式の出席で大変忙しい日々となります。

4月4日(木)

○町長のひとこと
早くも桜の花が終わりを告げ、葉桜の季節を迎えようとしています。
今日は、年度始めの行事も一段落して、少し時間ができました。この間忙しくて、不義理をしていた方々に、お礼の手紙を書いたり、返信メールを送ったりと、気になっていた仕事を少し片付けました。
また、遅れ遅れになっていたブログですが、過ぎた日のできごとや行事を思い出すのは、この歳(?)になると簡単にはいきません。これからは同時進行で書き込みができるように頑張ろうと、決意を新たにしたところです。
こうしている間にもお客様が次々とお見えになったり、庁舎内の打ち合わせが入りますので、中断を余儀なくされますが、できるだけ新鮮なブログをお届けしたいと思います。
新年度を迎え、行政改革に取り組むことにしていますが、私の改革に取り組む姿勢として、今月から報酬の5パーセント減額、朝も今までより30分早く登庁することに取り組んでいますが、新鮮なブログをお届けすることもその1つにも加えたいと思います。

4月3日(水)

☆西日本工業大学入学式

○町長のひとこと
西日本工業大学入学式.JPG
年度末に、退・転任の挨拶に来られた方々の後任や新任の皆様が、年度始めとあってご挨拶に見えられます。本町の副町長もあちらこちらと着任のご挨拶に町内を駆け回っています。
私は西日本工業大学の入学式に出席しました。行橋市長と交互に隔年で地元来賓挨拶をさせていただきます。
春の陽光を浴びて、桜の花びらが舞う中を、希望に胸を膨らませて、これから学ぶことになる大学の門をくぐるというのは、感激もひとしおですね。これからどんな出会いや出来事が待っているのか、少し不安と期待を胸に抱きながら入学した45年前を思い出します。
本日入学された皆さんも、きっと同じ思いで入学式に臨んだことと思います。これからの4年間、それぞれの分野で知識を深め、技術を磨いて、新しい時代を切り開く力を蓄えて、世の中に出ていく準備をしていただきたいと思います。
そして、縁あって苅田町で過ごすことになった皆さんには、苅田町の自然や文化を満喫していただき、良い思い出をたくさん作ってくださるように願っています。

4月2日(火)

☆福岡京築農業協同組合発足式

○町長のひとこと
福岡京築農業協同組合発足式.JPG
今日は、豊前市で福岡京築農業協同組合の発足式がありました。県の服部副知事を始め、多くの来賓や関係者が列席して、盛大に式典が催されました。
かつては、京築地域に、45の農協があったそうですが、今では1つにまとまったということです。
農業は、後継者の問題や遊休農地の荒廃化など大変な問題が山積していますが、福岡京築農業協同組合の今後のご発展を期待しています。

4月1日(月)

☆辞令交付

○町長のひとこと
辞令交付.JPG
いよいよ、今日から平成25年度の始まりです。今年は切りよく、月曜日からのスタートとなります。年度末も大変でしたが、年度始めも大変です。始業と共に、派遣職員等辞令交付(副町長、国土交通省・九州地方整備局からの派遣職員)、町費負担教職員辞令交付(20人)、新規採用職員辞令交付(5人)、再任用職員辞令交付、職員異動辞令交付、開発公社辞令交付とそのたびに訓示をしました。
その後は、新規採用職員研修の講話です。これから3日間、新規採用職員は研修やオリエンテーションを受けますが、そのトップとして、私が、町政に対する姿勢や方針、まちづくりの方向性、職員としてのあり方などについて話しました。
今後は、行政のプロになるための実際の業務について、上司から話を聞いたり、ビジネスマナーの研修をマナーデザイナーの方より教えていただいたり、町内施設を見学したりと慌しい日々が続きます。
そうして、半年間の試用期間を経て、正規の職員となります。新規採用職員のみなさん、頑張ってください。
また、新しく苅田町の住民となられた櫻谷健治(さくらやけんじ)氏には、これから苅田町の副町長として私の補佐をしながら、苅田町の発展と住民福祉の向上のためにご尽力をいただくことになります。
彼は、福岡県の農政部農地計画課や生活労働部労働局新雇用開発課、企画振興部地域政策課、企画・地域振興部空港対策局空港整備課など多方面に亘って仕事をしてこられました。それらの知識と経験を生かして大いにご活躍くださるものと期待しています。皆さんも、1日も早く顔を覚えてくださいね。
こうして、平成25年度初日が終わりましたが、年度が変わるということはいいものですね。今までと違う何かが起こりそうで、わくわくします。また、実際、何かが変わらないといけません。新しい気持ちで頑張ります。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.