福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

住宅用火災警報器

 住宅用火災報知器.JPG

大切な命を守るため、住宅用火災警報器を設置しましょう。

すべての住宅に平成23年6月1日から、住宅用火災警報器の設置が必要です

消防法の改正により、住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、苅田町火災予防条例で設置・維持の基準が定められました。


【なぜ設置が必要なのか】

○住宅用火災警報器は、警報音などにより火災を早期に知らせてくれます。

○住宅火災で逃げ遅れによる死者を減らすため、住宅用火災警報器が必要です。

【住宅用火災警報器を設置した家庭における奏功事例(一例)】

《事例1》

自宅でテレビを見ていたところ、外から住警器の警報音が聞こえた。外に出てみると、隣家の台所から白煙が出ているのを発見した。居住者は留守であったため、119番通報するとともに、施錠されていなかった勝手口より台所に入り、ガスこんろの火を止めた。

《事例2》

居住者(60代)が2階の寝室に石油ストーブをつけたまま1階の食堂でテレビを見ていたところ、階段に設置していた住警器が鳴動した。2階を確認したところ、寝室の石油ストーブの上に落下した洗濯物が燃えているのを発見した。すぐに119番通報し、隣に助けを求めた。

《事例3》

居住者が石油ストーブのタイマーをセットし就寝したところ、居間に設置していた住警器の鳴動で目が覚め、石油ストーブの上に洗濯物が落下し炎上しているのを発見した。石油ストーブのスイッチを切り、屋外に出て携帯電話で119番通報した。

【すべての住宅に】

○戸建住宅、店舗併用住宅、共同住宅などすべての住宅が対象

(自動火災報知設備やスプリンクラー設備などが設置されているものを除く。)

【どんなもの】

○ 住宅用火災警報器には、煙式(煙を感知するもの)と熱式(熱を感知するもの)があり ますが、義務化されたのは煙式のものです。

○ 住宅用火災警報器には、乾電池タイプとAC100ボルト(家庭用電源タイプ)があります。

○ 住宅用火災警報器は、国で定める基準があります。

購入するときは、消防法令に定める規格に適合した住宅用火災警報器を選びましょう。

住宅用火災報知器2.JPG 

【どこに設置するの】

○寝室等の就寝の用に供する居室、寝室等から下階に通ずる階段及び7平方メートル(四畳半)以上の寝室以外の居室が5部屋以上ある階の廊下部分に設置しなければなりません。

住宅用火災報知器3.JPG 

住宅用火災報知器4.JPG 

悪質な訪問販売等に注意しましょう!!

○消火器や住宅火災警報器の悪質な訪問販売や検査による被害が発生していますので注意してください。

○消防署員を装っていますが、消防署では、消火器や火災警報器を直接販売することはありません。

○火災警報器等の訪問販売は、購入後の無条件解約の申し出(クーリング・オフ)の対象となっています。契約後、一定の期間は契約の解除が認められています

○悪質訪問販売と疑わしい事例に遭遇した場合は、消費生活センター、最寄りの消防署などに相談してください。

住宅用火災報知器5.JPG 

問い合わせ
消防本部
電話  093-434-0119
苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.