福岡県京都郡 苅田町 KANDA TOWN

文字サイズ小中大
背景色標準青黄黒

平成25年度版苅田町節電対策方針

  東北大震災以降における電力事情は、抜本的に改善されず、節電対策が強く求められています。こうした状況下において、九州経済産業局や福岡県、九州電力より、節電要請が出されたことから、「苅田町節電対策方針」を策定し、節電の取り組みを推進しています。

取組期間

  平成25年6月1日~10月31日まで

節電目標

  電力使用量2010(平成22)年度比15%減
*町が管理する公共施設合計としての目標(節電になじまない施設を除く)

取組みの内容

  住民サービスや事務効率を極力低下させないことを前提とし、次の取組みを行います。

(1)役場庁舎、その外の町の公共施設等の節電対策
●空調設備
・冷房設定温度は、原則28℃とする。運転時間は原則10時から17時15分とする。
・独立した空調設備は、未利用時間帯の電源オフを徹底するとともに、間欠運転による温度調整の励行に努める。
●照明設備
・照明点灯時間は、8時30分から17時15分までとし、それ以外に必要な場合(残務時間等)は、最小必要範囲のみ点灯する。休憩時間帯は、窓口業務に支障のない範囲で消灯をする。
・執務スペースは、執務環境に考慮しながら、照明設備を概ね20%~30%消灯する。廊下、ピロティなど共有スペースは、安全に配慮しながら、消灯できるところは最大50%までの範囲で消灯する。
●エレベーター
・職員のエレベーター使用は、原則禁止する。
●OA機器
・席を外す等ノートパソコンを使用しない場面においては、必ず上蓋(液晶部分)を閉める。
・休憩時間帯におけるノートパソコンの使用は原則禁止とする。

(2)職員の執務等に係る節電対策
・クールビズの期間については、1ヶ月延長し、10月末までとする。職員においては、公務員としての節度ある服装を前提とし、各自で暑さ対策を徹底する。
・毎週水曜日に行ってきたノー残業デーを徹底する。
・会議室を利用しての会議等については、効率化を図り、短時間で終了させることで、照明、空調等の電力消費を抑える。
・マイボトル(水筒)持参運動の実施。コーヒーメーカー、電気ポットは、朝、昼等最低限の利用とし、保温機能は極力使用しない。

(3)その他の節電対策
・設置目的を害さない程度に、苅田駅舎や道路の照明の一部を消灯する。
・町所管公共施設に設置している自動販売機については、商品用照明を原則として消灯する。

(4)町民・利用者への周知・啓発
・役場庁舎、その外の町の公共施設等において、節電対策実施中である旨を掲示し、理解と協力を求める。
・広報紙やHPに節電対策に係る特設ページを設け、節電対策情報を積極的に発信することで、町民一人ひとりが、主体的に効果的な節電対策を実行するよう理解と協力を求める。

(5)施設ごとの節電目標
  本庁舎等の事務系職場、公民館等のサービス系職場、清掃事務所等の事業系職場等々において、電力を消費する内容が異なるため一律的な節電目標が立てられない。そのため、施設ごとの節電目標を立てるとともに、節電になじまない施設については、当初より対象から外すものとする。

(6)節電対策の推進体制
  今回の節電対策は、電力事情の悪化にともなう緊急的な側面が強く、従前の省エネ対策以上にその実効性が強く求められている。このことから、推進体制をこれまで以上に厳密にする必要がある。このことから、推進体制を以下のとおりとする。
●監督員
部長職がその任につき、所管課等において節電ルールが守られているか適宜、監督し、不十分の場合は、推進員に節電ルールの励行を指示するとともに、その状況を取りまとめる。
●遵守員
課長職がその任つき、課内において、節電ルールの励行を促し、節電対策を徹底させる。出先については、出先の長がその任につく。

(7)その他
・取り組み状況の把握のため、毎月の電気使用量・料金を取りまとめる。
・施設を管理している者は、適時、九州電力HP「でんき予報」画面を確認し、厳しい状態となる時間帯が予想されている場合は、その時間帯に空調を全停止するなどの措置を管理している者の判断で行うこと。

問い合わせ
環境保全課
電話  093-434-1834(ダイヤルイン)
環境保全課の提案箱へ 

苅田町

苅田町役場
〒800-0392   福岡県京都郡苅田町富久町1丁目19-1         
電話:093-434-1111(代表)

開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

Copyright(c) 2011 TOWN OF KANDA ALL Rights Reserved.