福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成25年1月分町長ブログ

1月31日(木)

○町長のひとこと
予算編成時期に入っていますので、何かと大変です。とりわけ、今年は、政権が変わり、新たな制度や施策が次々と打ち出され、それに伴い、補正予算が組まれているようですが、地方自治体に配分される金額の詳細が確定していない状況の中、議会に上程するぎりぎりまで町予算の確定が難しそうです。

1月30日(水)

☆港まつり振興会

○町長のひとこと
昨年11月に港まつり花火大会を開催しましたが、今年は、5月の開催を目指して新しく実行委員会を組織し、取り組むことになりました。
開催日までの期間が短いので、皆で協力して、効率的に準備を進めなければなりません。住民の皆さんの祭りを楽しんでくださる笑顔を思い浮かべながら、頑張りましょう。
夜は、年1回開かれる協助会のボーリング大会に参加しました。ボーリングは私たち世代が若い頃に流行ったスポーツで、現代の若者より、むしろ、ある程度の年齢に達した方に馴染みがあり、得意とするスポーツです。そういった意味では、年齢によるハンディーがないので、誰でも取り組めるスポーツと言えるかもしれません。
それに何より大切なことは、日頃忙しくてなかなか会話を交わす時間が取れない中、上下の関係、年齢の関係、職場の関係を超えて、触れ合う機会になるということが最も大事だと思います。と言いながら、私の属するチームは、団体戦で2位を獲得しました(きっと、私に配慮して、最強メンバーをそろえてくれたのでしょう)。ブービー賞を狙った個人戦は、残念ながら逃しましたが、最下位ではなかったことは確かです(念のため)。

1月29日(火)

☆福岡県町村長セミナー

○町長のひとこと
今日は、福岡県町村会主催の福岡県町村長セミナーが開かれました。
「町村における法的リスク管理」と題して、河野・野田部法律事務所の野田部哲也氏による講演のあと、小川知事の特別講話がありました。
町村とりわけ私たちの立場としては、沢山のリスクを抱えています。地震、風水害、感染症等の自然発生的リスクから財政破綻や契約トラブル、事務処理ミスといった組織内のリスクまでリスク管理の現実があります。それをどう対処していくかは私たち町長の大きな課題です。そういった意味では、私もその危機感に常に脅かされているといっても過言ではなく、日々大変な重圧感を感じながら仕事をしています。
そんな中でも、この仕事について本当に良かったと感じるのは、こんなことがなければ知り合えなかった多くの住民の皆さん、職員の皆さんと知り合いになり、互いに信頼し合いながら、支えられて仕事ができることです。
また、幸福度日本一を目指す小川知事からは、県勢の現状や、課題、これからの取り組みについてお話をいただきました。

1月28日(月)

○町長のひとこと
美しい空016.jpg
新年を迎え、書初めということもあるのでしょうか。様々な書道展が開催されているようですが、その1つを紹介します。
第62回和光塾展の「児童生徒の部」で馬場小学校4年生の中村結さんが苅田町長賞を獲得しました。おめでとうございます。
この欄でも時折紹介させていただいていますが、町内には書道で活躍されている方が多数いらっしゃいます。
例えば、全国規模の書道展に入選者を多く輩出している柿本求峰氏の仲間の皆さんや青豊高校書道部で活躍する皆さんなどがその代表です。
日本の伝統的な芸術であり、高齢者から小さなお子さんまで取り組めるというのも魅力の1つでしょうか。それに、落ち着いてゆったりとした気分で集中力を高めて、姿勢を正して臨まなければならないという意味では、精神修養の一手段にもなるかもしれませんね。

1月27日(日)

○町長のひとこと
ランちゃん.jpg
生後13年目を迎え、最近はめっきり体力が衰えて病気がちで、病院通いが日課となり、薬も手放せなくなった我が家の1員である愛犬のランちゃんは、このところ、電気ヒーター完備の犬小屋の中にうずくまって、なかなか外にでてきません。そのせいか、食欲も余りなく、体には良くないと思っても、少しでも食べさせようと、好物の空揚げや焼き鳥など与えたりしていましたが、ここ2,3日、餌入れに入れてあげたドッグフードが空になっています。少し元気になって完食できるようになったと家族で喜んでいたら、どうやらそうではなかったようです。
或る日、ふと気がつくと、犬の餌入れをカラスがつついています。どうやら、餌を完食していたのはランちゃんではなく、カラスだったようです。今朝も近くの電線に止まって、私が餌をやる様子を「カア、カア」と鳴きながら見下ろしていました。全く、図々しいったらないですね。腹が立つやら悔しいやらですが、カラスもきっと生きていくのに一生懸命でしょうから・・・。
これからもランちゃんと慰めあい、励ましあいながら一緒に生きていこうねといつも話しかけています。雨が降ろうと、雪が降ろうと、足を引きずってでも出迎えてくれるランちゃんは私のかけがえのない家族です。

1月26日(土)

☆行橋市・京都郡遺族連合会新春の集い

○町長のひとこと
今日は、行橋市・京都郡遺族連合会の新春の集いです。
戦後67年(昭和20年生まれの私にとっては、戦後何年は私の年と同じ)、ご遺族の方々も高齢化し、会員数も次第に少なくなっていっているのが現状だと思います。
これからも、先の大戦でお亡くなりになった方々に哀悼の意を捧げ、残されたご遺族の皆様のご苦労に思いを馳せ、世界の恒久平和を祈っていきたいと思います。

1月25日(金)

☆西日本新聞社北九州本社「2013新春パーティ」
☆苅田町PTA連絡協議会情報交換会全体会

○町長のひとこと
北九州地域の政財界、経済界の皆様が集まっての西日本新聞社の新春パーティに出席し、多くの方々に新年のご挨拶をしてきました。北橋北九州市長にもお会いし、北九州市は、今年市制50周年を迎えるそうで何かと準備が大変なようでした。
夜は、苅田町PTA連絡協議会情報交換会に出席しました。町内のPTA活動につきまして、苅田小学校PTAが、優良PTA文部科学大臣賞を受賞されたといううれしい出来事がありました。町内では4校目、3年連続で町内PTAが表彰されることなりました。
昨今は、家庭における教育力の弱まりが懸念されると共に、子どもたちの挨拶や就寝時間、食生活など基本的な生活習慣の乱れが問題となっています。
今後とも、児童・生徒の健やかな成長のために活動を継続していただき、子どもたちが安心して学校に通えるように、家庭環境を整えていただくと共に、学校教育に対するご支援もよろしくお願いしたいと思います。

1月24日(木)

☆民生委員との新年会

○町長のひとこと
民生委員との新年会.JPG
今日の社会福祉は、少子高齢化が進む一方で、社会的格差と貧困層の拡大など、これまでの福祉制度では対応できない様々な課題を抱えています。加えて地域社会の絆の崩壊が進む中、地域住民の福祉に対するニーズは高まるばかりです。
本町においても、生活保護世帯や高齢者世帯、母子・父子家庭世帯は何れも増加傾向にあり、地域社会の繋がりが希薄になっていることと相まって、同様であると思われます。
このような状況の中、民生委員・児童委員の皆様の果たす役割りも益々重要になっています。地域で課題を抱え、孤立している方々の相談や支援、見守りといった行政の手の届かない大切な部分をそれぞれの地域で担っていただいていることから、そのご苦労は並大抵のことではないと心から感謝申し上げています。
今後とも、福祉の向上を目指し、行政としっかりスクラムを組んで、安心して暮らせる地域社会づくりにご協力いただきますようお願い申し上げます。

1月23日(水)

☆港湾関係団体新春賀詞交歓会

○町長のひとこと
港湾関係団体新春賀詞交歓会.JPG
今日は、全国の港湾関係者や関係自治体が、一堂に会する全国港湾関係団体新春賀詞交歓会に出席しました。多くの国会議員の先生方を始め、港湾局を中心とした国土交通省の皆様、民間の港湾関係の皆様、全国の港湾を有する自治体の首長など、本当に大勢の皆様がお集まりになりますので、名刺を持っての挨拶回りが大変です。
町長として8年目となったこと、また、数少ない女性町長ということで覚えられやすいという利点があるからでしょうか。顔を覚えていただいていて、思いがけず先方様から先に声を掛けていただくなど、大変恐縮する場面も多々ありましたが、しっかりと情報交換をしてまいりました。

1月22日(火)

☆法務勉強会

○町長のひとこと
法務勉強会は、若手職員による自主勉強会です。1日の仕事が終わった後、自主的に残って勉強をしようという若手職員がいることは、大変勇気づけられますし、町の将来にとりましても大変意義あることだと思います。
今回は、私を講師に呼んでいただきましたので(毎年、年度最後の講師は私が務めるのが恒例のようです。)、現在の町全体の情勢、来年度以降の行財政改革に取り組む姿勢、住民協働のまちづくりについての思いなど、日頃私が考えていること、取り組んでいることなどについて、1時間半に亘って話させていただきました。
受講した職員からは、日頃は自分達の担当の職場のことしか見えてないので、町の目指している方向や町や住民、職員に対する私の思いが直接聴けてよかったと、前向きに受け止めてくれたようで嬉しく思っています。こういう機会を大切にして、職員と思いを共有しながら、目指すまちづくりに1歩1歩近づいていければと思っています。

1月21日(月)

☆町内現場視察

○町長のひとこと
平成25年度の予算編成に当たり、道路や施設など修繕や拡充すべき箇所を見て廻りました。
平成25年度から3年間は、行財政改革に取り組むことにしていますので、自ずと見る目も厳しくなり、事業推進に当たっては、住民のためになることを心がけながら、取り組んでまいりたいと考えています。

1月20日(日)

☆苅田町柔剣道大会
☆消防出初式

○町長のひとこと
苅田町柔剣道大会.JPG
今日の苅田町柔剣道大会には、大分県宇佐市からも参加してくださっていました。
驚いたのは、とても可愛らしいチビッ子剣士や柔道選手が、男女を問わず、大勢参加していたことです。それぞれのユニフォームに身を包み、凛々しくもあり、可愛らしくもあり、思わず微笑みかけたくなりました。最後まで見届けることはできませんでしたが、怪我などはなかったでしょうか。
消防出初式.JPG
その後、消防出初式に臨みました。
年によっては、天気に恵まれない日もあり、冷たい寒風の中、凍えそうになりながら壇上で式辞を読み上げたこともあります。
今年は、暖かな日差しに包まれての出初式になりました。参加してくださった関係者の方々、お子様連れの一般の皆さんも、震えながらの参加とならずに喜ばれたのではないでしょうか。お子さんにとっては憧れの消防車や救急車を間近に見ることができる上に、試乗までできるのですから大喜びだったと思います。私にとっては1年に1回、消防の制服に身を包み、敬礼をする日です。実はちょっと気恥ずかしいのですが・・・。

1月19日(土)

☆区長連合会新年会

○町長のひとこと
今日は、苅田町の地域行政を担うという大変大事な役目を果たしている区長連合会の皆様との新年会です。
町行政について、日頃思っていること、気になっていることなどの情報交換ができ、とても参考になります。

1月17日(木)、1月18日(金)

☆新年の挨拶(東京)

○町長のひとこと
町内に立地していただいている企業の本社に、新年の挨拶と町民の雇用、社員の町内定住、地場中小企業者の育成をお願いするため、上京いたしました。
東京周辺は昨日の大雪の名残があり、ビルの谷間や日の当たらないところでは、雪の塊があちこちに残っていました。昨日の都心部の交通機関を始めとする混乱の様子が目に浮かびます。
いつものことながら、各社共に大変丁重な対応をしてくださるうえに、今回は新政権の下、経済界にも明るい見通しがも戻ってきたとあって、期待感も相まって、皆様一様に活気を取り戻しつつあるように感じました。企業の皆様が元気になることが、苅田町の元気につながるわけですから、私としても嬉しい限りです。

1月16日(水)

☆苅田町ふれあいマラソン大会の寄付(日立金属株式会社)
☆暴力追放!地域決起会議

○町長のひとこと
マラソン大会寄付(日立金属株式会社).JPG
今年も苅田町ふれあいマラソン大会の開催にあたり、日立金属株式会社様からご寄付をいただきました。今年で第31回大会となりますが、第9回大会から継続してのご寄付をいただいております。誠にありがとうございます。
ご寄付は、当日の参加賞としてお配りするTシャツの費用に使わせていただいています。今年はどんな色のTシャツになるのでしょうか。今から楽しみです。
暴力追放!地域決起会議.JPG
午後からはコスメイト行橋で、「暴力団追放!地域決起会議」(北九州地区)が開催されました。主催者の小川県知事の挨拶の後、「北九州の暴力団情勢」について県警の暴力団対策部副部長より説明がありました。
続く、右田・深澤法律事務所の深澤直之弁護士による「プロ野球、大相撲からも暴力団排除」と題しての講演でした。暴力団をいかにして排除し、撃退するかという実践談を説得力のある口調でお聞かせいただき、とても参考になりました。
最後に、暴力団追放宣言を読み上げ閉会しました。「私たちは暴力団を利用しないぞ」、「私たちは暴力団を恐れないぞ」、「私たちは暴力団に金を出さないぞ」、「私たちは暴力団と交際しないぞ」の気構えを大切に、私も引き続き町政に臨んでまいります。

1月15日(火)

☆小学校女性管理職の会

○町長のひとこと
町長就任前には、教育委員や教育委員長として町の仕事をさせていただきました。それが、町行政との出会いといえるかもしれません。教育行政は、独立性が尊重されていますので、一般行政とは少し異なりますが、当時、女性の教育委員に任命いただいたという立場を重く受け止め、小中学校の女性の先生方と月1回で勉強会を開いたり、女性管理職の登用を提言したりと、教育のあり方について現場の先生方と真剣に学びあいました。
その時の先生方が、今では管理職として苅田町の教育をしっかりと支えてくださっています。このようなご縁から、今でも先生方とは親しくお付き合いをさせていただき、時折、教育現場の話も聞かせていただいています。
町内女性管理職の先生方13名全員が一堂に会して食事を共にしながら、思いっきり話ができるなんて最高の幸せです。彼女たちのご活躍ぶりに刺激を受け、パワーもいただきました。苅田町の子ども達の将来は先生方にかかっています。これからも頑張ってください。エールをお送りします。(フレー、フレー)

1月13日(日)

☆成人式

○町長のひとこと
成人式1.jpg  成人式2.jpg
毎年、今年はどんな新成人が誕生し、どんな成人式になるのかなと、期待半分、不安半分といったところで、式典に臨みます。数年前は、式場に1升びんを持参して気勢(奇声?)を挙げていた新成人もいて、私も、思わず、かつての教師魂が目を覚まし、お説教をしてしまったということもありました。その後、年を追うごとに落ち着いた雰囲気になり、式典も滞りなく挙行できるようになりました。
今年も派手な衣装に身を包んだ若者が何人かいましたが、晴れやかな中にも厳かささえ感じられる式典となりました。進行役の方も、20歳の誓いを述べられた方も、堂々としっかりとした口調で、本当に素晴らしい成人式でした。私の話も静かに聞いてくださり、今後のまちづくりのパートナーとして、信頼できると確信したところです。
今回の成人式を迎えるに当たって、新成人の皆さんにまちづくりについてのアンケートを実施したところ、約3分の1の回答があり、その内容は私たちの期待を裏切らないものでした。将来の頼もしい人材が育っているようで嬉しい限りです。

1月11日(金)

☆県町村会理事会・新年会

○町長のひとこと
今日は、今年最初の県町村会理事会並びに新年会に出席しました。私は1滴もお酒を飲みませんが、飲まれる方は違った意味でも疲れるかもしれませんね。

1月9日(水)

☆北九州港湾・空港整備事務所新年挨拶

○町長のひとこと
今日は、北九州港湾・空港整備事務所へ新年の挨拶に行きました。ここにも苅田町から人事交流として、若手職員が港湾の勉強のため出向しています。ここでも職員が、とても優秀だとお褒めを頂きました。

1月8日(火)

☆新年の挨拶(九州地方整備局、県庁)

○町長のひとこと
今日は、九州地方整備局(道路、港湾、空港等に関わる国の出先機関)と県庁に新年の挨拶に伺いました。
県庁前の東公園は、十日恵比寿の市が立っていて、恵比寿祭りに欠かせない縁起物の品々を片手に、行き交う人々の姿が目立ちました。
また、県に出向している町の職員たちの顔も見てきましたが、元気に頑張っているようで、お世辞も含まれるとは思いますが、県の方から高いご評価をいただき、とても嬉しく思いました。

1月7日(月)

☆新年の名刺交換会

○町長のひとこと
新年の名刺交換会1.JPG 新年の名刺交換会2.JPG
今年も、苅田町総合体育館におきまして、苅田商工会議所のご尽力により、町内の事業者並びに関係の各界の皆様が一堂に会する新年名刺交換会が開催されました。昨年の日本経済は、長引くデフレや円高により足踏みの1年でしたが、昨年12月に誕生した新政権では、デフレ脱却に最優先で取り組むなど、経済政策に力を入れる方針と発表されています。
今年こそは、景気に明るい展望が開けるよう期待しています。平成25年が、希望に満った素晴らしい年になることを心から願わずにはいられません。
そう言えば、この行事では必ず、「年の初めのためしとて・・・」で始まる「1月1日」という歌を全員で合唱します。若い方はご存じないかもしれませんが、私と同年輩或いはそれ以上の方には懐かしい歌ですよね。小学校何年生くらいまでだったでしょうか。元日には新調してもらった晴れ着を着て登校し、全校集会で必ず国歌とこの歌を歌っていたような気がします。そのことで、お正月という節目を感じていたような気がします。

1月5日(土)、1月6日(日)

○町長のひとこと
年末年始は買い物やもちつき、おせち料理作りで大変忙しく、掃除が行き届きませんでしたので、この両日でお正月の後片付けをはじめ、家中を片付けて、大掃除をしました。来週からは、本格的に忙しい日々が始まります。

1月4日(金)

☆仕事始めの式

○町長のひとこと
明けましておめでとうございます。2013年(平成25年)は、時折、雪がちらつく寒さの中で幕を開けましたが、皆様はどのように迎えられましたでしょうか。きっと、日頃は遠くにいて、なかなか会えない家族も揃っての新年をお迎えのことと拝察いたします。
しかし、最近は便利になった反面、日曜も祭日もお正月も関係なく、働かれている様子をよく見かけます。
お正月といえば必ず「六段の調」や「千鳥の曲」といった琴の演奏曲が流れ、お正月気分を演出してくれていましたが、それもめったに聞かれなくなりましたし、振袖姿やしめ飾りを飾った車なども見かけなくなり、今となっては、懐かしいお正月の風景となっているようです。
一方、お正月に外食したり、国内や海外のホテルで過ごされる方は益々増えているようです。世の中が変わっているのだからと言えばそれまでですが・・・、私の年代にはちょっぴり淋しい気がしないでもありません。
私は、今年も手作りの御節料理に奮闘し、集まった家族や親族に「おばちゃんの作るおせち料理はいつ食べてもおいしいね。これが楽しみで帰ってきたよ。」と甥や姪たちに言われて、いい気になって張り切り、皆が引き上げた今はすっかり疲れてぐったりです。これも私にとっては嬉しい、幸せなお正月です。
さて、いよいよ、今日は仕事始めです。昨年の仕事納めのときにも職員に訓示をしましたが、今年は、行革を決断し実行する年です。
でも、ものは考えようだと思っています。今までの恵まれた財政力を活用しての豊かな町政から、真の意味での豊かな町政へと、目指すまちづくりの方向を大きく転換させるチャンスだと思っています。
そのためには、職員一人ひとりが、知恵や知識、情報、技術力等を発揮し、それぞれの持つ力を結集させ、住民の皆様と一緒に、まちづくりに取り組む必要があると考えています。
新しい年が皆様にとりまして、ご健康で、幸多き1年となりますように、心からお祈り申し上げます。併せて、今年一年間、改めて皆様のご支援並びにご協力をよろしくお願いいたします。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.