福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成24年10月分町長ブログ

10月31日(水)

☆港まつり振興会

○町長のひとこと
今年度の港まつりは、2回に分けて行うことになりました。1回目は、9月1日に磯浜緑地で、ステージでの催しや有名唐揚げ店の出店、抽選会などで盛り上がりました。来る11月11日には花火大会が行われます。港まつり振興会や実行委員会のご尽力で、関係機関との協議も終了、協賛金も目標額を達成し、今日はその報告と当日の準備計画について話し合いが行われました。関係者の皆様のご努力に敬意を表します。後は、当日の天候と人出です。関係者の皆さんのご努力が報われるように大成功を願っています。

10月30日(火)

☆消火器競技大会

○町長のひとこと
消火器大会.JPG
お仕事でお忙しい中、各事業所の皆様にお集まりいただいて、町営グラウンドで消火器競技大会が行われました。この消火器競技大会は、火災予防の啓発を目的に、昭和53年に始まり、今年で35回目となります。火災はいつどのような状況で起こるかわかりません。この競技大会が、初期消火の重要性を再認識する機会になると同時に、冷静かつ迅速に対処するための訓練になるのではないかと願っています。私自身も消火器を使用して消火活動をした経験がありません。皆さんはどうですか。これも「備えあれば憂いなし」ですよね。機会があれば、是非、積極的に訓練に参加したいと思います。

10月29日(月)

☆津波避難訓練

○町長のひとこと
津波避難訓練.JPG
11月5日の「津波防災の日」に合わせて、パンジープラザにおいて津波避難訓練が実施されました。緊急地震速報を用いた地震対応訓練と要援護者の方を隣の佐川急便ビルまで安全に避難していただく訓練を実施することで、訓練体制の検証を行い、今後の体制作りに活かしていこうというのが目的です。今回、日夜の配送業務でお忙しい中、快くご協力いただきました佐川急便株式会社様には、心よりお礼を申し上げたいと思います。訓練終了後、福岡管区気象台より講評を頂くとともに、訓練に参加した代表者の皆様から様々な反省点についてご意見をいただきました。今回の訓練で出された課題等については今後に生かしていきたいと思います。町としては、今後、このような訓練を継続していきながら、災害時には迅速な避難を行っていただけるように努めていきたいと思います。

10月28日(日)

☆秋満喫祭

○町長のひとこと
秋満喫祭1.JPG  秋満喫祭2.JPG
恒例イベントである「秋満喫祭」も今年で12回目を迎えました。当初は鋤崎のSSA平尾台で開催される予定でしたが、天候が心配されたため、会場を西部公民館に変更して開催されました。ステージイベント、青空市場、餅つき大会、最後に花火大会などの催しを企画して、自然に囲まれた白川での秋の一日を満喫していただきました。私も青空市場を一周してそれぞれのブースで、野菜をはじめとする秋の味覚を買い込みました。中でも、今年初めて企画された女装大会には、副町長も参加し、目を見張るような美女振りを発揮していました。優勝者は今年の実行委員長である鋤崎の吉武区長で、なんと花魁の姿で他を圧倒していました。それぞれに趣向を凝らしたメイクと衣装で会場を大いに盛り上げていました。これからも、白川・片島地区の振興に貢献できる催しとして、更に充実したイベントになるように取り組んでいただければと思います。

10月27日(金)

☆老人クラブ連合会年次大会

○町長のひとこと
苅田町老人クラブ連合会の年次大会も今回で34回目だそうですが、会場いっぱいの活気溢れる会員の皆様のパワーに圧倒されてしまいました。これも、歴代の役員の皆様、並びに会員の皆様のご努力の賜物だと敬意を表します。わが国は世界に誇る長寿国となり、女性は、平均寿命が約86歳で世界第2位、男性は、平均寿命約79.5歳で世界第8位となっています。平均寿命の数値が若干下がっており、恐らく、昨年度の震災の影響ではないかと推測されますが、依然として上位を占めています。高齢者の皆様がお元気で、生きがいを持って活動していただける環境をつくっていくことが、これからの町政の大きな課題の一つだと思っています。

10月25日(木)、10月26日(金)

☆苅田町民の翼

○町長のひとこと
苅田町民の翼1.jpg  町民の翼2.jpg
今年の7月からスターフライヤー社の釜山便が就航しています。県、北九州市と共同して支援策を実施していますが、「苅田町民の翼」1泊2日の旅もその利用促進策の1つです。応募があった方の中から抽選で選ばれた31名の町民の皆さんと一緒に、1日目は釜山の国際市場やチャガルチ魚市場を、2日目は見事な紅葉の中、慶州市内の仏国寺や国立博物館などを見て廻りました。韓国の文化や活気溢れる市場の様子を見ることも感動でしたが、今回の一番の収穫は、この2日間の旅を通して、同行した町民の皆様と直に触れ合うことで、交流が深められたことです。行く前まではお互い知り合いではなかったのですが、帰りにはすっかり親しくなって、今後どこかで再び出会うときがあれば、気軽に声を掛け合う中になれたのではないでしょうか。これを機会に、町民の皆様が、再び北九州空港を利用して海外へ行っていただけるように期待しています

10月24日(水)

☆南原小学校での給食

○町長のひとこと
南原小学校での給食.JPG
今日の昼食は、南原小学校で、1年1組の皆さんと一緒に給食をいただきました。献立は、親子丼、野菜のゴマいため、牛乳でした。児童が好きなメニューの一つのようですが、最近では、子ども達の食物アレルギーが、大変大きな問題となっています。そば、卵、牛乳は良く知られているところですが、その他にも色々あるようです。今日のメニューの親子丼も卵が苦手な子どもには配慮しているとのことです。
それにしても1年生は本当に元気が良くてかわいいです。「町長さんはどんな食べ物が好き。」「町長さんは何色が好き。」「町長さんは何人兄弟。」「町長さんはどこに住んでるの。」等々の質問が前後左右から飛んできます。中には「どうしたら町長になれるの。」という質問も。「良く食べ、よく眠り、よく学び、よく遊び、みんなと仲良くすること。」と答えながら、私が1年生の頃は町長という存在すら知らなかったような気がして、時代の変化を感じます。子とも達にとっても身近な町長でありたいと思います。

10月23日(火)

☆朝の声かけ(馬場小)
☆行橋京都サミット

○町長のひとこと
朝の声かけ(馬場小).JPG
昨夜来の雨で、今朝は大変風も強く寒い朝となりました。校門に立って声掛けをしていると、半袖姿の児童が何人も登校してきます。その元気よさに感心してしまいます。これまで、校門に立って気になったことがあるのでお話したいと思います。色々事情もあるのでしょうが、親による車での登校が多いような気がします。徒歩での通学が基本です。また、諸事情で車での登校をする場合は、登校中の児童に充分気をつけていただければと思います。特に校門周辺には多くの児童がいますのでよろしくお願いします。
昼から、行橋警察署で、行橋京都サミットに出席しました。本町では、バイクや自転車盗、万引き、ひったくり等が多いようです。聞くところによると,青少年だけではなく、高齢者や女性の方も、軽い気持ちで、自転車盗や万引きをしているようで残念でなりません。今日は武道場で逮捕術の稽古をしているところも見せていただきました。近いうちに大会があるとのことで、男女の選手が真剣に稽古に打ち込んでいました。柔剣道の練習に取り組んでいることは知っていましたが、逮捕術なるものがあることは初めて知りました。選手の皆さん、好成績を目指して頑張ってください。

10月22日(月)

☆県民体育大会実行委員会

○町長のひとこと
先日お伝えしたように、スポーツフェスタ「第55回福岡県民体育大会」が9月22,23日の両日に、県内各地で開催され、本町においては、青年男子のバレーボール競技が行われました。県内各地より、16チーム、244名の役員、選手の皆様に苅田町を訪れて頂きました。他競技と含めまして苅田町は、県民体育大会の総合成績20位となっており、特に、女子は県内10位と大健闘しました。本日の実行委員会では、事業報告及び決算等が主な議題で、次回の大会に向けての意見等も出されました。

10月21日(日)

☆福岡県子どものつどい
☆本町区敬老会

○町長のひとこと
県子どものつどい.JPG
昨日に続き今日も大忙しです。朝は、中央公民館で開催されている「こどもフェスティバル」を見に行きました。色々と工夫された催しや展示がいっぱいで大勢の親子連れで賑わっていました。役場職員の皆さんも、お子さん連れで、しっかりとお父さん、お母さんとして頑張っている姿をたくさん目にし、微笑ましかったです。ワークライフバランスが大切です。こんな光景があちこちで見られるといいですね。今回の「こどもフェスティバル」は、県の「子どものつどい」と併せて開催されたということで、その式典行事や県内各地から来賓その他関係者の参加もあり、いつも以上に賑わっていたようです。育成会、こども会等、日頃から子供の健やかな成長のためにご尽力いただいている皆様に心から敬意を表し、感謝したいと思います。
本町区敬老会.JPG
その後,北公民館で開かれている本町区敬老会へ行き、皆様に挨拶をさせていただきました。
午後は、新規採用職員の2次試験に臨みました。

10月20日(土)

☆列島クリーンキャンペーン
☆苅工50周年記念式典
☆新津区敬老会
☆森のコンサート

○町長のひとこと
列島クリーンキャンペーン.JPG
この週末は本当に大忙しです。まず朝は、労働組合の連合が地域ボランティアとして取り組んでいる「列島クリーンキャンペーン」が、苅田町で開催されましたので、お礼の挨拶にお伺いしました。組合員の皆様には、土曜日にもかかわらず、町内各地で清掃活動を行っていただきありがとうございました。
苅工50周年記念式典.JPG 
その後、苅田工業高等学校50周年記念式典と新津区の敬老会に参加しました。
新津区敬老会.JPG
敬老会では、先日新100歳のお祝いにお伺いした方も、お元気に参加をされていました。素晴らしい ことですね。
森のコンサート.JPG  森のコンサート.jpg 
昼からは、「等覚寺森のコンサート」に参加し、等覚寺応援団の皆さんが打った手作りのそばを味わった後、春に松会行事が催される松庭で、神戸在住の歌手、深川和美さんの「童謡サロン」を楽しみました。懐かしい童謡の数々を秋の気配漂う大自然の中で聴け、最高の贅沢でした。忙しい1日でしたが、充実した1日でもありました。お天気も良かったせいか、コンサートには、大変多くの皆様が町内外からお見えになっていて、町としてもよいPRになったと思います。

10月19日(金)

☆国際ソロプチミスト行橋みやこ

○町長のひとこと
国際ソロプチミストは、主として、実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際ボランティア組織で、地域社会と世界中で女性と女児の生活を向上させる活動をしています。つまり、人権と女性の地位向上を高める奉仕活動をしている世界的組織です。国際ソロプチミスト行橋京都では、毎年、募金活動やバザーを開催して支援金を集めており、これまではなかなか参加できないことが多かったのですが、今年は参加することができました。なかなかの盛況で、私も鉢植えの花等を買って協力させていただきました。世界には、まだまだ、社会的にも、経済的にも恵まれない女性が大勢います。そういった現状を新聞、テレビで見聞きするたびに、心が痛むのは決して私だけではないと思います。

10月17日(水)

☆高楽祭(城南区敬老会)
☆協和産業株式会社苅田ガス工場落成式

○町長のひとこと
高楽祭.JPG
高齢者の方々に楽しく1日を過ごしていただきたいという思いから、城南区では地域の敬老会を高楽祭と呼んでいます。今日も、たくさんの催し物を用意して、おいしいお弁当を頂きながら、高齢者の皆様に楽しんでいただいていました。
協和産業株式会社 苅田ガス工場落成式.JPG
続いて、苅田町の臨空産業団地に立地をしていただいた協和産業株式会社苅田ガス工場の落成式に出席しました。地域の産業や経済活動に大きな飛躍をもたらしていただくことを期待したいと思います。
西部公民館での夜間非行防止パトロールは、雨のため中止となりました。このところ好天が続いて、少し乾燥気味でしたから、畑の野菜や庭先の草木には、久々の恵みの雨になったと思います。

10月16日(火)

☆朝の声かけ(苅田中)

○町長のひとこと
朝の声かけ(苅田中).JPG
今日の朝の声掛けは、苅田中学校の校門前でした。やはり、小学生とは違い、お兄さん、お姉さんの雰囲気があります。でも、「おはよう!」と声を掛けると、少し照れくさそうな返事が返ってきます。
先日のブログに、最近は、秋を味わい、楽しむ機会がなくて少し淋しいと書きましたが、先週の3連休を使って、私にとって、秋恒例の「栗の渋皮煮」を作りました。毎年、栗が出始めると、渋皮に傷をつけないように鬼皮だけを剥きとります。それから、重曹を入れて2,3回水を替えながら茹で、その後1晩水につけてあく抜きをします。最後に好みで砂糖を加え、甘く煮て仕上がりです。勿論、私は甘さ控えめの仕上がりにします。好みに応じて、これにワインを少し足すこともあります。結構、ふっくらとやわらかく、あっさり味で、私としてはそのできに満足しています。これをいつもの仲間に少しずつおすそ分けして「おいしい!」と言っていただくのが最高の喜びです(ちょっと、押し付けがましいかもしれませんが・・・)。毎年この季節になると、私の「栗の渋皮煮」を楽しみに待っていてくれる人がいると思うと、ついつい、幸せ気分で作ってしまいます。梅雨時の「青梅の甘露煮」も似たところがあります。私にとって、料理はストレス解消法の一つです。

10月15日(月)

☆人権擁護委員清永氏感謝状授与

○町長のひとこと
人権擁護委員清永氏感謝状授与.jpg
平成15年から9年半に亘って、苅田町の人権擁護委員の清永彰氏が、この度、退任されることになりました。清永氏が退任されることはとても残念ですが、これまでのご活躍に心から感謝申し上げます。

10月14日(日)

☆エコデンレース
☆新浜祭

○町長のひとこと
新浜祭.JPG
今ではもうすっかり苅田町の秋恒例のイベントとなっている新浜祭が盛大に開催されました。今日も多くの出し物や出店と、この祭りが地域に根付き、賑わいを増していることは町としても大変嬉しく、この新浜祭を契機に新たな出会いや交流の輪がますます広がることを願っています。
エコデンレース.jpg
また、今年は、2012エコデンレースin苅田の会場として、日産自動車九州株式会社の構内をお借りいたしました。エコデンレースの方は、参加者は県内だけではなく、大分県、佐賀県、遠くは宮崎県からもご参加いただき、参加チームは29チームとなりました。このレースは2大自動車メーカーが立地する世界に誇る自動車の町、「ものづくり」の町・苅田にふさわしいイベントとして、将来は全国規模の大会になればと期待しているところです。実際にエコデンカーを自分達の手で製作し、将来、技術者を志す若者たちにとって、ものづくりの拠点である日産自動車の構内での大会は良い刺激になり、記念すべき大会になったのではないでしょうか。今回、会場を快く提供いただきました日産自動車九州株式会社の皆様には心より感謝申し上げます。

10月13日(土)

☆アジャタ選手権大会

○町長のひとこと
アジャタ選手権大会.JPG
今月28日まで色々な種目を設け、多くの町民の皆様に親しんでいただけるようにと企画しているスポーツレクレーション祭ですが、中でもアジャタは、子どもから大人まで楽しめる競技として定着し、この大会も本年で11回目を迎えました。この競技を簡単に説明いたしますと、小学校などで行われる玉入れをルール化して、全ての玉をかごに入れてしまう速さを競う競技ですが、これが結構、チームワークや技術によりばらつきがありますので、簡単なようで難しい競技です。誰でも取り組める競技なので、是非一度皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

10月12日(金)

☆町民会議との朝の声かけ(南原小学校)

○町長のひとこと
町民会議との朝の声かけ.JPG
今朝は、苅田町青少年育成町民会議の皆さんが、町内の小中学校の校門前で、一斉に「おはようございます」と声掛けをする日です。私は南原小学校の校門前に立ちました。子ども達は、いつもに比べて大勢の皆さんに、並んで声を掛けられるのがとても気恥ずかしく、照れくさそうに、可愛らしく登校する姿がとても印象的で微笑ましかったです。

10月11日(木)

☆環境審議会

○町長のひとこと
苅田町は、工業・港湾都市としてのイメージが強いようですが、多くの自然に恵まれた町でもあります。そのため、現在残されている優れた環境を守り、それを未来に引き継いでいくため、平成16年にかんだ環境未来図「苅田町環境基本計画」を策定し、取り組みを進めているところですが、平成25年度で10年の計画期間が終了するので、今年度から改定に向けた取り組みを進めることにしています。また、苅田町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画は、廃棄物の処理及び清掃に関するもので、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図るため、苅田町の一般廃棄物処理に関する計画を定めるものです。各計画の策定に当たっては、公募した住民の方で構成するワークショップにおいて議論を頂き、その意見を計画に反映していきたいと思っています。今日は、計画策定に関わっていただく環境審議会委員の皆様に委嘱状をお渡しし、早速審議に入っていただいたところです。

10月10日(水)

☆知事のふるさと訪問

○町長のひと言
県知事ふるさと訪問.jpg  
「知事のふるさと訪問」として、午後3時30分から5時30分まで2時間、小川福岡県知事が苅田町を訪れてくださいました。目的は、県内各地の実情を視察し、施策に反映していこうという趣旨ですが、それぞれの自治体によって主眼となるところが異なります。今日は、苅田町の「ものづくり」を支える中小企業の視察ということで、株式会社ヘッズを訪問しました。この会社は、生産設備の導入を行っている会社で、安心安定駆動で走行し、非接触全自動充電で消費電力を常に補充電できるAGV(無人搬送車)の画期的な研究開発で、力を発揮しています。私もその仕組みやモデルを見せていただきましたが、小型で、騒音もなくそれでいて安定して大きな力を発揮するAGVに思わず感動して見とれてしまいました。こうした技術開発があって初めて車産業も発展していくのだということが良く分りました。町内には、国内だけではなく世界に誇れる技術を持った中小の企業がたくさんあり、本当に頼もしい限りです。
知事のふるさと訪問.jpg
視察の後、本町の自動車産業振興協議会で活躍いただいている代表の皆様と意見交換されました。知事と直接対話ができるということで、皆さんとても喜んでいらっしゃいました。案内役の私としましては、緊張の2時間でしたが、無事終了することができほっとしています。

10月9日(火)

☆観光協会設立準備会

○町長のひとこと
町長就任以来,観光を活かしたまちづくりに取り組んでいきたいと考えてきました。これは、実際に町外の皆様に苅田町を知っていただき、訪れていただくことで町が元気になるという思いと同時に、苅田町を訪れていただくためには、町や住民の皆様が何をしたらいいのかを考え、行動することでまちづくりが進むという思いからです。元々、苅田町は豊かな自然とものづくり産業の集積、それに歴史的・文化的な背景があり、海の幸・山の幸にも恵まれており、充分な観光資源が存在しています。それを活かして、町外の皆様が訪れたくなる町にするにはどういう取り組みをしなければならないかを考えていくことで、特産品の開発・販売はもとより、ごみをはじめとする環境の問題、人が集いくつろげる場所作り等々が進んでいくと考えます。それは、或る意味、住民にとっても住み良い町に変わっていくことにもつながります。そういう意味で観光とまちづくりは表裏一体だと考えています。ともあれ、観光のソフトの部分に当たる観光協会(仮称)の設立準備会が発足したということは意義あることだと思います。

10月8日(月)

☆町内障害者団体スポレク祭

○町長のひとこと
  町内障害者団体スポレク祭.JPG
苅田町スポーツレクレーション祭のメイン行事の一つとして、毎年、町内障害者団体スポレク祭が開かれています。身障福祉会や社会福祉協議会を始め、ボランティアの皆様、町の地域福祉課の職員等々関係者が集まって、準備から後片付けまで協力して行われます。
今日は新津中学校の皆さんも参加してくれました。思いっきり汗を流して、周りの皆さんと交流を深めていただきたいと思います。くれぐれも張り切りすぎて事故や怪我のないように願っています。

10月7日(日)

☆百合ヶ丘区敬老会
☆苅田山笠
☆宇部興産グループチャリティコンサート
 
○町長のひとこと
百合丘区敬老会.JPG 
今日は大忙しの1日でした。午前中は、百合ヶ丘区の敬老会でした。かつては若者や子どもで賑わっていた団地も、今では高齢者比率が高くなっています。この現象は他の団地にも言えることです。人の移り変わり、年代の移り変わりはいかんともしがたいものですから、いつまでも病気にならずにお元気で、生涯現役としてご活躍いただくためにも、予防医療や健康づくり事業、居場所作りなどが大事だと思っています。
苅田山笠.jpg
お昼には神幸祭の会場に勢揃いした山車を見に行きました。昨年とは打って変わって爽やかな秋晴れの下、趣向を凝らした各地域の山笠が居並ぶ姿はいつ見ても壮観で、鉦や太鼓の音に自然と体が反応してわくわくします。是非、町外の皆様にもこの祭りを紹介し、会場で感動を味わってもらいたいと思います。
その後は、宇部市にある渡辺翁記念館(宇部興産の創始者を記念しての会館)の開館75周年を記念とした第5回宇部興産グループチャリティコンサートに行きました。今回は節目となることから、三ツ橋啓子さんの指揮による日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートがあり、市民の皆様にコンサートを楽しんで頂くとともに、収益金の全てを地元の音楽関係団体と東日本大震災の復興支援金に寄付しようという企画です。苅田町で宇部セメントの工場が操業していることから、私も毎年ご招待に預かり楽しませていただいています。終演後は、日フィルの皆様を囲んで、会社、市関係者等の皆様が集まってレセプションが開かれます。そのご縁で、日フィルの皆様とも親しくなり、今年度は苅田町でも、日フィルメンバーによる金管5重奏のコンサートが実現したわけです。本日はモーツアルトの曲主体の演奏でしたが、芸術の秋を大いに堪能することができました。いつか町民の皆様にも、フルオーケストラでの日フィルの演奏をお聴きいただきたく機会を作れればと思っています。

10月6日(土)

○町長のひとこと
時々登場する我が家のランちゃん(雑種犬)が、このところ体調を崩しています。夏バテから引き続き、食欲不振で元気がありません。今日は彼女を連れてペットクリニックに行ってきました。案の定、3月には17キロあった体重が13.5キロに落ちていました。(或る意味、うらやましいことですが・・・)。腎臓の検査等していただきましたが、結果は消化不良ということで、栄養補給と胃腸の治療薬の2本注射を打っていただき、流動食と食欲増進剤を頂いて帰りました。私の思うに、このところ、身内が病気で倒れ、手術・入院で、そちらに時間と心が奪われていましたので、きっと愛情不足だったのではと反省しています。朝晩きちんと食事の世話をし、散歩にも連れて行って、手抜きはしていないつもりでしたが、いつもより声かけや「よし、よし」と体をなでてをやるのが少なかったことが原因だったのではと少し反省しています。人も動物も、植物だって世話が足りていれば十分ということにはなりませんよね。そういった世話も愛情が伴っていてこそ効果を発揮するものですね。昔からよく言います。『料理の決め手は、さ(砂糖)、し(塩)、す(酢)、せ(醤油)、そ(味噌)、最後に愛情を振りかけて』と。

10月5日(金)

○町長のひとこと
明日から3連休です。さわやかな秋空の下、各地で様々なイベントも用意されているようです。町内でも、体育の日に合わせ、明日から各会場で誰もが気軽にスポーツに楽しみながら取り組めるようにと、約1ヶ月に亘って、スポーツレクレーション祭が開催されます。早いもので、この形式に変わってから、今年で12回目を迎えます。一人でも多くの町民の皆さんに参加してほしいと思っています。スポーツに興じるのも秋にふさわしい楽しみ方ですが、今頃、野山はコスモスやススキ野原となって、高原の秋風に揺れていることと思います。父や母が生存中は、必ず家族そろって秋を探しに出かけていたことを懐かしく思い出します。春の桜、秋のもみじをはじめ、四季折々に何かと理由を作っては家族でよく出かけたものです。家族が揃うと決まって、あの時は、おじいちゃんがどうだったよねとかおばあちゃんが何をしたよねとか、思い出話に花が咲きます。不思議なことに、なぜかそのとき食べた食事や名物とともに色々な話題が広がるところを見ると、人間にとって一緒に食事をするということがどんなに大事か分ります。それにしても、両親がなくなって以降、こういった機会がなくなったのはちょっぴり残念でさびしく思っています。

10月4日(木)

○町長のひとこと
今日は、健康診断を受けることから始まりました。不思議なことに、もともと高くもない身長がいつの頃からか、少しずつ縮んで行っているようで、増えるのは体重と年ばかりです。でも、今のところ、内臓その他のガンや腫瘍といったものは発見されたことはありません。後は、できるだけバランスの良い食事や適度な運動を心がけ、成人病に気をつけることだけです。皆さんも是非、町の様々な検診や予防接種制度を活用して、病気にならないように気をつけながら、お元気に活躍してください。

10月3日(水)

☆朝の声かけ(苅田小学校)

○町長のひとこと
朝の声かけ(苅田小学校).JPG
今朝は、夏休みや議会中のため中断していた朝の声かけ運動を苅田小学校で行いました。相変わらずの早朝の校門前風景ですが、定期的に校門前を掃除してくださる地域の方や元気な声で交通指導をしてくださる住民の皆さんには、本当に感謝しています。
また、これからの季節は、掃除をしても落ち葉が散ってくる季節ですから大変です。お掃除をしてくださっていた男性の方が「地域や町のために私にできることがあれば・・・。」と言われたのがとても嬉しく、ありがたく、皆がこんな思いになれば、町や地域が本当に安心安全で、住みやすい町になる最高の近道だと励まされた気がしました。環境の良い学校ではきっと素晴らしい子が育つと私も信じています。これからも健康に気をつけられながら、頑張ってください。

10月2日(火)

○町長のひとこと
夏の間、しっかりと暑さから私たちを守ってくれたゴーヤによるグリーンカーテンともそろそろお別れです。少しずつカーテンが取り払われて、外の明るい景色が目に入ってくるようになりました。これからは少しずつ秋めいていく庁舎周りの景色を楽しませていただきます。あれほど暑かった夏ですが、やはり秋は確実に訪れているようで、自然界の素晴らしさに今更ながら感動です。グリーンカーテン作りから水遣り、後片付けまで頑張ってくれた職員の皆さん、心から感謝しています。お蔭で快適に夏を過ごすことができました。ありがとうございました!!

10月1日(月)

☆新規採用職員訓示

○町長のひとこと
4月1日付で苅田町役場職員として採用された新規採用職員も昨日で半年を迎え、無事試用期間を終了しました。これを機に、私の方から、今まで以上に職員として恥じないように、心身ともに健康に留意しながら、上司や同僚と協力して町のため住民のために誠心誠意業務に励むようにと訓辞をしました。

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.