福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒
苅田町ホームページ > 町政について > ようこそ町長室 > 町長ブログ > 平成24年町長ブログ > 平成24年12月分町長ブログ

平成24年12月分町長ブログ

12月28日(金)

☆ライオンズクラブ表敬訪問(マレーシアから苅田町へホームステイ)
☆仕事納めの式

○町長のひとこと
ライオンズクラブ表敬訪問.JPG
12月15日に来日し、昨日まで筑穂ライオンズクラブのホストファミリー宅でホームステイをし、引き続き苅田ライオンズクラブのホストファミリー宅でホームステイをするというチュアカイレオンさんが、ライオンズクラブの皆さんと共に表敬訪問に訪れてくれました。
彼は16歳の高校1年生で、趣味はバスケットボールや登山、コンピューターゲームをすることだそうですが、ホームステイを通じて日本の文化を学べることが楽しみだと語ってくれました。
帰国は1月6日だそうです。日本の年末年始の習慣や行事を経験することで、是非、日本の文化の一端を学んでくだされば幸いです。
仕事納めの式では、来年から3年間に亘って、行財政改革に取り組もうとそのプラン策定のため、行政改革推進本部を立ち上げた厳しい年ではありますが、恵まれた財政力を誇るのではなく、住民と地域と行政とが一緒になって、数ある自治体の中でもきらりと光る、元気とやさしさに満ち、希望溢れる苅田町を目指そうと呼びかけるつもりです。
1年間私のブログを読んで下さった皆さん、ありがとうございました。来年も頑張って続けたいと思いますので、よろしくお願いします。
それでは皆さん、ご家族揃ってお幸せな新年をお迎え下さい。
これで今年のブログも終了です。(フ~)

12月27日(木)

☆日本善行会表彰表敬訪問

○町長のひとこと
羽広様、長田様表敬訪問.JPG
苅田町青少年育成町民会議の会員で40年以上に亘って少年補導にご尽力をいただいた羽広、長田両氏が揃って日本善行会から表彰を受けられました。
長年のご活躍が認められての表彰、誠におめでとうございます。併せて私からも感謝を申し上げます。お2人は、今後も、少年補導員を続けてくださるそうで実に頼もしい限りです。

12月26日(水)

○町長のひとこと
国保連合会理事会のために福岡へ出かけたのを利用して、苅田町から県に派遣や人事交流で出向し、県庁で仕事をしている職員と情報交換をしました。
元気で頑張っている様子で安心しました。若い彼らが、しっかりと学んで帰ってきてくれれば、役場の新しい風にもなりますし、他の職員へのよい刺激になるのではと期待しています。

12月25日(火)

☆保健師との勉強会

○町長のひとこと
先日、長野県の蓑輪町に「健康づくり」をテーマとして、京築の首長たちで研修に行ったことはこのブログでも紹介したと思いますが、今日はそのときの資料を基にして、保健師の皆さんたちと、苅田町の健康づくりについて勉強会をしました。
当日、担当からお聞きした話も含め、私のほうから色々提案させていただき、苅田町の現在実施している健康づくりについて、何か参考になるところはないか、見直すところはないかなどしっかり話し合いました。
その結果、苅田町も箕輪町の健康づくりに劣らない内容で講座や運動など取り組んでいるけれど、もう少し体系的に整理し、成果がはっきり見えるようにしていこうという結論に達しました。それには、参加する住民の皆さんの意識も大事となります。皆さんのご協力をいただきながら町民の健康維持・増進ができればと期待しています。こうして直接話し合える場をどんどん作っていくことも必要ですね。

12月24日(月)

○町長のひとこと
世間ではクリスマスイブということで、御馳走を食べたり、プレゼントを交換したりと大変賑わっていますが、お寺である我が家はそういう習慣がありません。
どれだけの方が、今日はイエス・キリストがお生まれになる前夜だということを意識して祝っているのでしょうか。キリスト教徒でない多くの日本人は、ただその雰囲気を楽しんでいるのかもしれませんね。勿論、気難しいことは考えずに、楽しいことは沢山あった方がいいと私も思っています。
ところで、クリスマスイブの今日、苅田駅前のイルミネーションがバージョンアップされて、クリスマスツリーが出現するなどクリスマス仕様になっていたことに気づかれましたか?
イルミネーション実行委員会の皆様のご尽力に再度感謝です。

12月23日(日)

○町長のひとこと
職員のお父様のご葬儀に参列して、喪主の方にご挨拶に伺ったら、職員のお母様が私のよく存じ上げている方だったのでびっくりしました。
若い頃、公民館の洋裁教室に通っていたのですが、その頃の教室仲間でした。思わぬところで、職員のお母様としてつながりました。亡くなられた方は職員のお父様であり、彼女のご主人様だったということです。
心よりお悔やみ申し上げます。

12月22日(土)

○町長のひとこと
最近の結婚式では仲人なるものが存在しませんので、席について披露宴が始まると同時に、準備する間もなく来賓挨拶となります。
私はいつも結婚が成功する秘訣は、好きな人と結婚することも大事ですが、それ以上に結婚した相手を好きになることだと言わせていただきます。
更に、幸せな結婚生活を送るためには、「ありがとう」を惜しまずに、「ごめんなさい」を忘れずに、「愛しているよ」を照れずにお互い言い合いながら、相手を敬い、大切に接していくことが最も大事なことだとだと付け加えさせていただいています(結婚の経験もない私が言うのもどうかとは思いますが・・・)。
皆さんはどうですか。こんな結婚生活を送っていらっしゃいますか

12月21日(金)

☆スターフライヤー優待券抽選会

○町長のひとこと
今年もスターフライヤー社の株主として優待券が届きましたので、恒例の抽選会を行いました。
応募総数638通(有効数625通)の中から、私と副町長で抽選した結果、270名の方が当選されました。当選者の皆様おめでとうございます。
当選されなかった皆様には誠に申し訳ありませんが、来年こそはと、期待をしていただきたいと思います。優待券は往復分となっていますので、有効にお使いください。

12月20日(木)

☆青豊高校弓道部全国大会出場表敬訪問

○町長のひとこと
青豊高校弓道部.jpg

青豊高校(旧築上中部高校)の男子弓道部が、県予選で優勝し、12月末に開催予定の全国大会に出場が決まり、苅田中学校出身の生徒を含むメンバー4人が表敬訪問に訪れてくれました。
弓道は、技術だけではなく、どれだけ精神統一をして、1射1射を的に当てるかという競技なので、まさに精神修養には適した競技かもしれません。今日お会いした皆さんも、何となく高校生としては大変落ち着いていたような気がしました。
青豊高校は、書道も全国的に有名で、毎年、書道の生徒の書を使って作成したカレンダーをいただいています。

12月19日(水)

☆K-1グランプリの報告
☆スターコーンFM「新年の挨拶」収録

○町長のひとこと
12月1日(土)に井場川緑地で開催された、「K-1グランプリ」かんだ食の祭典(グルメ大会)で、苅田町消防職員が出店した「牛すじ煮込みうどん」が見事優勝をしました。
つゆが大変好評で、用意した400食があっという間に売れたとのことでした。流石、当直当番で、夕食の調理をしているだけあって、味と腕は申し分なかったようです。
今日は,そのときの優勝賞金を、東日本大震災の被災地に寄付したいと届けてくれました。災害発生と同時に被災地応援に駆けつけた皆さんの思いが詰まった寄付金です。大事に届けたいと思います。
ちなみに、署員が作る料理の中で、消防長一押しのメニューは“手作り餃子”だということですので、私も一度馳走になってみたいと思っています。
昨日からの風邪で、がらがら声にもかかわらず、スターコーンFMの「新年の挨拶」の収録がありました。新年早々の挨拶をこんながらがら声でお届けするなんて(いつもは美声なのに?)とても残念です。それにしても、もうそんな季節になったのですね。

12月18日(火)

☆議会閉会

○町長のひとこと
12月3日に開会した12月定例議会が今日閉会しました。
上程した16件の議案も、議員さんたちのご理解・ご協力をいただいて全議案が可決されました。
緊張が少し解けたのでしょうか、途端に風邪を引いてしまいました。のどは痛いし、声はガラガラと、どうやら鼻からではなくのどから始まったようです。年末年始の大忙しのときに風邪で寝込むなんてことになったら大変です。大事に至らないように病院のお世話になることにしました。

12月17日(月)

☆港まつり反省会
☆親和会懇親忘年会

○町長のひとこと
今日は、9月1日(土)と11月11日(土)の2回に分けて行われた平成24年度の「かんだ港まつり」の反省会が開かれました。
今年は、町役場ではなく商工会議所の青年部の皆さんを中心とする実行委員会が中心となって、企画立案し実施いたしました。
初めての試みでしたが、振興会の皆さん、実行委員会の皆さん始めご協力いただいた皆さんのお蔭で無事開催できたことを、まず感謝申し上げます。
とりわけ、商工会議所青年部の皆さんを中心とする実行委員会のみなさんのご苦労は大変なものだったと思っています。
今回の事情や問題点、経験を踏まえ、来年につなごうと熱心に意見が交わされました。組織のあり方、警備体制、開催の時期、その他見直すことがありそうです。
夜は町内の7企業で構成する「親和会」の懇親会があり、衆議院選挙の翌日とあって、その結果と効果についての話題で花が咲きました。
経済再生を掲げた自由民主党が圧勝し、企業を始めとする経済界も期待をしているようです。それにしても、最近の選挙結果は極端ですね。

12月16日(日)

☆地産地消フェア

○町長のひとこと
地産地消.jpg
こちらも年末恒例となった、第10回農業水産まつり「ふるさと苅田地産地消フェア2012」が開催されました。
お天気にも恵まれ、早朝から大勢の方々が訪れてくれました。中には町外からの方もいらっしゃって、年々賑やかになっていく感があります。
「地域で生産した食べ物」を、「地域で消費する」ということをアピールするため、地元の農水産物の販売を通して、生産者と消費者が直接触れ合う機会を増やすことを目的として開催しているわけですが、地元でとれた安心で安全な食材や料理の大切さ通して、お子さんたちの食育にもつながればと思います。
今日は、地元でとれた新鮮な農水産物に加え、めったに食べることができないイノシシ鍋や環境にちなんだクイズ大会、牛乳の試飲、お米のつかみ取りなど来場者の皆さんは大いに盛り上がって、楽しみながら買い物をしていました。
また、この日は、今年12月にできたばかりの苅田町の特産品、度数20度の紫芋焼酎「美夜古紫」もお披露目をしました。一層まろやかでフルーティーな味に生まれ変わり、パッケージ・ラベルのデザインも苅田町在住のイラストレーター「しいたけさん」の手により一新され、値段も1500円と安くなりました。年末年始の贈り物として是非ご利用いただきたいと思います。パッケージと同じデザインのはっぴを着用して会場内を1周しましたが、大変デザインが素晴らしいと後姿(?)に賞賛の声をいただきました。
これをきっかけに苅田町の特産品が、たくさんの人の目に触れ、町の活性化に役立つことを願っています。

12月15日(土)

☆くすの木作業所「地域交流福祉もちつき大会」

○町長のひとこと
年末恒例のくすの木作業所の「地域交流福祉もちつき大会」に参加しました。作業所の仲間を中心に、ご家族の皆さん、社協の皆さん、ボランティアの皆さん等々大勢の仲間が集まって、賑やかにペッタンペッタンと、昔ながらの杵と臼を使って、次々に交代しながら、手づきのお餅が出来上がっていきます。
つき上がったばかりのお餅を、あん餅やきな粉餅にして、口にほおばりながら「おいしい」「おいしい」とみんなとっても幸せそうでした。
雨模様だった天気も、いつの間にか空から温かい日差しが降り注ぐ天気へと変わり、このもちつき大会を応援してくれているようでした。

12月14(金)

☆二十日会忘年会

○町長のひとこと
忘年会シーズン到来で、今日は、二十日会(役場OBの会)の忘年会に出席しました。二十日会という命名の由来はよく分りませんが、察するに、役場の給料日が20日だったことに起因するのではと思っていますが・・・。
参加者の中には80歳を超える方もいらっしゃり、かつての役場職員の皆様とお話しをしていると、当時の町や役場の様子が色々聞けて、町の移り変わりや先輩たちのご苦労もうかがわれて、大変興味深いです。
また、今の町や行政についてのご提言もいただけるので、先輩とは、いつの時代もありがたいものです。

12月11日(火)

☆朝の声かけ(苅田中学校)
☆一般質問

○町長のひとこと
朝の声かけ(苅田中学校).JPG
今朝は、苅田中学校で朝の声掛けをしました。
ちょうど生徒会役員の選挙の投票日だそうで、生徒会長や副会長、書記などのたすきを掛けた候補者の皆さんが、ずらっと並んで、登校してくる皆さんに挨拶をしていました。
その姿を見て、思わず40年以上も前のことを思い出しました。
私も苅田中学校で、2年生のときに書記を、3年生のときに副会長を務めたことがあり、今では懐かしい思い出です。
ただ、現在は、学年、性別に関わりなく、生徒会長に立候補できるようですが、私の時代には確か役割分担が決められ、2年生は書記、3年生女子は副会長、3年生男子が生徒会長と決められていたと記憶しています。
やはり時代は変わってきたと実感しました。

12月10日(月)

☆四季の音楽会実行委員会

○町長のひとこと
四季の音楽会は、町で開催される音楽会の年間の計画や実施全般に亘って、主体的に取り組んでいます。今回は、吉田次郎さんを交え、苅田音楽会を始めとする音楽会の反省と今後の運営の仕方について、意見交換をしました。
先日の苅田音楽会では、公募による楽器演奏者が大勢ステージに上がりましたが、来年は、一人でも多くの町民の皆様に参加してもらうために公募により町民合唱団を結成しようという企画が持ち上がりました。
是非、皆さんも楽器でも歌声でも結構ですので、参加されてはどうでしょうか。
ステージ上では、会場で演奏を聴くのとは違った感動を味わうことができると思います。

12月9日(日)

☆新そばと棚田のめぐみ大試食会
人権メッセージ2012

○町長のひとこと
新そばと棚田のめぐみ大試食会.JPG
当日は、暴風雪の天気予報も出されていたくらいですから、朝から冷たい雨と風の大変寒い1日となってしまいました。本来であれば、等覚寺の「空の家」で開催される「新そばと棚田のめぐみ大試食会」が、会場を西部公民館に移して実施されました。
いつものように、等覚寺応援団の皆さんのご尽力で、温かいおそばや、新米や赤米のおにぎり、おでん、ぜんざいと、このイベントならではのご馳走が振舞われました。寒さの中訪れた常連の参加者の皆さんから、「やっぱりおいしいね。」とか「ここでしかこの味は味わえないね。」「寒いからと思ったけど、やはり来てよかった。」等々の感想が寄せられていました。応援団の皆さんの頑張りに、心から感謝と激励をお送りします。
人権メッセージ2012.JPG
昼食を頂いた後は、中央公民館に移動して、「人権メッセージ2012」に参加しました。1948年に国際連合総会で「世界人権宣言」が採択されたことを受け、毎年12月10日を最終日とする1週間を人権週間と定め、全国的に啓発活動が展開されています。
第1部では、人権に関するポスターや標語、作文などで、優秀だと認められた小・中学生の表彰、更にはその作品の発表や展示、朗読がなされました。今年は、残念なことに、中学生の自殺問題によるいじめ問題がクローズアップされました。小・中学生にとって、いじめは大きな人権問題です。こういう機会を通して、日頃から他人に対する思いやりやいたわりといった人権尊重の意識を育んでいただきたいと思います。
第2部では、姜尚中氏の「続・悩む力」というテーマで講演を聞かせていただきました。「悩み」を手放すことなく真の強さを掴み取ることの素晴らしさを感じていただきたいということでしたが、そのためにも子育ての大切さ、教育の大切さを見直そうと力説されていました。確かに、人権も含め、私たちの未来を変えるにはそれしかありませんね。

12月8日(土)

☆かんだっ子教育の集い
☆鞍手町長柴田氏告別式

○町長のひとこと
教育の集い.jpg
苅田町では、平成17年度より教育改革に取り組んできましたが、平成23年度より第2次教育改革をスタートさせ、テーマを「国際社会に活きる確かな学力を育む“かんだっ子”教育の推進」として、苅田町独自の様々な取り組みを行っています。
この改革で取り組んでいるテーマの中に、「地域に根ざし世界に通じる国際人」を掲げており、ALTを小学校に5名、中学校に2名配置し、小学校では1年生より、週1時間の英語活動を行い、中学校でも、教科担任とALTのサポートにより、指導を行っています。この教育の集いでは各学校の日頃の取り組みの様子を発表していただきます。
7人のALTと各学校代表者による英語活動の様子も見せていただき、合唱あり、ミュージカルあり、英語劇ありの素晴らしい集いです。また、音楽専科の先生方の見事な演奏も聴けました。子どもたちが一生懸命に頑張っている姿を見て、感動をいっぱいもらった1日でした。
午後、鞍手町の現職町長だった柴田氏のご葬儀に参列しました。訃報をお聞きしたときには、つい先日まで、県の町村会理事会などで顔を合わせていたのにと驚きました。まだ73歳という若さで、公私共に、これからやりたいこともたくさんあったのではないかと思うと、心から哀悼の意を表したいと思います。
ところで、その席で思わぬことがありました。受付で、「苅田町長です。」と告げたら、「ああ、苅田町長の奥さんですね。」と返ってきたので、「いえ、本人です。」と答えますと、大層慌てていました。きっと、町長といえば、まだまだ、男性の顔しか浮かばなかったのでしょうね。それを考えると、女性の私を町長に選んでくださった苅田町の皆さんは、とても進歩的で、偏見を持たない素晴らしい町民だと、改めて認識した次第です。

12月7日(金)

☆マラソン大会実行委員会

○町長のひとこと
今日は、「第31回苅田町民ふれあいマラソン大会」実行委員会に出席しました。このマラソン大会は、広く町民の参加を求め、町民憲章の推進を基調として実施し、体力の増進を目的とするものですが、参加される皆さんにとっては、素晴らしい交流・親睦の場ともなっています。
来年の3月3日に、平尾台を背景とした、緑豊かな白川の地域で、2km、3km、5km、10kmの各コースで開催される予定となっています。参加者の皆様には、苅田町の自然を満喫していただくと共に、走った後に供される、地元の皆様による郷土料理「猪汁」を味わっていただきたいと思います。是非、奮って参加してくださいね。

12月6日(木)

☆苅田町防災会議

○町長のひとこと
苅田町防災会議.jpg
先日は、地域自主防災会の研修会がありましたが、今日は、平成10年に策定された地域防災計画の見直すための苅田町防災会議です。見直し計画案が出来上がりましたので、各分野から参加頂いた審議委員の皆様に、ご意見を頂くものです。
町内の各地域の実態に即した基礎調査を行い、それに基づいて見直された計画で、東日本大震災以後各地で見直しがなされていますが、県内では、1番早い見直し計画の策定だそうです。この会議で頂いた様々なご意見を参考に、更に見直しを進め、来年3月には完成の予定です。
勿論計画を策定するだけでは絵に描いたもちに終わってしまいますので、今後この計画に従って皆さんにもご協力いただきながら、実施していくことになります。まさに、これからが大変な作業になると思っています。

12月5日(水)

☆議案質疑

○町長のひとこと
1昨日上程した16件の議案について、質疑応答がありました。それぞれの議案については各常任委員会で審議された後、最終日に議決をいただくことになっています。

12月4日(火)

☆自主防災組織研修会
☆苅田町青少年育成町民会議3部会役員会議

○町長のひとこと
自主防災組織研修会.JPG
今日は、自主防災会合同研修会に出席しました。自主防災組織は、現時点では17区において設立されており、設立後も、実効性を保つために防災訓練等を実施し、組織を機能させなければならないと考えています。今回は、県防砂危機管理局消防防災指導課から中村係長をお招きし、地域防災力の強化について講和をしていただき、その後、意見交換を行いました。今後も、より一層の自主防災組織の充実に取り組んでいきたいと思っています。
続いて、苅田町青少年育成町民会議3部会役員会議に出席しました。町の将来を担う青少年の健全育成は、大変重要な問題ですが、なかなか思うようにいかないのも事実です。自転車やバイク盗、不審者の出没、引ったくり事件など後を絶ちません。残念です!

12月3日(月)

☆議会開会

○町長のひとこと
本日より、12月18日までの16日間、平成24年第4回苅田町議会が開会します。
初日の今日は、財政状況や地域防災計画、秋の交通安全週間等の町政報告や第12回スポーツレクレーション祭、知事のふるさと訪問、エコデンレース等の9月議会以降の行事報告を行いました。
その後、議案16件の上程議案について趣旨説明をさせていただきました。今回の主な議案は、平成24年度一般会計を始めとする各種補正予算、町道路線の変更、福岡県市町村災害共済基金組合の解散に関するもの等です。

12月2日(日)

○町長のひとこと
今日は町長ではなく、家族の1員として、我が家(お寺)の年中行事で1日中駆け回りました。
1日24時間、1年365日、町長であることには変わりありませんが、たまには、家族と共に働きながら、日頃の家族への感謝の思いを表すことができればと思っています。それにしても1日中座る暇もなく、働きづくめで疲れました。

12月1日(土)

☆イルミネーション点灯式

○町長のひとこと
イルミネーション.jpg
苅田町にもイルミネーションを点灯させたいと、苅田駅が完成したときから思っていました。
昨年は、商店街駐車場だけでささやかに行いましたが、今年は、より大規模に挑戦してみようと思っていました。きっと皆さんも、他市町村の様子がテレビ等で紹介されるたびに、苅田町にもと思われていたのではないでしょうか。
そんな折、苅田工業高校が本年で創立50周年を迎えるのを記念して、このイルミネーション事業に取り組んでくださるという申し出を濱田校長先生から頂き、苅田工業高校を中心とした実行委員会が組織され、皆様のご尽力により、大きくパワーアップしました。
イルミネーションの設置に当たっては、企画・演出を担当してくださった苅田工業高校の教師や生徒の皆様、商業協同組合の皆様、イルミネーション機材を提供していただいた住民の皆様等、多くの皆様にご協力・ご支援をいただきました。本当にありがとうございます。
まさに、産・学・官・民協働のモデル事業で、素晴らしいイルミネーションが完成しました。感動です!年末年始のひととき、この光の芸術をお楽しみ頂き、ファンタスティックな気分に浸っていただきたいと思います。
これを機に、苅田町の中心市街地において、産・学・官・民協働で、イルミネーション事業のような賑わいの灯をともしていくことができればと思っています。まだ、ご覧になっていない皆様、是非1度お出かけになって、この感動を味わってください。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.